ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

space

バレンタイン


昨日は映画を3本観ました。
kurehaも宣伝していた、ポレポレ東中野の「食べる」映画特集から、
『不安な質問』
『満山紅柿 上山 柿と人とのゆきかい』

と、『いのちの食べかた』
です。
薬漬けの野菜たちも、ギュウギュウにつめ込まれたブタやニワトリや牛たちも、
ぜーんぶ人間に見えました。
人間だって、変わらない生き方をしている。

満員電車も、学校の教室も、街中も、病院も・・・。

食べ物の安全・安心って、
それよりもまず、今の自分をひとつの生命としてみたときに、
本当に生きていますか?
生命エネルギーが泉のように湧いていますか?
ふさがれていませんか?
フタされていませんか?

どろんこになりたい。
汗がかきたい。
ぶつかって、汚れて、それで日々、毎秒、
自分の身体がまだ生きているって感じられたら、
痛くてもそっちの方が幸せかもしれない。

笑えるきっかけも、その痛みの中にあるかもしれない。

そう感じました。

最近、電車が辛いです。
ひとつひとつのいのちを尊重するなら、
スペース(余裕のある)の確保って、すごく重要だと思う。
畑で、大好きな仲間と、
2mも3mも離れて農作業をしながら会話をする、笑う、歌う。

満員電車で、知らない人と肩がぶつかって、すごく窮屈で、
何も言わず、閉じていく、閉ざしていく・・・。

閉ざしたら、麻痺して、それも平気になる。
けど、考えれば考えるほど、ピリピリしてくる。

今日はバレンタインデー。
またストレスを溜め込んで、満員電車に乗って帰ってきたら、
織座の大好きなゆっこちゃんからバレンタインのプレゼントが届いていました(上の写真)。

手作りビスコッティに、びっくりかわいいパンの贈り物。
それに、嬉しいお手紙。

明日はセミナー。
忙しいけど、色んな人に伝えたくて、
農閑期の今は毎日事務局に通っています。

2007年度 食と農の市民セミナー
みんなの有機農業 [連続講座]
『第11回 田中正造と有機農業(自分の鉱毒を止めるために )』

■日 時:2008年2月15日(金) 午後6:30~8:30

■会 場:文京区男女平等センター(和室)
    (文京区本郷4-8-3 TEL 03-3814-6159
     (東京メトロ丸の内線・大江戸線「本郷三丁目駅」徒歩約7分)

■参加費:一般1000円、会員800円(資料代含む)


それから、
お知らせが遅れましたが、
こちらが超重要でした。
会員以外の人も、どしどしご参加ください(毎日忙しいのはこのためでした)。

~全国有機農業の集い 2008~
第36回 日本有機農業研究会全国大会・総会のご案内 
大会テーマ「つながるいのち つなげるいのち」
有機農業推進法制定2年目へ向けて

■会 場
 [大会、種苗交換会、講演会] 日本青年館 国際ホール(3階)
 [総会]           日本青年館 501号室(5階)
 (〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町7番1号 TEL: 03-3401-0101 [ホテル代表])

■日 程
[一日目 3月1日(土)]―――――――――――――――――――――――――――――

【大会】 日本青年館 国際ホール(3階)
 ●受付開始   12:45~
 ●開会・挨拶  13:15~13:35
  来賓挨拶
 ●基調講演   13:35~14:35
          テーマ「創立者一楽照雄と有機農業」
          講師 坂本尚さん(農山漁村文化協会副会長)
 ●シンポジウム 14:45~16:45 
          コーディネーター 安田節子さん(食政策センタービジョン21)
              パネラー 白根節子さん(所沢生活村)
                   若島礼子さん(安全な食べものをつくって食べる会)
                   古野隆雄さん(福岡 生産者)
                   舘野廣幸さん(栃木 生産者)
                   林 重孝さん(千葉 生産者)
                   魚住道郎さん(茨城 生産者)

【懇親会】 日本青年館 「富士の間」(4階)
 ●受付開始   17:00~
 ●懇親会開始  17:30~ 「有機の食べもの大集合」

【分科会】 日本青年館内(会場は当日発表)
 ●分科会内容  21:00~23:00
  ①新規就農を語ろう(青年部)
  ②田畑から平和を語ろう
  ③食と農を語ろう
  ④有機農業推進へ向けての動き
  ⑤有機農業ビデオ上映

[二日目 3月2日(日)]―――――――――――――――――――――――――――――

【種苗交換会】 日本青年館内 「国際ホール」(3階)
 ●受付開始   07:30~
 ●種苗交換会  08:00~09:30
  ※種苗を提供してくださる場合は、種苗に説明文をつけて小分けをしてください。

【2分間スピーチ】 日本青年館内 「国際ホール」(3階)
 ●スピーチ参加登録  前日~09:30
 ●2分間スピーチ09:30~09:50

【記念講演】 日本青年館内 「国際ホール」(3階)
 ●受付開始   09:30~
 ●講演     10:00~12:00
          テーマ「生命とは何か? 食べ続けることの意味と有機農業」
          講師 福岡伸一さん(青山学院大学教授 分子生物学)

【第36回日本有機農業研究会総会】 日本青年館内 501会議室(5階)
 ●受付開始   12:45~
 ●総会     13:00~15:00


―――――――――――――――――――――――――――――

■参加費
①全日程参加A          19,000円
 (日本青年館への宿泊費込み・朝食付き)
②全日程参加B          15,000円
 ※この「B」区分で参加できる方は、学生・研修生・新規就農者に限ります。先着40名、事前登録制です。事務局にご連絡ください。
③全日程参加(宿泊なし)     10,000円
④全日程参加(宿泊・懇親会なし)  4,000円
⑤1日のみ参加           2,000円
⑥懇親会のみ参加          6,000円


■申込方法
 振込用紙に上記内訳と氏名・性別・連絡先を記入した上、合計金額を締切日までにご送金ください。送金受領をもって、申込とします。

 [ゆうちょ銀行振替口座] 00170-7-779822  [口座名称] 日有研大会実行委員会


■申込締切日 2008年2月18日
(☆18日を過ぎても、随時参加申し込みを受け付けています。事務局にご連絡ください。)

■交通
 ●電車の場合
  ・JR中央、総務線各駅停車 千駄ヶ谷駅より徒歩9分 信濃町駅より徒歩9分
  ・地下鉄銀座線 外苑前駅より徒歩7分(渋谷寄り改札口を出て、3番出口)
  ・地下鉄大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分(A-2出口)
 ●お車の場合(駐車料金は別途かかります。宿泊の場合は1日1500円。要予約)
  ・首都高速道路4号線 外苑ランプ(上下線)
  ・首都高速道路3号線 渋谷ランプ、または池尻ランプ(上り)3号線高樹町ランプ(下り)


「有機農業研究会なのに、こんなに忙しいのは変だ!」
とぼやきながら、がんばって準備しています。
1日目が、私の好きな人たちが喋るので、特に聞きに来てもらいたいです。
是非お越しください。
(もちろん織座メンバーも参加します☆)

スポンサーサイト
  1. 2008/02/15(金) 00:17:12|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<身体をめいいっぱい | ホーム | 脱ひきこもり>>

コメント

毎日事務局に通ってるの?
じゃあまた会合しよう~
いろんな話があるぞ!
  1. 2008/02/15(金) 17:17:57 |
  2. URL |
  3. Waku #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/257-dc43c842
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。