ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

社会を生きることは社会をつくること


明日から、大学で講習があって、しばらく書けないので、連続して書いています。


さっき、商社に就職希望で、インドのストリートチルドレンの子どもが働ける年齢になったら働ける場所をつくりたいと思うと、友達から電話で話がありました。


私は、これまで色んな同世代と出会ってきました。


今でも20~30人ほどで、借りている家に集まってご飯を食べたり、hホームシアターを観賞したり、沖縄に旅行したりなど、仲のいい高校の友人たちには、


企業に就職して親に恩返しをするぞーと燃えている人、

休学して旅をしている人、

ずっと夢だった小学校の先生になった人、

留年して将来に不安と希望を抱えている人、

有機農家になろうとしている人、

救急救命センターで看護師をしている人、

事故で高次脳機能障害になってリハビリ中の人、

悩みながら就職活動をしている人、

有名なホテルで働いてる人、

助産師になろうかなとたくらんでいる人、

服飾のパタンナーになった人、

3浪してやっと入った大学から他大に入るべく勉強している人、

大学院で化学物質の開発研究をしている人、

司法試験の勉強をひたすらしている人、

重度心身障害者の施設で働く人・・・


などなど、色んな人がいて、いまだその人たちとのつながりは、途絶えていません。


大学の友人たちも、少しずつだけど、それぞれ自分の道を歩いていっています。

大学以外で出会った同世代の人たちも、
とても多様な考え方、生き方をしていました。


そんなみんなが大事で、みんなのやりたいことや、やっていることを、認めたいし、敬いたい。

でも、それは、知り合いだからじゃなくて、その人を信じたいと強く思うから。
その人たちが好きだから。


そしてまた、私自身の生き方も、彼らに認められたい。


でも、それって、ただ思ってるだけじゃ、叶わない。

ちゃんと、彼らと直に会って話を聴いて、聴いてもらって、そこからそれぞれがどう思ったかを共有したい。


つまり、彼らと議論をしたい。


否定するという行為で一番簡単なのは、無視をすること。
その存在を、その考えを、その夢を、無しとすること。


ただ彼らを想っているだけじゃ、知らないあいだに気持ちは離れていく。
否定はしない。できない。

だったら、ちゃんと向き合いたい。

同じ時代を生きる人たちなんだから。


多様な生き方の人間が混在している社会で、人を批判し、人から批判されることは、大切だ。
批判するところは、批判して、素敵だなと思ったら、そう言う。

今の私にはわからないと思えば、わからないと言う。

言われたほうは、それをしっかり受け止める。


そういう関係でありたい人がたくさんいるのは、幸せなことです。


そんなことを、彼女からの電話で改めて思ったのでした。


明日から1週間。
新しい大学で、おもしろい出会いがあるといいなぁ。




スポンサーサイト
  1. 2007/07/10(火) 13:54:45|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ひとのかずだけ | ホーム | 汚れることに慣れたくない>>

コメント

新しい出会いの胸を躍らせるだんて、まだまだ健康そぅみだいだね。
季節も変わりましたし、そろそろおしゃべりでもしましょうか?
  1. 2007/07/11(水) 15:39:39 |
  2. URL |
  3. ai #-
  4. [ 編集]

aiへ

あっという間に夏だね。

光が丘公園で線香花火でもしよっか。
  1. 2007/07/11(水) 20:31:40 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/236-619483cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。