ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地球の信号

林檎

kurehaの写真がとってもきれいで、うっとりしました。
そして、懐かしい。

上の写真は、有機農業で有名な、山形県高畠町の林檎の今です。
先週行ってきました。でも、その話はまた今度。

今日は、安房平和映画祭に行くはずが、
昨日から激しい頭痛で、今朝もお弁当まで準備したのですが、
結局ダウンしました。

強い日差しと、緊張状態が苦手で、
夏は良く頭痛になります。
最近は事務局で働いていても、東京の息苦しさを感じて、
ズキズキとしてきます。

kurehaにも話した、農耕民族の身体の話ですが(笑)、
身体に筋肉がついてきて、
(多少食べすぎもあるんですけど…)ぽっちゃりというか、
がっしり体系になってきたような…気がします。
でも、頭痛の方は相変わらず、
完璧健康体とはいきません。

でも、この頭痛は治るにも時間がかかると思っていて、
薬は2年前から完全にやめたので、
あとはゆっくり付き合っていくしかないと思っています。

現代社会に生まれた人間として、
完璧健康体というのは、難しいことなんじゃないかと思います。

地球環境や社会状態が不安定な中で、
心や身体が反応する方が、自然だと私は思っています。

自分の意識の外で、心や身体が信号を出してくれている。

私の場合、頭痛が出たら「少し休め」という信号なのかなと、
思っています。

「少し休め」という身体の声に耳を傾けて、
みんながゆっくりできる社会になればと思いますが、
それでも働き続けることを求められる社会は、それはそれは大変ですね。

ゆっくりゆっくり、
この頭痛と付き合っていくことが、
今の社会を見直して、考えていくことにつながると、思っています。

それにしても、東京の暑さは異常だと思います。
インドは40℃でも耐えられたのに。
生命力を感じる暑さと、無機質な暑さの違いでしょうか。

人間も、自然と同じ、生命ですからね。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/21(月) 14:00:12|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<立秋を過ぎて | ホーム | トライアングルの先からみた景色>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/271-17853c63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。