ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

I Wish ・・

omiya life1



ひさしぶりに涼しい1日。

我が家の蚊も元気がありません。




上の写真は、おくらの芽。
その上は、我が家の畑で初めてとれたピーマンと茄子。

最近では、トマトや西瓜も収穫しています。
omiyasuika.jpg


おくらは、梅雨前に発芽した時のものですが、スローなこの常陸大宮での生活。

写真屋さんに現像を頼んでも、3、4日ゆうにかかります。

現像して、データをCD-Rに写す機械がこの辺りの写真屋さんにはありません。


東京の地元では、1時間しないでやってもらえます。

しかし、昨日、「提携の有機野菜の料理と映画上映会vol.10」のために、
ミラという南大泉で借りている民家を訪れ、この辺りの写真屋さんなら・・・と、
あたりまえにやってもらえると予想して入ったところ、
2つある写真屋さんの両方が、今日中にはできないということ。


おおっっと。

スロー。

そうか、ミラに来ると落ち着くと訪れた人のほとんどが言うのは、そういうことだったんだな、と納得。


ミラは、築40年の2階建ての青い瓦屋根の家。

庭が少しと駐車場。

大泉周辺ではよく見かけるような少しだけ古めの民家です。


この家のもつ雰囲気は、この家だけのものではなくて、
周辺の畑や、
呼ばないと奥からおばあちゃんが出てこない文房具屋兼タバコ屋や、
坂の途中の小学校や、
小さな小さなガソリンスタンドや、
昔ながらの写真屋さんや、
ひっそりとした蕎麦屋さん、
この静かで、比較的空が広い町に住む人たちみんなが成り立たせているものだったんですね。

shakujiike.jpgこの石神井公園の池もそのひとつかな。


ちなみに「ミラ」とは、「見る角度によって光り方の違って見える星」のこと。

元祖管理人の友達が、子ども事典でパッと開いたページで見つけた光る星。


「ヒトノカズダケ」と通じるところがあるような気がします。


そのミラの大掃除と改造を、9月に計画しています。


もう少し広く、創造的に、様々な人が、様々な使い方をできるようにしたいと思っています。

参加者を募っていますので、8月半ばくらいまでに9月1日~2週目ぐらいまでのあいだでこの日なら参加できる!という日をKUREHAまで送っていただければ嬉しいです。

夏の終わりに一緒にいい汗を流しましょう。

amigotree3.jpg


このあいだの日曜日、もてぎ里山アートフェスタに参加してきました。

satofes7.jpg

栃木の小さな山の中そのまま美術館。
satofes6_20090801163108.jpg

壁も屋根もない、その代わり、ふかふかの土と森と竹林と空の光や露のある美術館。


山の斜面には、陶で作られた繊細な花が静かに咲いていました。

satofes4.jpg

竹の子の時期は終わったのに、立派な青竹の林には、これまた生きた竹の子のような今にも動き出しそうな陶製のオブジェ。

satofes3.jpg

satofes5.jpg

小さな椎や楢の木の林には、突如、怪獣のような動物や、鹿の仲間がたたずんでいます。
satofes2.jpg


そんな中、籠を背負ったおじちゃんがきのこ採りをしていたので、「おじちゃんが料理するの?」と声をかけると、真剣にきのこ探しを続けながらも、
「かあちゃんが茄子と油いためにしてくれんだ、うんめぇぞ」
と、返してくれました。


そのおじちゃんの姿を追いながら、里山って、ピンと来なかったのだけれど、こういう場所なのかなというイメージが初めて抱けました。
satofes8.jpg


また、ラ・ダーブル・ドゥ・イズミというスコーンのとっても可愛らしいお店を出していた方から、素敵なポストのお話を聴くことができました。


その名も「Wishくん」。

葉書きに自分の住所を書いて、願い事を書き添え、そのポストに投函すると、願い事に沿った絵や詩を描いて自分の元へ届けてくれる夢みたいなポスト、Wishくん。

愛知県で暮らすドン・カ・ジョンさんという絵描きさんが、小さな願い事を流れ星にして空に届けてくれたような気持ちにしてくれる優しい絵を描いてくれます。

Wishくんポストは、ギャラリーや雑貨屋さん、カフェ、保育園などに置いてあるとのこと。


私が、最近作った牧場の通所事業のリーフレットを見せ、話をしていると、スコーン屋さんが出張Wishくんが9月に茨城に来るときに大子の牧場まで行くのはどうかしらと、素敵な提案をしてくれました。


この素敵な思いつきが実るように少しずつ動いていければと思います。


その日は、スコーン屋さんのお連れ合いがやっている茨城県笠間のそば粉クレープカフェとギャラリー「sovasova」にも足を運びました。

そのカフェギャラリーは、古い大谷石の倉庫を廃材をつかって創造性豊かな空間にしていました。

置いてあった手づくりの木のお皿やお箸の職人さんが、
先日、提携で野菜をとっているまにまに農園の農園主さんに誘われて行った河原遊びで知り合った大子町の木工職人さんだったり、
その職人さんとギャラリーのオーナを結んだ人が、
常陸太田の有機農家さん(この農家さんが河原遊びの主催者)だったりで、

人のつながりの輪がぐるりとできた一日でした。




その日の夜、ミラで、今週末からオーストラリアの大学院に進学する友人の送別会をしたのですが、
その友人にWishくんポストに投函する葉書きに願い事を書いてとお願いすると、


「革命家になること」

と書いてくれました。


どんな絵が描かれるのか、楽しみで仕方ありません。

amigotree.jpg



もう一枚の葉書きは、まだ白紙。



さぁ、どんな願い事をしようかな。



スポンサーサイト
  1. 2009/07/21(火) 17:43:13|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第33回 山谷夏祭り | ホーム | 意味と実践>>

コメント

東京へ行きます。

こんにちは。ご無沙汰です。

9月11日から14日まで、東京へ行きます。

時間を作って、ミラさんへも行きたいと思っています。
  1. 2009/08/05(水) 17:44:52 |
  2. URL |
  3. アベッカム #FA9LPCIw
  4. [ 編集]

アベッカムさま

おひさしぶりです。

ミラは、数人で借りてはいるのですが、誰も住んでいない民家なので、催しや管理人が居る時にしかOPENしていないんです。

今月は提携の有機野菜を料理して映画を観る会が、15日に開催なので、14日の夜なら、遅くになってしまうかもしれませんが、開け、何人かで集うことは可能かもしれません。

massunとも調整しますね。

  1. 2009/08/06(木) 15:15:17 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/307-ae4a0f0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。