ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちゃりんこ農園日記.1


ちゃりんこ農園の経過が、なかなか報告できないでいました。

順調なものは順調だし、あら?というものも多々あります。

農園1

手前の方で、青々としているのが、じゃがいもです。
これが今のところ一番良いかんじです。
あと、その奥には、千葉市内の有機農家さんからいただいた、
ナス、ピーマン、トマトの、夏野菜の苗が植えてあります。

一番奥に見える緑は、織座農園のキャベツとブロッコリーの苗です。

一番手前の、パラパラと、モミガラがまいてある所に、先日春菊をまいてみました。
うーん。あんまり自身ないですね。

種まきには、直播き(じかまき)といって畑に直接種をまく方法と、
育苗(いくびょう)といって、苗を育ててから畑に定植(ていしょく)する(植えつける)方法があります。

育苗は、水やりなどの管理が必要なので、
日中に出かけてしまう私にはなかなかそれができません。

ということで、いただいた苗以外はすべて直播きでやっています。

本当は育苗してからの方が生育の良い野菜たちも、
がんばれ!ってかんじで、畑に直接種をまいています。

案の定、いろいろ失敗もしています。


農作業をしていると、同じ敷地内に畑を借りている方が来て、
「どんな野菜をつくってるんだい?」なんて、良く声をかけられます。

説明をすると、
化学肥料をまくといい、とか、
農薬をつかわないのは難しいとか、
教えてくださいます。

そういうときは、濁して、「はぁ。」とだけいいます(笑)。
そういう話に対応するのがちょっと心苦しいので、人が多い土・日は避けて、
仕事の前に畑に行くことが多いです。

でも、もうだめかな…と思っていた人参(いくらたっても大きくならない)について、
「おれのところもこれぐらいだから、大丈夫だよ!」と勇気づけられたり、

「この前、日本有機農業研究会のHPをみてみたけど」
と声をかけられたり(その後、「提携」について語ってしまいました)!

「このサンチュ良くできてますね!」
と感想を言うと、
「そう?たくさんあるから、あげるよ!」
といただいたり、

交流も、いいものだな…なんて思ったりもします。

畑の目の前の家に住んでいるおじいさんには、
畑に行くと必ず会います。

最初は、「きゅうりなんてのは、農薬がないと絶対に無理だよ」
と言われ、「はは…」と、苦笑いするしかできませんでしたが、
「暑いのにがんばってるね」なんて言われると、嬉しくもなります。


化学肥料や農薬を使用することについて、頭から否定するのではなく、
ご近所付き合いではもう少しソフトな言い方で言わないと、
関係を崩してしまう可能性があるので気を付けます。

「でも無農薬でやっている人を、私はたくさん知っています!」
とは言わず、まずは自分が有機栽培でやれている、という姿を見てもらいたい。

のに…、そんなに簡単にはいきませんね(笑)。
一年目はこんなものだと思ってやっています。

草が生えないところには、
野菜もできません。

雑草の根っこや、ミミズなどの小さな生き物、微生物が、良い土をつくってくれるんです。

もっともっと草がはえて欲しい!
と、内心思っていますが、まわりのおじさま達にはそんなこと言えませんよね。

前途多難なちゃりんこ農園。

でも、日常の忙しさから解放され、
自然のリズムに引き戻され、
自然の厳しさに身を引きしめてもらい、
ゆっくりな野菜の成長が、穏やかさと優しさを感じさせてくれる、
とても大切な時間になっています。


スポンサーサイト
  1. 2009/05/27(水) 18:02:19|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初心 | ホーム | 発芽>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/304-54b3e5ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。