ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

釜石と福島と有機野菜


こんにちは。
massunです。

しばらく、釜石への有機野菜送付の報告をしていなかったので、
ご報告します。

9月7日と21日に、
長野県小諸市の友人(女性2人で、昨年から有機農業を始めています)から、
ナス、ピーマン、大根、セロリ、玉ねぎ、ジャガイモ、インゲンなどを釜石へ送っていただきました。

10月3日と27日には、
kurehaの協力を得て、長野県の小海町の有機農家さんたちの野菜を詰め合わせて、
送ってもらいました。27日はじゃがいもです。kureha、ありがとう。

11月5日には、千葉県南房総市の有機農家さんが、
今年は空前の大豊作で、
「例年より多く収穫された分は、被災地へ届ける使命だと思う」
ということで、新米を60キロ、寄付していただきました。

11月後半には、このブログにも良くコメントをくださる、
愛媛県の通称あべっかむさんから、みかんを送っていただくことになっています。

12月には、カボチャと大根を、栃木県の有機農家さんから送っていただくことになっています。
こちらは、いろいろと考えて悩んだ結果、
放射能測定をして、その結果と一緒に釜石へ送ることになりました。

その調整作業を現在しているところです。

本当に、いろんな方にお世話になっています。
募金にご協力いただいている方々も、本当にありがとうございます。

今日は、もうひとつお知らせです。

福島県川俣町で自然農を営んでいた、
佐藤幸子さんをお招きして、
日本有機農業研究会青年部主催で、講演会を開催します。

******************************************

☆日本有機農業研究会・青年部主催☆

『子供たちを放射線から守れ 福島のたたかい』上映会と佐藤幸子さん講演会

 福島県川俣町で、30年間自然に添った農業をしながら、子ども5人を育ててきた佐藤幸子さん。
 「自然農」の田畑で稲、野菜、雑穀などを作り、薪で食事を作り、家族7人協力してささやかな生活を送られていました。
 彼女たち家族の運営する「やまなみ農場」にはその生活を学びたいという人々が全国から集まり、小さな共同体が出来ていました。
 ところが、3月11日を境にその生活が一変しました。
 佐藤さんは福島に住む4人の子どもたちを山形に避難させた後、福島の子どもたちのために日々活動されています。
 今回は、湯本雅典さんの自主制作映画『子どもたちを放射能から守れ 福島のたたかい』の上映後、佐藤幸子さんから震災後の福島の状況、現在の様子、佐藤さんたちの活動内容についてお話していただきます。

◆日時:12月4日(日) 14:30~17:00

◆会場:國學院大学・渋谷キャンパス(東京都渋谷区東4-10-28)
     2号館2階 2202教室
(交通)・渋谷駅東口から徒歩13分・渋谷駅(JR埼京線)新南口から徒歩10分
     ・都営バス(渋谷駅東口バスターミナル54番のりば「学03日赤医療センター行」「国学院大学前」下車

◆参加費:1000円

◆講師:佐藤幸子さん(「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」世話人)

〈プログラム〉
14:00 受付開始
14:30 『子供たちを放射能から守れ 福島のたたかい』上映
15:20 「子どもたちを放射能から守るために」講師:佐藤幸子さん
17:00 閉会
17:30~19:30 懇親会(定員25名)
★懇親会会場:「YAFFA ORGANIC CAFE」
 (渋谷駅より徒歩8分。TEL:03-6427-9988)
 オーガニックの野菜を中心に、素材の味を生かした料理とお飲み物。参加費4500円。
★懇親会申込み締切日:12月1日(木)

◆お申し込み先
 NPO法人 日本有機農業研究会・事務局
 TEL:03-3818-3078
 FAX:03-3818-3417
 E-mail seinenbu@joaa.net


*******************************************

ぜひ、お越しください。
私に直接ご連絡いただいても、申込み受付となります。

佐藤幸子さんとそのご家族が運営していた「やまなみ農場」には、
青年部が一度、農場見学会でお世話になったそうです(私が入会する前の話です)。

私は今年の7月に、千葉で開催された講演会で佐藤さんのお話を初めてうかがいました。

原発事故直後、子供たちに、「お母さんはこの日のために生まれてきたんだと思う。」

と伝えたという話が印象的でした。

彼女の、福島の子どもたちを想う力、彼女だけでなく、
福島の女性たちの強さ、放射能と命との向き合い方からは、
底知れぬ大きなエネルギーを感じます。

佐藤幸子さんは、
「野菜カフェ はもる」

というカフェを、昨日(2011.11.11)福島市にオープンさせました。
西日本中心の無農薬・有機栽培野菜だけを提供する『野菜カフェ』です。

カフェの紹介には、
「福島の子どもたちの、免疫力を上げるために、
放射性物質ばかりではなく、農薬・食品添加物などの化学物質は、
今後出来る限り取らないようにしなければなりません。」

とあります。

ヨーロッパでは、チェルノブイリ原発事故後、
放射能によって汚染されてしまったことで、
これ以上人工的な化学物質を身体に取り入れたくないと、
有機野菜の需要が高まったそうです。

日本ではヨーロッパのようなオーガニックブームが起こる気配はありませんが、
佐藤さんが自然農という生き方を選択していたからこそ、
「野菜カフェ はもる」は始まったのだと思います。

カフェが始まることは知っていたのですが、
まさか昨日がオープンとは知らず、
夕方過ぎに佐藤さんに電話をしました。

すると、いつものことながら大変忙しそうでしたが、快く対応してくださり、
上述した、あべっかむのミカンを野菜カフェに送っていただくように、現在調整中です。

今後、福島にもできるだけ有機野菜が届けられるように、
活動していきたいと思っています。

スポンサーサイト
  1. 2011/11/12(土) 15:25:17|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「提携」の有機野菜を料理して映画を観る会vol.37 | ホーム | TPP>>

コメント

やまなみ農園
養蚕実習行ったとき何度も耳にした、あの農園だ。。。
原発事故以来、とても気がかりでした。
とゆーわけで、行きたいです、行けそうです。

休みとれたら、また連絡させてください。
行きたい、です。
なんなら、懇親会も行ってみたいものです。

とにかく、また連絡させていただきます。
いつも、興味深いお誘い・ご案内・告知を、ほんとうにありがとう。
  1. 2011/11/13(日) 00:33:41 |
  2. URL |
  3. おがちゃん #-
  4. [ 編集]

おがちゃん

おがちゃんさん

もしかして、キャッツですか?
違ったらごめんなさい。

養蚕実習は、丸森町ですか?
丸森町は放射線量が高いため、有機・自然農の農家さんたちが中心になって、
放射能測定室を立ち上げましたよ。
心苦しい限りです…。

ぜひ、お越しください。
懇親会も、少し価格が高いですが、
ほとんどが有機の食材なので、美味しいです。

ご連絡、お待ちしています☆
  1. 2011/11/16(水) 21:18:21 |
  2. URL |
  3. massun #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/408-33f55310
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。