ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

可塑性


おとといの日曜、24節季での啓蟄を迎えました。


今日はみぞれや雪が降っていますが、昨日は確かに虫がお茶畑の上を群れをなして飛んでいました。

春はすぐそこまで来ています。

昨日も職場の玄関の梅の花がそっと咲いていました。



啓蟄の一つ前、雨水にあたる2011年2月19日、私と一緒に暮らすパートナーとの一つの節目を迎えました。


啓蟄は、大地があたたまり、冬眠していた虫たちが這い出してくる頃。

雨水は、雪が融けて蒸発し、雨になって大地を潤し、新しい芽が出てくる頃。


これからも、季節を感じながら、1つ1つのかかわりを大事にしながら、日々を暮らしていきたいです。




写真は、季節を遡ります。

冬から秋へ。

先月はじめ、白無垢を着ましたが、古い写真屋さんにお願いして大判カメラで昭和風に撮ってもらったため、まだ出来上がっていません。

待っているこの時間を楽しめることが、フィルムで撮る最大の楽しみのような気がします。




文章は、最近つづった日記から。

写真との関連は、ないようであります。多分。


seimasu
「大学の友人たちと。インドネシアに旅立つ友人の送別旅行 in 那須塩原」





再生

ゆっくりと じょじょに


人間は、生まれてきて人間になるプロセスの中で、知らず知らずに内なる自己の死と再生を繰り返している。

さらには、成熟へと、意識的な死と再生のプロセスを、ゆっくりと じょじょに 経ていくことを体感する。


私が家だったら、できる限り多様な方角の出窓を設けたい。

私が樹木だったら、できる限り多様な動植物の棲みかになりたい。


そんな想像をしながら、ゆっくりと じょじょに 人間として再生する。





FH000029_convert_20110125111308.jpg
「ミラまでの路より」



学生の頃、恩師から授けてもらった言葉に

人間の本質は他者との関係性の中にある

というものがあった。



リュタン
「大子のりんご園」



茨城の山間地域で過ごしているうちに、この「他者」とは、

ヒト だけではないぞと感じ始めた。


虫や鳥、牛やカエル、犬、鶏、木、草花、落ち葉、海、土、火・・・

呼吸をしたり、光合成するものに限らず、

ものさえも、他者として捉える。


ノートやペン、PCや靴、衣服など身にまとうもの、家・・・

目に見えて触れられるもの以外にも、とにかく諸々、

自分以外のすべて―

もしかしたら自分さえも・・・・・





FH010016_convert_20110125111729.jpg
「ミラ会の木登り」




そう思ったとき、


どう生きるかー? という問いに、


膨大な1つ1つとのつながりを感じ、今、この瞬間 を尊ぶことができる。



自分の中に、数えきれない生命を感じるのと共に、

自分というもの自体が、散り散りになってあらゆる方向へと還っていくのを感じる。



時に、こんな海や空を浮遊している。



これからも、世界の、自身の、関係性の、可塑性を信じながら、感じながら、


共に生きられることに感謝を。






スポンサーサイト
  1. 2011/03/07(月) 17:01:52|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<原発によって生きるということ死ぬということ | ホーム | ミラ会in織座農園>>

コメント

物質と意識

宇宙の何もない真空の中でもエネルギーができては消え、エネルギーから物質ができ、物質からエネルギーができ、消えていくそうです。このとき、私は考えるのです。意識も、このときに、生まれては消え、消えては生まれているのではないかと。

そして、この世はその一つの物質(素粒子)が欠けていても私たちの存在が危ぶまれると思っております。
途方もない10のマイナス23乗ぐらいの小さな物質が私たちの運命を決めているかもしれません。

そのひとかけらがなくても私たちは存在しなかったかも知れません。

逆にひとかけらが存在するからこそ私たちは存在するのです。

私たちはこの壮大な宇宙から見るととてもちっぽけな人間であるかも知れません。

しかし、原子核やそれをつくっているクォーク、電子や光子などの素粒子などからみればとてつもない存在です。

そうするとこの世界に存在する一人が欠けただけでどれだけの運命が変わるか想像できるでしょう。

近くに落ちている消しゴムのカスがどれだけの存在意義をもっているかもわかるでしょう。

すべてに無駄はないのだと思います。

この机の一粒子が欠けていても、とてつもない影響があるんだと私は思います。

人一人が死ぬだけで全宇宙の運命が変わるかもしれません。

よって、人の命はとてつもなく小さく、また、とてつもなく大きいことが分かります。

誰にだって存在意義は大いにあるのです。

生きる力に変えてください。
  1. 2011/03/07(月) 23:53:45 |
  2. URL |
  3. いしちゃん #.vjKhiP6
  4. [ 編集]

地震

みなさん無事ですか?
私は水戸市内で被災し、今は連れ合いと一緒に彼の働くお寺で電気の復旧を待っています。
けがもなく、元気です。
これを見た人が無事でいますように。安心して休むことができますように。
  1. 2011/03/11(金) 20:27:46 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

東京の親とは連絡が取れ無事のもよう。
昨日から会社泊まりらしく実家方はどうなってるか。
少ない被害を願ってます。
  1. 2011/03/12(土) 13:50:06 |
  2. URL |
  3. ひろk #-
  4. [ 編集]

お二方とも元気で本当によかったです。
僕の家も初日は深夜まで停電しましたが、今は大丈夫です。
東北はもちろんのこと、それ以外の地域に住む方々も、
どうか一日でも早く、不安が取り除かれるよう願うばかりです。

僕も、不安が無いなんて言えないけれども、
そんなとき、みんなの顔を、何度も何度も思い出しています。
みんなで、手をつないでいけば、
きっとまた笑顔で日々を過ごせるような気がしています。

インドやミラがあって、
みんなと出会えたことに、改めて感謝。

どうか、少しでも安らかに、
今日の夜を無事越えられますように。
  1. 2011/03/13(日) 20:03:51 |
  2. URL |
  3. まつうら #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/371-b7d03450
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。