ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5泊6日の一人暮らし


5日ぶりに東京に帰ってきたら、桜が咲いていて驚きました。

大子町では、ちょうど梅の見ごろです。

daigo17.jpg

daigo16.jpg

daigo9.jpg



となりのトトロに出てくる風景のような田園の道を自転車で走っていると、平和な気持ちになります。

daigo20.jpg

夜は、電灯も数少なく暗闇で、とても静か。

自分だけが平和だったり、不幸だったりする錯覚に陥りそうになって、おっと危ない危ないと心の中の自分の頬をたたきます。


daigo10.jpg


私が何故、茨城に生活の拠点を置くことになったのか。

最初から説明すると、それはもう長くなるのですが、きっと今しか書けないので書いてみようと思います。


小学校の卒業式で、卒業証書を校長から受け取った後、くるりと向き直り、舞台上で「将来の夢」を大きな声で言わなければならないという催しがありました。

私の夢は何だろう?

はてさて。

なる気もない夢を語るのもいやだし、絵に描いたようなことを言って先生たちを喜ばせる必要ももうないし・・

と、卒業そのものよりも、そのことばかり考えて式までの一ヶ月を過ごしていました。

そのときがきっと初めて自分自身を見つめたときだと思います。

私はその頃から大学に入るまで、日本が嫌いで、日本人が嫌いで・・ということは自分のことも嫌いでした。

なんで日本が嫌いなのか?

まわりの大人が生き生きしていないから

まわりの大人って?

親と教師(?)


ほぉ・・

setsu3.jpg

我が家は今でこそ、それぞれのマイペースが生きてなかなか面白い家庭になってきましたが(それも捉え方次第なんですが)、
私が高校に上がるころまでは、父と母は決裂していたように思っていましたし、それぞれが干渉しあわず、関心も持たず、違う方向を向いていました。


その原因の一つに、毎日、多いときは1日に3回かかってくる父への電話があったと思います。


相手は会社の人で、普段はのっけから名乗らず父の名前を出して「いますか?」と言うのですが、
「いません」と言うと、「ほんとはいるんだろー!出せよ!」と怒鳴ったり、
何度も「(父の名前を呼び捨てにして)出せ~!」とまくし立てます。


電話の彼女は、知的障害をもっており、
常に和やかでイライラしたり怒ったりすることのない(少なくとも私は観たことがありません)父が、
彼女に優しく接したことがきっかけで、好意を持ち、頼るようになり、毎日電話をかけてくるようになりました。


私がもの思いのつくころから電話はかかってきていて、母はピリピリヒステリー。

団地の小さな部屋の中で響く電話の音と、父のぼそぼそとした応答、母の金切り声。

小さい頃から家ではよく耳をふさいでいました。


いつまでこんなことが続くんだろう。

あの電話さえ来なければ、うちはもう少し平和だったし、仲のいい家族だったに違いない。


そう思い、彼女を恨み、大人になったら会いに行って、自分のやっていることによって私たち家族がどれだけ辛い思いをしているかを責めようと考えていました。

彼女が言うことに「うんうん」とうなずきながら返す父の背中を、情けないやら、母が可哀想やらで、何度か足蹴にしたことがあります。




あの頃は、今のように家族のことを想えるなんて想像もしていませんでした。

人との出会いによってもたらされる気づきは、私にたくさんの、ほんとうにたくさんの生まれてきたことの喜びをあたえてくれます。

その一方で、生まれてきたことの罪も感じずにはいられないのですが。


まぁ、そのどっちつかずの感情の混沌が、心地いいというか、自分を自分とせしめてくれるような気がします。



話が脱線しました。



私が高校に入った頃、父に電話をかけてきていた彼女は、亡くなりました。



幼少から高校まで、目を背けたいこと、耳をふさぎたいことが、家族の中で、特に父の対してあったことで、大学で一人でインドに行くようになった頃までは家族と向き合ったり、家族と過ごす時間を大切にしたりする姿勢はまったく無かったように思います。


一番近くに居る人たちに関心も向けず、尊重もできずにいた私は、自分自身にも同じように向き合えずにいました。

それでも抱える生きづらさと、人(自身も含めた)への不信感で、落ち崩れていきそう・・いきたかったのですが、そう簡単に人は朽ちたりしないんですね。



インドの奥地で出会った村々の先住民の暮らしが、‘生きてていいよ’と語りかけてくれたこと、

その声が、たくさん寄り道して、たくさんいろんな人とのつながりを築きながらも、私を茨城へと導いてくれたような気がします。


結局そこに返るのか・・と言われそうですが、そこが私の第二の原点です。



第一の原点は、父と母のあいだに生まれたこと。


ありがとう。

感謝でいっぱいです。



daigo21.jpg

これからも・・・



心が居心地の悪い状態である場所には、浸からない。


心が居心地の悪い状態で出る言葉は、使わない。


心が居心地の悪い状態である道は、歩かない。




暖かな春を。

KUREHA


daigo19.jpg



スポンサーサイト
  1. 2009/03/28(土) 17:58:32|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ご報告 | ホーム | 消化不良>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/03/28(土) 23:27:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/292-b2de3646
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。