ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どどどどどぉーーーっ


今日は、7月の選挙に出るある人が地元に来たので、話を聴きに行ってきました。

前に一度、会ってみんなでお酒を飲んだときと何も変わらず、心の奥からのことばを発し、おかしいことはおかしいと怒れるその人は、将来が見えにくい私たち若者にとって、前を向いて歩く気持ちにさせてくれる少ない先輩の一人だと私は思っています。

応援にかけつけた小室等さんが、歌った歌が、これまた素敵でよかったので、歌詞を載せたいと思います。
作詞は、谷川俊太郎さん。


「死んだ男の残したものは」

【作詞】谷川俊太郎
【作曲】武満徹


1.死んだ男の残したものは
  ひとりの妻と ひとりの子ども
  他には何も残さなかった
  墓石ひとつ残さなかった


2.死んだ女の残したものは
  しおれた花と ひとりの子ども
  他には何も残さなかった
  着もの一枚残さなかった


3.死んだ子どもの残したものは
  ねじれた脚と 乾いた涙
  他には何も残さなかった
  思い出ひとつ 残さなかった


4.死んだ兵士の残したものは
  こわれた銃とゆがんだ地球
  他には何も残せなかった
  平和ひとつ 残せなかった


5.死んだ彼らの残したものは
  生きてる私 生きてるあなた
  他には誰も 残っていない
  他には誰も 残っていない


6.死んだ歴史の残したものは
  輝く今日と また来る明日
  他には何も残っていない
  他には何も残っていない



  「おしっこ」
【作詞】谷川俊太郎
【作曲】小室等


 大統領がおしっこしている
 おしっこしながら考えている
 戦争なんかしたくないんだ
 石油がたっぷりありさえすれば

 テロリストもおしっこしている
 おしっこしながら考えている
 自爆なんかしたくないんだ
 恋人残して死にたくないもの

 兵隊さんもおしっこしている
 おしっこしながら考えている
 殺すのっていやなもんだぜ
 殺されるのはもっといやなもんだが
 
 男の子もおしっこしている
 おしっこしながら考えている
 マシンガンを撃ってみたいな
 きっと気持ちがすっきりするから
 
 武器商人がおしっこしている
 おしっこしながら考えている
 銃がなければ平和が守れぬ
 金がなければ自由も買えぬ
 

 道で野良犬おしっこしている
 おしっこしながら考えている
 
 敵もいなけりゃ味方もいない
 
 ただの命を生きているだけ



先週末、織座農園で田植えをしてきました。

人差し指のあいだでもがくおたまじゃくしに、青々と茂りに茂った緑のはっぱたちに、白い毛ふっさふさのみぶな(織座の守り犬)に、今も爪のきわにいる愛らしい田んぼの土の中の無数の生きものたちに、励まされて帰ってきました。

彼らは、全力で私に「生きている!」と叫んでいて、それにはっと気づいたとき、どどどどどぉーーーっとその生の叫びが押し寄せ、私の指先、足先、髪の先の先まで浸透し、私にこの上なく強く、壮大な活力をはらませました。


その活力、温存せずに、生かしていかなきゃ。


ただの命を生きるために。

20070620165457.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/06/19(火) 01:28:43|
  2. 共有したいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<灯りを求めて | ホーム | 大切がいっぱい>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/231-5c9626e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。