ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

好きな雑誌のこと


お気に入りの雑誌は、ありますか?

私はあります。


テレビや新聞、インターネットでも簡単には得にくい情報が、雑誌や同人誌には細かく載っていておもしろいです。
コンビニでは売っていないけれど、取り寄せてでも読みたい、本棚に置いておいて気が向いたときに何度も読みたい・・そういう雑誌が私にはあります。

いくつかある中でも、

ユーラシア旅行社の「風の旅人

アジア太平洋資料センターの「オルタ

フォトジャーナリストの広河隆一氏責任編集の「DAYS JAPAN

は、おすすめです。


そして、今日話をしようと思っているのは、路上でしか買うことの出来ないTHE BIG ISSUE

日本では、「ビッグイシュー」。

知らない人もいると思うので、少し紹介させていただきます。


ビッグイシューは、ホームレスの人々に収入を得る機会を提供する事業として、1991年にロンドンで始まりました。

雑誌を販売できる人は、現在ホームレスか、あるいは自分の住まいを持たない人。

最初、販売者は、雑誌を10冊無料で受け取り、その売り上げ3000円を元手に、
以後は140円で仕入れ、300円で販売し、
160円を彼らの収入とします。

販売者全員が行動規範に同意し、顔写真入りの販売者番号の入ったIDを身につけて雑誌を販売しています。

byビッグイシュー


ビッグイシューは、札幌、仙台、千葉、東京、横浜、埼玉、名古屋、金沢、京都、大阪、神戸、広島、福岡、鹿児島で販売しているようです。

茨城の水戸でも販売しないかなあ・・と複雑な想い。


私は、東京に行ったときに、お茶の水、渋谷、池袋、新宿などで購入しています。

(ちなみに、東京ではほかに、東京、恵比寿、五反田、品川、田町、高田馬場、目白、大塚、駒込、秋葉原,有楽町、御徒町、錦糸町、浅草橋、水道橋、飯田橋、市ヶ谷、四谷、信濃町、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪、三鷹、武蔵小金井、国分寺、国立、立川、八王子、早稲田、表参道、神保町、京橋、日本橋、虎ノ門、赤坂見附、本郷3丁目、新宿3丁目、岩本町、曙橋、二子玉川、大泉学園、練馬、田無、府中、明大前、笹塚、代々木八幡、人形町の各駅前で販売されています。近くを通った際は、探してみてくださいね。)


内容は、多様で、毎号飽きさせません。

今年私が購入したものの中の特集を挙げると、

”社会とアート”、

”遅れた警告 携帯電話の電磁波リスク”、

”身体をめぐる冒険”、

”不思議のきのこ”、

”市民による地域医療再生”

などがあります。


特集以外でも、障害やフェアトレード等の国際的な話題、アートや自然科学など、様々なコラムが書かれています。

特に好きなのは、東田直樹さんの「自閉症の僕が 生きていく風景」。

映画のレビューと”テレビうらおもて”というコラムも毎号楽しみ。



そんなビッグイシューを、このあいだ日帰りで渋谷の展示会に出掛けたときに渋谷の東横のれん街前で3冊購入しました。


帰りのバスに乗れるか乗れないかで、少し急いでいたので、話し込むことは出来なかったのですが、「あれ?なんだかいつもと違うな」と思いながら、お金を払い、雑誌を受け取りました。


首を傾げながら、JRの駅構内に入っていって気づきました。

あ、ビニールのカバーに入ってる。

今までの販売者さんで、カバーをつけて売っている人はいなかったので、彼の工夫なのかなと思って高速バスに乗り込みました。


さて、バスの中で読み物をしても酔うことのない私は、ボン・ジョヴィが飾った表紙をめくりました。


すると、A3を二つ折りにした白い紙が中に。

お~!!なんだなんだ?

「ホームレスのおっちゃんの溜め息」?!

なになに?

縦書きでびっしりと物語が綴られています。


読んでいくと、なくしてしまった携帯電話を探しながら、アルミ缶集めをしたり、ビッグイシューを販売したり、日雇い労働をしているホームレスのおっちゃんたちと出会っていく主人公の物語。

ホームレスの生活の細部を描きながら、次が気になる終わり方が見事。

最後に書かれた”おっちゃんの一言”に、サッカークラブで何日はお休みなどと書いてあります。

そうか、この人はホームレスサッカーのクラブに入ってるんだな~。

アクティブだな~・・。


話が少し脱線しますが、ホームレスワールドカップを知っていますか?

ホームレスの人のみが選手として参加できるミニサッカーの世界大会で、2006年はケープタウン(南アフリカ)、2009年にはミラノで開催されました。

 ボールさえあればどこでもできるサッカーは貧富や年齢、人種に関係なく人をつなぐことができる最高のツール。
世界に共通する貧困という問題や人間の可能性について世界中に人々に考えてもらい、同時に貧困状態にある人たちに楽しみや喜び、希望を感じるきっかけをつくるためにホームレス・ワールドカップは生まれました。
by ホームレス・ワールドカップ公式HP

自立を応援するために、出場できるのは1度だけ。

このホームレスワールドカップのドキュメンタリーもいつかミラで観たいと思っています。



話は戻って・・、この「ホームレスのおっちゃんの溜め息」の作者の販売者さんは、今月中に住むところが決まるみたいです。

ぜひ、今月、渋谷に行くことのある方は、東横のれん街前でキャップを被って販売しているこの方を訪ねてみてくださいね。


ちなみに、12月15日発売の次回号のスペシャルインタビューは、ダライ・ラマです。

お楽しみに!



※ ホームレスワールドカップについて、記載事項に誤りがあったので訂正しました。
  お詫び申し上げます。(12月21日 0時17分)



スポンサーサイト
  1. 2010/12/13(月) 16:02:27|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<越年炊き出し | ホーム | 「『提携』の有機野菜を料理して映画を観る会」vol.26>>

コメント

ため息!!

はい。ぼくもあの渋谷の「おっちゃんのため息」付きビッグ・イシューのファンです。
住む場所が見つかったかあ。うれしいかぎりですね。
  1. 2010/12/14(火) 22:13:11 |
  2. URL |
  3. わたなべひとし #bCKFsAAM
  4. [ 編集]

ビッグイシューは毎回ほぼ発売日に、御茶ノ水駅、御茶ノ水橋の販売者さんから買ってます。

私は「ホームレス人生相談」のファン。

12月15日発売のダライ・ラマ表紙の冊子を高く掲げていると、チベット仏教の布教??ってかんじ(笑)。
というのは冗談で、ダライ・ラマさんの記事は今年をしめくくるのにとても素晴らしい記事だったよ。

次号(1月1日発売)はkurehaが先日訪ねた、べてるの家が特集みたい!必読だね。
  1. 2010/12/20(月) 13:03:53 |
  2. URL |
  3. massun #-
  4. [ 編集]

おー!そうなんだ!
たのしみだな~。

そろそろ、べてるに行った時のことも書こうかな。

わたなべさん、コメントありがとうございます。
ため息シリーズのファンが、身近にいることを知って嬉しかったです。

ちなみに、東横のれん街の”おっちゃん”は、今度パリで行われるホームレスワールドカップに出場したいと話していました。

それもまた楽しみですね。
  1. 2010/12/21(火) 00:10:02 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/364-892f894b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。