ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩手の友人たちへ



岩手県花巻市にある「るんびにい美術館」というものをご存知だろうか。


以前、家族で銀婚旅行に出掛けた時、訪れた滋賀の近江八幡にあるボーダレスアートミュージアムNO-MAから届いたイベントの開催会場だ。

岩手と言えば、大学時代の友人たちがUターン、Iターンをして地域に根ざした暮らしを実践しようと修行中。


「ミクロとマクロ」岩手巡回企画展
会期:平成22年12月9日(木)~平成23年1月18日(火)
開館時間:10~17時
会場:第一会場~るんびにい美術館(岩手県花巻市星ヶ丘1-21-29)
  第2会場~湯本美術展示館(岩手県花巻市大畑第3地割34-1)
観覧料:無料


人が表現するカタチの、大きな二つの座標。
一つはミクロMicros。
人の感覚の中に在る、内部へ内部へと向かう蠢くような極小世界です。
一つはマクロMacros。
同じく人の感覚の中に在る、つかみどころの無い巨大に向かう果てのない世界です。
二つは相反しているようにとらえられてしまいますが、本展では、ミクロとマクロは同じ線上でつながっている、という感覚をダイナミックに体感していただく試みです。
アウトサイダーとかインサイダーであることを超え、理屈ではない感覚の世界を存分にお楽しみください。
(フライヤーより引用)


岩手の友人たちへ、そして、情報溢れる東京でおもしろい情報をつかみ損ねているかもしれない友人たちへ、散歩もしくは旅行がてら訪ねてみてはどうだろうか。


ちなみに、るんびにいとは、ルンビニーというネパールのヒマラヤ山脈の麓にある仏陀生誕地の名前。
美術館の名前がそれに由来しているかどうかは、明らかじゃないけれど。




岩手の森林で働く友人を、来週はじめにある栃木の催しに誘った。

来てくれるかはわからないけれど、再会してそれぞれの現場から学び得たものや、抱えきれない葛藤や悩みなどを共有したい。


ちなみに、栃木の催しとは、旧馬頭町・現那珂川町大山田にある、
人と自然を考える交流館/ロサ・ムンディで月に一度行われるヴァリエという夕食会にて、

「南インドの先住民と出会った若者の世界の視え方」と題して
massunやインドに行った友人たち数人を呼んで話をしたり、交流する催し。


興味のある方は、ご連絡ください。


KUREHA


スポンサーサイト
  1. 2011/01/10(月) 16:11:40|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ありのまま | ホーム | 提携の有機野菜の料理と映画上映会vol.27>>

コメント

はじめまして。

Domingoがいつ廃刊になったのかなあと思って調べていたらたどり着きました。
自分の考え方に近い方たちだなあと思っていくつかエントリーを読ませてもらいました。また立ち寄らせてください。
私は関西にいるので開催されているイベントなどにはなかなか行けないと思いますが、ブログ購読しますね。
  1. 2011/01/17(月) 14:53:59 |
  2. URL |
  3. tintam #99Efd12c
  4. [ 編集]

久しぶり?

岩手にこんなところがあるなんて知りませんでした。灯台もとくらしとはよく言ったもんですね。
企画展示はやってないみたいだけど、今度いってみまーす。
それにしても、毎日会社勤めしていると、ほんと視野が狭くなるのが自分でも分かってきていやーね。
ひさーしぶりに、あなたたち2人のブログ読んで思ったよ。

毎日人の金を数えている岩手人より(笑)
  1. 2011/01/20(木) 22:29:52 |
  2. URL |
  3. takeda #-
  4. [ 編集]

tintamさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
domingo、月に一度集まるミラという場所に置いてあり、このあいだこういう雑誌もあったんだよねと話したばかりです。
関西も友人がいます。
なにか情報ありましたら、載せたいと思います。よろしくおねがいします。


takedaくん
ひさしぶりのようなそうでもないような。
那須の写真ができたので、今度載せるね。
ヤギが立ってるのとか。

視野が狭くなってるのは、私も感じます。
感じるたびに広げようともがくけど、実際、狭くても深めていくことで根っこはつながっているのかもとも思うよ。

また会おうね!




  1. 2011/01/23(日) 07:46:08 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/367-a855749b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。