ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

求めない



今週末、久々にmassunとゆっくり会うことになりました。


茨城に来て1年と5ヶ月が経ち、その間ゆっくりと会う時間が無く過ぎていき、気づくと私がすべてさらけ出しても受けとめてくれる友人との交わりが途絶えていました。


もしかしたらこのヒトノカズダケという場が、唯一私の言いたいことを表現できる場だったのかもしれません。

(と、いってもこの場で書くことには限りがあり、すべてではありませんが。)




人生には、到底解決し得ぬだろうと思われる課題と出会う時が来ます。


それが、他人の出来事だったら、「こうこうこうすれば、解決するよ」と思ったりできるわけですが、

自分自身や、大切な人の出来事になると、

皆目見当がつかなくなり、簡単に道に迷います。


そして、気づくとその自身の中に在る難問を憎み、

自分を憎み、

人を憎むようになっていくような気がします。


そのような状態が、今この目の前にあるとき、

どうして課題との出会いを喜びや感謝に変換できるでしょうか。


それは、とても難しいわけで。


私自身だけの問題なら、できるかもな・・と思ったりもするわけなのですが、


結局はその人自身の問題。


様々な問題解決のあり方を、仕事で多様なメンバーの中で起こる出来事を通して目の当たりにしているにもかかわらず、

難しい。



メンバーのKさんがイライラしていても、私はイライラしないし、

メンバーのFさんが泣いていても、私は泣かないのに、


大切な誰かが、イライラしていたり、泣いていたら、

イライラは移るし、悲しくなって涙がこぼれます。


それだけ、自分を開ける相手だということだとも言えますが、

これが毎日だと、堪えるわけです。



このあいだ、ホ・オポノポノというハワイの伝統的な問題解決方法を知りました。

ホ・オポノポノでは、問題の原因を過去の記憶と捉え、その記憶を特定しないまま、クリーニングしていきます。

クリーニングの方法はその記憶に向かって、

「ありがとう」

「ごめんなさい」

「許してください」

「愛しています」

と心の中で唱える。

といういたってシンプルで分かりやすい方法です。

とくに気持ちを込める必要もなく、ただ唱えるだけだということ。




「その人に起こる問題は、その人にとって必要なことで、

問題が起こるということは、もうその人がその問題と向き合う準備ができているということ」

というようなことを、茨城に来てからの人間関係の中でよく耳にするのですが、

そういうスタンスで、問題を受容するということ、そして、さらに感謝するということなのかな

と捉えました。



ただ、実践を促すことは、非常に困難に思え、私は実際、手も足も出すことができずにいます。


24時間、寝る時も食べる時も、運転している時も、何をしている時も、その問題にとらわれ、

自身を嫌悪することが、どれだけ辛いことか、私にはわかりません。

そこから抜け出す道のりもわかりません。



ただ、彼が、自分の足でその道のりを歩く傍に寄り添うことしかできないと思っています。




そうか、無理して笑ったり、明るく優しくしようとする必要はないんだ。(しなきゃと思ってただけで、実際できてない)


私は私で、からだやこころが喜ぶようなことをすすんでやることが、彼のエネルギーを浄化することにつながるのかもしれない。



と、書いていて突然浮かびました。


こうやって、問題を自身の成長の糧にしようとする能力は結構あるんですね、私。

「しようとする」だから、発想だけの場合もありますが、

その意識の変容だけでも、60%ぐらいは解決している気がします。
(自分の問題はですが)


意識的に、少しずつ、快くなる道を選んでいければと思います。




最後に、大事な友人に借りた加島祥造さんの本(「求めない」小学館)の一節を。




求めないー

すると

「いま、ここ」のなかにいる

心は先走らず

己のままでいる



求めないー

すると

無限の空が怖くなくなる



求めないー

すると

自由を感じる



その自由から

エナジーが湧く




「求める」から

「求めない」に入ったとき

数々の可能性がひらけるんだー




求めないで

静かにいる

それがこの世に安らぐことだ



簡単なことなんだ






スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 00:42:38|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<提携の有機野菜の料理と映画上映会vol.23 | ホーム | 心の自然治癒力>>

コメント

問題への接し方もいろいろあるみたいですな。

自分に合うもので望むものに出会えるとよいですのー。
  1. 2010/08/31(火) 19:11:22 |
  2. URL |
  3. hirok #-
  4. [ 編集]

またゆっくり会おうね!

ミラでこの前会えて本当にうれしかった。
私もう顔見れるだけでも嬉しくなってんなー。

日記の前半を読んで、本当に共感できた。
自分の大切な人のことになると、
簡単に道に迷ってしまう。
私は時々、盲目的にもなる。

私最近思うんだけど、
「寄り添う」って、すごいよ。あと「見守る」も。
これって、言葉では簡単に言えるけど、
実際はなかなか難しい。
相手のことを思う気持ちだけでは
長くはやっていけない。
それはやっぱり苦しくなっちゃう。
自分自身の根を張ってしっかり立ってないと、
やっぱり出来ないことだと思う。

「気丈になれない」し、
時には間違えたり、
失敗もするかもしれない。

それでいいんだと思う。
私たちはまだまだ未熟なのだから。
「等身大」って、
そういう自分に気づくことなんだと思う。
ひとつひとつ越えていこう。

もしかしたら先は長いのかもしれない。
そういうときは、
私が紅葉に助けてもらったように、
紅葉が全てをさらけ出せる人に
甘えてください。

小指一本分でも、
紅葉の力になれたらうれしいです。
一緒にがんばっていこう。
(あ、がんばるってのも違うかな。)
  1. 2010/08/31(火) 19:12:57 |
  2. URL |
  3. おかっち #-
  4. [ 編集]

おかっちへ

ありがとう。

何度も読んで、噛み締めています。

寄りかかりたい人の傍で自分自身の根を張るのは、今にも嵐に飲み込まれそうなくらい踏ん張らないとならないけど、

そうやって少しずつ等身大の自分を成長させていければと思います。


先は長いので、思いやりを忘れずに(相手に対しても自分に対しても)暮らしていこうと思います。


ありがとう。

これからもよろしくね。




  1. 2010/09/04(土) 00:25:21 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/348-9f53cfc4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。