ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生命力

ネギ

イベントだらけの秋が終わった~!!
というかんじの、massunです。
みなさん、とてもご無沙汰しています。

kurehaのように流行にのっている方もいるのでしょうか。

疲れていると免疫力も低下しますから、
「少しゆっくりしてね」と体がkurehaをいたわって、
休日をくれたのでしょうね。

自然な食事と、十分な睡眠。

生命力を保つための、大事な営み。

忙しいとなかなかできないこの二つを、
なるべく心がけ、緊張感を保ちながら、
イベントだらけの秋を何とか乗り越えた気持ちでいます。
明日で11月も終わりですね。

先日岩手の友人から、
大雪のつもった玄関先の写メールが届きましたが、
東京周辺の銀杏の木は黄金色に輝いて、
見ごろをむかえています。

「イチョウの葉は油を含むから、
踏むとツルっといくよ。気を付けてね。」

と祖母が申しておりました。
みなさん、足元にご注意を。

先ほども書きましたが、秋は収穫祭をはじめとしたイベントが盛り沢山で、
その準備、手伝い、参加等で、
あっちに行ったり、こっちに行ったり。
ようやく昨日の「国際有機農業映画祭+ミラの会(略称)」をもって、
ひと段落したところです。

ひとつ、ひとつの催し等の感想を書きたいところですが、
何から書いていいのやら…。
ちょっと整理ができないので、
とりあえず、
最近のちゃりんこ農園報告です。

ちゃりんこ農園の畑も、ささやかな秋の恵みを分けてくれました。
未熟な管理人でごめんよ、と思いながら…。

なす
ナスとピーマンは、肥料不足などが原因で大きくしてあげられなかったけど、
何個も食べさせてもらいました。

大根
手前から、大根(芽が出て間もなく)、人参、ネギ。
今、大きくなったものから少しずつ食べています。

自分で一から育てると、こんなに収穫が嬉しいことなんだと、
気付かされています。

特にネギの種まきは今年の3月中旬…!
食べるまで、長かった~。
その分、その成長を一番長く畑で見続けていたので、
感無量です。ちょっと硬くて小さいけど、十分です。

里芋
手前から、里芋と、しょうが、ブロッコリー等。

私の畑は真隣が家なので、
畑全体に日が当たるのはお昼頃になってしまいます。
そんな中、よく育ってくれました。

しょうが
里芋としょうがは、寒い地域の織座農園では作っていなかったので、
植え付けから収穫まで、初めての体験でした。
しょうがは、紆余曲折を経て生き残った何個かを収穫できました。
香りが、格別です。

全てがいつもうまくいくことはないけど、
こうやって多品目を作ることで、
危険分散できるのが、有機農業です。

虫の害や天候に左右されながらも、
なんとか生き残ろうとした生命力のある野菜たちが、
私にまた、命をつないでくれる。
肥料をあげたり耕すことで、私も少しお手伝いをする。

そういう感覚の実感を、
この小さい畑から少しずつ学んでいます。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/29(日) 12:44:25|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<提携の有機野菜の料理と映画上映会vol.16 | ホーム | 魂はミラへ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/319-ae3e448f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。