ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

提携の有機野菜の料理と映画上映会vol.13


こんばんは。
続けてKUREHAです。


最近は、働いている牧場の周りの山で柿をもぎって食べたり、栗を拾ったりしながら、秋の農繁期を過ごしています。


今居る場所で暮らしている人たちの食生活の豊かさに驚く食欲の秋です。

(コンビニ、大手スーパーの進出もありますが、それでも東京の超便利過ぎまくるため、食べ物がどこで誰によってどのように作られ、運ばれてくるのかイメージもつかない食生活に比べれば)



今のところ、参加希望者に空きがあるため、1週間後にせまった10月の「提携の有機野菜の料理と映画上映会vol.13」のお知らせをしたいと思います。


昨年、この企画を始めた頃は、“誰も来なかったら、私とmassun2人で映画観るのもいいよね”と話したりしていたのですが、ありがたいことに、予想外の誰かが来てくれたり、友達の友達が友達を連れてきてくれたりで、この1年で154人(重複含め)の人が、ミラを訪れてくれました。

一人が欠けても、その場はまた違ったものになったことと思います。

一人一人に感謝です。


そんな感謝の想いを込めて、1周年記念の今回は、KUREHAとmassunの大学時代、そして人生の恩師である楠原彰さんをゲストとして呼んでいます。
(楠原彰さんのプロフィールは、下記へ。)


彼は、つい3日前までインドの地を踏んでいました。

70歳とは思えない湧きやまないその探究心と、エネルギッシュな社会的まなざし。


彼を想うと、恥ずかしい生き方が出来ないなと、背筋を伸ばされる一方、何処に転んでも受け止めてくれるような人間の尊厳を大事にしようとする柔軟な姿勢を感じて、安心もします。


ちなみに、彼には「今、若者に向けて語りたいこと」を語ってもらう予定でおり、映画は未定です(90分以内で良さそうなものがあれば上映予定ですが、今回は語り、食べる場として開くのもいいかなと思っています)。

日程の詳細は以下の通りです。


にち 10月4日(日)
時間  10時OPEN &料理START
    14時映画上映(ないかもしれません)
    18時CLOSE
場所  ミラ
    (練馬区南大泉1-23-9)
     西武池袋線保谷駅から徒歩15分
     (保谷駅に着いたら連絡をくれれば迎えに行きます)
     JR中央・総武線吉祥寺駅からバス停4番乗り場より(どのバスでも可)乗車し、小関降車、徒歩10分

参加費 ミラ入場料500円+野菜と米代


長野県八千穂村から届く秋の野菜を、美味しく料理してみなさんと食べられることを楽しみにしています。

参加希望の方は、ご連絡ください。
→  japanesemaple_7@hotmail.com



楠原彰さんのプロフィール
国学院大学教員(教育学)
1938年、新潟県の農村に生まれる。大学を終えるまで郷里で過ごしたが、何をしていいか分からず上京。大学院に籍を置きながらアフリカを歩き始める。
1964年から、南アフリカが自由になる1994年まで反アパルトヘイト運動にかかわる。最近は若者たちと南インドや岩手県の農山村を歩きながら、現地の人たちの暮らしの中に入っていき、生き方の見つめ直しを続けている。
主著:「自立と共存」(亜紀書房)、「アフリカは遠いか」(すずさわ書店)、「アフリカの飢えとアパルトヘイト」(亜紀書房)、「南と北の子どもたち」(亜紀書房)、「世界と出会う子ども・若者たち」(国土社)
共訳: パウロ・フレイレ「被抑圧者の教育学」、「伝達か対話か」(亜紀書房)



11月には、大学の同級生で一緒に岩手やインドを訪れた友人が、山口県の地元で楠原さんを呼んで合宿をするとのこと。

今居る場所で、何かを拓こうとしている友人から力をもらい、支えられます。



話が少し変わります。

政権与党が代わり、珍しくこの国で政治に関心が向けられていますが、つい最近までニュースでしつこくやっていた前原国土交通相が視察に行って、地元住民と話し合いの場が持てなかったという八ッ場ダムについて、私が以前現場を訪れた際に書いた文章があるので、よければ読んでみてください。(記事名「やんばダム」)


知りうる、知らされる情報は、ほんの一部で、
その影にはその出来事にかかわった人の数だけの現実があること、


視聴率や購読量が何よりも(人の命や権利や尊厳、環境やおかしなことに私たちが住む地球よりも)大事にされるテレビや新聞の報道の側から見えたものだけが、画面や紙面に表されるということをしっかりと意識して、自分自身の見地を向きを何度も変えて見つめ直すことをしていく必要があります。


さて、考え、生きる選択肢を得るために、様々な生き方をしている人と出会い続けるしかなさそうです。


その様々な生き方をしている人の中に自分が含まれることを確かめながら。



スポンサーサイト
  1. 2009/09/28(月) 01:25:08|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<表紙絵 | ホーム | 日常こそ>>

コメント

アモク!

今日は久々の恵みの雨で、朝からのんびりのみかん農家です。


 南アフリカといえば、私が高校のとき、(1990年ぐらい?) まだ、アパルトヘイトが残っていたわけですが、映画があって、「アモク!」というドキュメントを見に行きました。
 映画の後、解放運動をされている方の講演会もあり、貴重な話を聞くことが出来たのですが、高校生の私には、ちょっと難しかったことを覚えています。

 さてさて、例のやんばダムですが、タイミングよく、かの宮崎駿さんが、やんばではない、別の公共工事に対するコメントを出されていましたね。

 宮崎駿さんの意見に、同感です。やんばも、同じことが言えると思います。

 楠原氏のお話も、面白そうだな~。
  1. 2009/10/01(木) 09:11:21 |
  2. URL |
  3. アベッカム #FA9LPCIw
  4. [ 編集]

ナウシカの精神

アベッカムさま
コメントありがとうございます。

わたしは、自分の足下がぐらぐらするとき、風の谷のナウシカの漫画を1巻から7巻までどーーっと読みます。

そうすると、身体の奥のほうから力が湧き出てくるような気がします。

宮崎駿さんは、このようなことを言ってらしたんですね。

「公共工事ですべてのことが、よくなるという幻想は、捨てなければいけない。この国をどうするかということを一番偉い人は哲学的、文化的に考えてもらいたい」

いろいろな方面で自分を、他者を、世界を拓いている人たちが、このような発言をしていくことはとても意味があるように思います。


アモク!について少し調べましたが、ものすごく壮絶な内容ですね。
アパルトヘイトについて知れば知るほど、人間の過ちを犯す脆弱性に、その肥大の恐ろしさにがくがくします。

4日は、どんな話を聴いて、その場にいる人たちからどんな言葉が出てくるか、楽しみです。

また報告しますね。
  1. 2009/10/02(金) 06:57:24 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/314-5c9d3864
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。