ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポラヴァラム・ダムⅡ

ポラヴァラム・ダムについては、以前書いたことがある。→ポラヴァラム・ダム
ゴダヴァリ河のことも・・。


今年の旅では、実際に運河の工事が行われている場所を視てしまった。

mtk08-40.jpg
(左のずっと奥まで首を向けて)こーーーーっちのほうから



mtk08-39.jpg
この道を越えて、



mtk08-41.jpg
向こうの丘の奥の奥まで・・左右片方の運河の通り道をつくっている。


わたしたちが、その広さに圧倒されているところに、ヤギ飼いがヤギの群れとともに現れ、消えていった。mtk08-52.jpg



人は、水がなければ生きられない。

でも、その獲得の仕方に無理があってはいけない。

もちろん、プロセスの中でも結果においても、水にとって、人にとって、そのどちらとものまわりの生きものや自然にとってもだ。



こんな主張では、弱いでしょうか。


じゃあ、どうしたらいいのか具体的に聞きたくなりますか?



それは、たぶん、自分の身体の中から沸き起こる、滲み出る、染み出てくる、何かによって突き動かされる行い。


だから、ここでは言えない。言わない。


mtk08-16.jpg




彼らの毎朝・夕にかかさない沐浴が、いつまでもこのゴダヴァリで行われていてほしい。

そして、この地に来たら、わたしもこの聖なるゴダヴァリ河に身を任せる時間をもちたい。


ポラヴァラム・ダムへ

心からのお願い。
来ないでください。

あなたは、要らない。



mtk08-37.jpg



ポラヴァラム・ダムについての詳細など→MTKのHP

次回、「ホームステイ」につづく

スポンサーサイト
  1. 2008/05/17(土) 20:42:54|
  2. 旅の思ひ出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国産ナタネの灯 | ホーム | モデルコロニー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/266-ac2eda49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。