ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トライアングルの先からみた景色


昨日、ひさしぶりにmassunと会いました。

織座農園で日に日に陽射しが強くなる中、一日中身体を動かして暮らしている彼女は、農耕民族の身体を取り戻してきたと、とてもいい顔をして笑っていました。


昨日は、逗子の一色海岸できらきらと眩しい海を眺めながら、お互いに色々語らいました。

念願のわかなぱんのカフェで美味しいランチを食べて、夜勤明けの頭と身体をいい感じに覚醒させてから。

昨日撮ったばかりの逗子の写真はまだあがっていないので、MTKのアデヴァシーと出会う旅の後に、massunとryoちゃんと私の3人で旅した時の写真を載せたいと思います。

訪れたのは、南も南、インドの最南端で撮ったアラビア海とベンガル湾、インド洋を一望できるカーニャクマリという街。

淡くてきれいな色の小さな漁船が並ぶ港と、沐浴場、都会の喧騒とは異なった柔らかな空気の漂うかわいらしくて魅力的な街でした。

日帰りで、インド人や、インド在住の欧米人の観光地であるコーラヴァラムビーチという、インドで一番美しいといわれる砂浜にも行ったのでそのときの写真と一緒に。


FH020032_1.jpg

mtk08-48.jpg

kanya.jpg

FH010011_2.jpg

このあいだ、2月まで働いていた精神障害をもつ人たちの作業所のメンバーから、月桂樹の葉っぱが届きました。
mtk08-14.jpg

去年の冬に、一緒に壁にかけて干した月桂樹。

「秋山さん、月桂樹の葉っぱどうする?」

お久しぶりと挨拶を交わす間もなく、ついさっきまで一緒に居たような口ぶりで、いつも気にしてくれていたんだなぁと思わせるようなそれはもう優しい声の電話でした。

そして、次の日、ポストにはからっからに乾いた葉っぱの入った封筒が。
FH020021_1.jpg

精神病院で、半年あまり働いて、100人以上の精神障害、精神の病を抱える人たちと会ってきました。
短期医療を進めているため、1人が入院する期間は3ヶ月まで。
短い人は、1週間ほどで退院します。

そして、またその人の地域に帰っていく。

病院に入るまで、精神障害をもつ人にとっての地域とは、社会的資源と呼ばれる社会福祉法人や、NPO、役所の福祉、支援センターや、保健所などが手をつないでつくられた土台のもとにあるものだと考えていました。

でも、現実は違っていました。

彼らは、彼らの家族のもとに、仕事場に、友人たちのもとに、戻っていきます。


山谷で、コンビニの店員も、モーニングを出す喫茶店のウェイターも、居酒屋のおばちゃんも、ドヤ(簡易宿泊所)の管理人も、みんな一人一人が、ソーシャルワーカーだと思ったことを思い出しました。


その人の日常に、その人の人生の小さな一コマに、在る一人一人とのかかわりが、登場するコマが多ければ多いほど、その人自身を成り立たせる、生かす、大事な大事なものなんだと、改めて考え始めました。


FH020017_1.jpg


mtk08-51.jpg



mtk08-22.jpg

私にとって、インドは、忘れたいたものを思い出させてくれたり、新しい何かをもたらしてくれたりする存在ではないような気がします。

私とか、あなたとかいう概念を取り去り、生きとし生けるものすべてに生かされている小さな1つの生命体として、中枢から滲みあがり、込みあがるものの存在に気づかせてくれる、そういう存在です。

mtk08-19.jpg

再び、インドの地に足をつけるまでのあいだ、今居るこの場所で、その生命体としての意識を大切に抱きながら一歩一歩歩んでいきます。

FH010007_1.jpg




スポンサーサイト
  1. 2008/07/17(木) 10:50:37|
  2. 旅の思ひ出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<地球の信号 | ホーム | ホームステイ>>

コメント

この前は偶然の再会にうれびっくりだったよ!
今度はゆっくりだねー

それにしてもいい写真だねッ
どのカメラ使ってるんだっけ?
デジカメ??
わたしそろそろデジカメデビューする予定だから教えてー
  1. 2008/07/17(木) 11:43:56 |
  2. URL |
  3. ai #-
  4. [ 編集]

ほんとに、ご近所というのは思いがけないときに再会できるから嬉しいね。

またゆっくり会おう。


カメラは、高校の友人にすすめられて大学3年頃に購入したRICOHのGR1sっていう高級コンパクトカメラを使ってるよ。

たまにaiから誕生日にもらったトイカメラでも撮ってるよ。


デジカメのことは、詳しくないので、ビックカメラのお兄さんに聞いたほうがいいかもね。


  1. 2008/07/17(木) 16:57:02 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

偶然にも昨日は僕も逗子にいました。大潮の海に出て、うにやらアワビの小さいようなトコブシをとっていました。わかなパンにはいかなかったけど、近くの兎月という店にいました。

最近の僕は、解離性障害・解離性健忘症・パニック障害・適応障害などなど、単なるうつではなくいろいろオマケが付いてきてしまって、生活が多少なりとも困難です。
ただ、なんとか生活らしいことはしています。よっぽどのことがない限り、毎日外に出てるのは、大きな進歩なんだろうね、最近振り返ってそう思います。

たまには顔をみせてください。

最近、妙にさみしいのでね(笑)
  1. 2008/07/18(金) 06:59:48 |
  2. URL |
  3. ryo #-
  4. [ 編集]

さみしがり屋

メールでも言ったけど、逗子で会えたらよかったね。

一本向こうの道をryoくんが歩いていたかと思うと、なんだか悔しいよ。


あれ?ryoくんはいつもさびしがってるような気がするけど気のせいかしら。

外に出ると、海の香りと、自然の空気が気持ちいい。
そういうところに住んでいるのは、羨ましいよ。

近々、会いましょう。

電話します。
  1. 2008/07/19(土) 14:34:58 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/270-d0438a65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。