ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もうひと頑張り。


ふたたびmassunです。

先日KUREHAと久々に会い、
このブログで実は書きたい事を書けていないことを告白。笑

ほとんどの場合、書こうと思っていた内容からそれて、
「ま、いっか~。」
で終わらせていました。

ごめんなさい。
書きたい事が多すぎるってことですよ。

ということで!!
先日聞いた遺伝子組み替え食品についてのお話。

KUREHAから、「それ、ブログに書いてよ!」
って言われていた話のひとつ
(ということは、そういう話はひとつじゃなくて結構あるってこと。笑)

合宿でお世話になったお母さんの知人(女性)に、
遺伝子組み替え食品に反対し続けている人がいます。

もう10年ぐらい活動をしているらしい。
その活動のひとつに、「遺伝子組み替え作物をひたすら抜く」
というものがあります。

それってどういうこと??
と、それだけ聞いたら思いますよね。

皆さんナタネ油ってわかりますよね。
今、日本のナタネ油のほとんどはカナダから輸入しているそうです。
そして、そのナタネが遺伝子組み替えのナタネ。
カナダからナタネを輸入して、日本の工場で加工します。
そのナタネ油が私達の食卓に並んでいます。
例えばマヨネーズやマーガリンなどなど・・・。

ナタネは船で運ばれてきます。
そして、ここからが重要!

港から工場まではトラックでナタネを運ぶことになりますが、
トラックに積み込む際、工場までの移動の際に、
遺伝子組み替えのナタネの種が日本の大地こぼれおち、
そしてやがて芽がでて花が咲き、
花粉が飛び、虫に運ばれ、国内の作物と交雑し・・・
って、この先は皆さん想像できますよね。
すでに日本の作物が、完全な遺伝子組み替え作物ではない!
とは言い切れないかも・・・。

そして、私が話を聞いたその女性は、港から工場までに生えている
遺伝子組み替えと思われるナタネをひたすら抜いているんです!!!
日本全国、地図を片手に、港から工場までの道をたどり、
ナタネを抜いています。

私が千葉県出身だと言うと、
「千葉県に千葉港ってあるでしょ?そこにも行ったわよ~。」
って。
本当にありがとうございますと、その時は驚きで言えなかったので、
いつかまた会った時にはお礼を言いたい。

遺伝子組み替えの何がいけないの??
って疑問を持っている方。
私も実際、何がいけないのか良くわからなかった。

その女性に、遺伝子組み替えの何がいけないのか尋ねてみたところ、
安全性は不確実だし、アレルギー反応が出る人もいる。
とのこと。
でも、最も説得力があった返答が、
「だって、自然じゃないじゃない。私はそれだけで反対!って言っていいと思うの。理屈じゃなくて、安全だって検査結果で出たとか、そういうんじゃなくて、もともと自然になかったものを身体に入れるってこと事態が危険なことだって、感覚でそう思うの。」
と言われ、もう、納得です!!

私はその熱~いひと言で、目が覚めたというか、
少し真剣に遺伝子組み替え作物に目を向けなければと思ったのですが、
全ての人が納得するには、この「自然じゃない」って言葉だけでは足りないんじゃないかって思ってしまいます・・・。
今の世の中自然じゃないものばかりだからなぁ。

今、ビタミンやたんぱく質だけ多く摂取できるお米が販売されているらしい。
あぁ、自然じゃないなぁって、思います。
怖いなぁ・・・。






スポンサーサイト
  1. 2005/09/01(木) 14:13:50|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏休みもあとわずか・・ | ホーム | ショック・・・>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/49-58865dcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。