ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ねむの木村へ

夜勤明けの昨日、ふと思い立って静岡県掛川市にあるねむの木村に行ってきました。

雲ひとつない青空の下、新富士駅のホームからはすぐ近くに富士山が。


ねむの木村は、掛川駅からバスで20分の山の中にあります。
nemunoki2.jpg

バスの窓の風景は、茶畑と収穫を終えた田んぼが続いていました。
nemunoki5.jpg
nemunoki6.jpg

ねむの木村は、女優の宮城まり子さんが1968年に日本で初めて設立した肢体不自由児のための養護施設を発端とします。

そして、それまでは町の公立学校の分教場としての義務教育をおこなっていたのが、養護教育が義務化された1979年に私立ねむの木養護学校が設立され、「障害をもつすべてのこどもたちの才能を信じて、かくれた能力を引き出すべく、個性の尊重と豊かな人間性を培うことをねらいとした、無学年制の開かれた教育体系を実践」(HPより)しています。


絵画・国語・工芸・音楽・茶道など、感性と感受性を大切にすることで集中力を養う教育をおこなっていて、日本国内でも海外でもとても高い評価を得ていて、ファンもたくさんいます。


ねむの木学園で暮らす子どもたちの生活を豊かにするため、文学館・美術館・喫茶店・毛糸屋さん・がらす屋さん・雑貨屋さんなどができていて、1999年にはねむの木村が開村されました。



以前から、1度訪れてみようと思っていたのですが、山、森、小川、湖のあるとても静かな、澄んだ場所でした。
nemunoki26.jpg

nemunoki17.jpg


nemunoki12.jpg
子ども美術館の外壁には、子どもたちが描いた色んな背の、色んな形の麦穂が。

子どもたちが一つのテーマで絵を描いたのはこれが初めてだったとのこと。


1人1人の麦穂が、しっかりと立って、風になびいているようでした。
nemunoki25.jpg

nemunoki24.jpg



nemunoki21_20081114181729.jpg

私のお気に入りは、この2つ。

nemunoki19.jpgたけうちよしかずさんの「静岡県大井川鉄道」 
前から知っているこの絵を、この目で見れて感激。
二枚のキャンバスをつなげて、秋にぴったりの深い色をたくさん使っていました。
この電車、乗ってみたい!

nemunoki16.jpgほんめとしみつさんの「おねがい」
灰色とピンクのグラデーション。
私の好きなグラデーション。
いつか、部屋に飾りたいな。

nemunoki15.jpg

nemunoki3.jpg

nemunoki4.jpg

美術館を堪能して、木立を歩きながら山を下って辿り着いたのは村の中の喫茶店。
木と木のあいだに立派な蜘蛛の巣が。
nemunoki28.jpg

私は、蜘蛛の巣を見つけると写真を撮るのですが、いつもうまく撮れません。
誰か、撮り方を教えてください。
蜘蛛って格好いいですよね。なんだか気品もあって、いちばん好きな虫です。


湖を眺めて、ゆずジュースを飲みながら、1時間ほど手紙をしたためました。
nemunoki34.jpg

湖には白鳥が二羽。
nemunoki8.jpg
ほとりにいた白鳥、こんなに近くで観たのは初めてでした。


湖の縁を歩いていくと、吉行淳之介文学館に着きました。
茶室がついていて、書斎もそのまま復元されていました。

彼への愛があったからこその、子どもたちへの愛なんだなとその場所に行ってみて強く感じました。


美術館や、その周りの木々、山々、小川や村のたくさんの居場所からは、宮城まり子さんと子どもたち、その輪の中にいるたくさんの人たちの溢れんばかりの愛が伝わってきました。
nemunoki22.jpg

その愛は、抱き、抱かれた人間以外にも感じられる愛で、なんというか、私もそれにおなじように包まれたような気がしました。





スポンサーサイト
  1. 2008/11/14(金) 19:34:53|
  2. 旅の思ひ出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<じゃがいもの芽 | ホーム | 月1で映画鑑賞・有機野菜の食事会vol.2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/279-a17e2dc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。