ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日思ったこと

逗子と小樽
 今日は茨城県牛久にある入国管理局の収容所に行って来た。
私の家から片道2時間弱。
昼からの大学の授業は、行きの電車の中からどんどん田園風景に変わる外の様子を見ながら「こりゃ、出ないな」とうすうす感じていた。

去年の12月に、MTKを通して出会ったジュマ(バングラディシュの先住民族の総称)の一人が拘束されてもうすぐ1年。
去年、いろんな方面に署名をお願いしたことを思い出す。
そのころは、まだネットワークは広くなかったけど、地元で一ヶ月に一度参加している知的障害者の若者との集いの担当職員さんにお願いしたら、その職員さんの実家の北海道のみなさんからも協力していただけた。
なんと、その職員さんのお母さんが、去年イラクで武装勢力に拘束された高遠さん(記憶に残っている人も多いことだろう)と共に活動をしている方で、とても理解のある方だったという・・なんという人のつながり。
そして、素直に嬉しかった。署名してくれた一人一人に感謝した。
一人一人の気持ちが届きますように。
いや、届かせないとと思った。

けれど、未だ彼は収容所で暮らしている。
自由時間はあっても、それ以外は外側から鍵をかけられ、他の国の人たち何人かと同室で、制限のある暮らしを強いられている。

祖国バングラディシュで力強く自分達の人権問題や差別の問題、政治に対して働きかけてきたとてもたくましい人だから、そんな暮らしをしていることがどれだけ悔しいか、きっと法務大臣とかにはわからないんだろうと思った。
バングラディシュで彼のことを敬愛するジュマの若者の顔を思い浮かべながら、日本の難民制度に憤りを感じた。

でも、これは感情だけでは決して動かせない問題だと思う。
そして、私一人がここでこうやってぼやいたところで、何も変わらないかもしれない。
でも、それでも、一人が知っていくことで、それを幾人かに伝え、何人かの人が心動かされっていうことがどこかしこで起こり、もしかしたら行動を起こす人が出てくるかもしれない。
ってそんな映画、前あったなぁ。

可能性を信じなきゃここでこんな話もできなくなってしまう。

でも、日本人てもっと強気になってもいいんじゃないかとたまに思う。

強気になれない、自信が持てない、可能性を信じられない、そんな風に生きるのって、絶対もったいない。


15日に売るエクマットラTシャツが届いた。計43枚。
てるてる坊主作らなきゃ
イベントに来れないけどほしいっていう人は、コメントください。
エクマットラT到着


スポンサーサイト
  1. 2005/10/13(木) 00:14:22|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<あ~した天気になぁーれ! | ホーム | タバコ・・・>>

コメント

どんもー。

えーっと、LINKを貼ってもらってるものです。
始めましての方々こんばんわ。
600000000人分の1のコメントを!

伝える。ってとっても素晴らしい行為。
そして、それを通して知るてのも素晴らしい行為。
このブログはそんな素晴らしい行為をたくさん生み出しているんだろうなって思って羨ましく思う。

でも、なんかこういう活動で知り合う人って友達の友達だったりすること多くない?
もしくはどっかで知ってる人、名前を聞いたことある人。
なんでだろう。それって、結局もとあった一個の輪が元に戻ってるっていうか。
なんで新しい人が繋がれないんだろう。
もっと新しい出会いがないと新しい考えに結びつかん。
そんな風に最近思ってる。
だから全然違う視点からもっと色んな様々な種類の人に伝えていかなきゃなって。
その点ホワイトバンドとかってファッションも取り入れてそっちから攻めるのはうまいなーなんて。
貧困とか、戦争とかその他色んな世界の問題て実際とっかかりにくい。
そんな真面目なこと俺にはーなんて恥ずかしがったり、実際に全くそんなん関係ないっしょ。って人いーーっぱいいるんだよね。

そういう人たちにどうやって伝えて知ってもらえばいいんだろう。
んーーー。難しいのぅ。
でもそういう新しい種類に伝えていかないことには世界は変わらん。
それはたしかだ。

にしても、今世界って「何かしなくちゃいけない!」そんな風潮が自ずと自分自身に、俺らに妙なプレッシャーを与えてるよね。
どう打開していくか。

答えは南国にあり!な気が最近します。
  1. 2005/10/13(木) 04:58:30 |
  2. URL |
  3. 樋口たかし #-
  4. [ 編集]

南国ね。

たかしの場合はバングラで、私は日本でその打開策を見つけていく。
日本を変えるには、世界からの刺激も時にはほしくなるけど。

「日本を変える」なんて簡単に言ってるけど、まずは、自分が日本人の、人間のこんなとこが嫌だなって思うところを、自分自身で変えていくことだと思う。

それが結構難しい。
でも、結構楽しい。

一個の輪が元に戻ってるっていう話・・。
現実を見てるね。
確かに、難民・先住民・貧民・路上生活者・障害者などなどマイノリティって言われている人たちに関わろうとすると周りにいる人の中に必ずと言っていいほど知り合いなり、どっかでつながってる人がいる。

今回のバングラでの出会いもそう。

でも、私はそれにすごく励まされる。
そこで出会う人っていうのは、すごく何かやりたい、何かをどうにかしたいって言う想いがある人でしょ。
だから、きっとその人たちの力を合わせればすごいパワーになるさ。
そのパワーなら、その輪に入ってなかった人にもメッセージが届くんじゃないかと。
私はそう思う。

いろんな方面から一人一人のパワーを発揮させて、輪を大きくしたいね。

って、私もたまに傍観者だったりするけど・・。
それぞれが無理なく自分のペースで自分や、周りの人のことを想っていれば、自然といろんなことが見えてくる気がするけどね~。

って話がそれたけど、輪、いや、まだそんなものできてない。
今まで大事にしてきた「つながり」を生かしてお互いできることからやっていこう。







  1. 2005/10/15(土) 02:27:42 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/80-3b701831
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。