ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

消費と政治


長野から帰ってきて、高校の同級生と食事をしました。

久しぶりに会って話して、気持ちが通じるところが多くて、
とても気持ちの良いひと時でした。(どうもありがとう☆)

その友達は、
「色々と大事なことはあるし、出来ることがあるけど、
『消費と政治』。このふたつだと思う。」
と話してくれて(微妙に違ったらごめん!)、その言葉につくづく納得。

消費者が変われば、企業が変わり、社会が変わる。
国民が政治に参加すれば、政治が変わり、日本が変わり、世界が変わる。

なんて単純で、なんて簡単なこと。

問題だらけの世の中で、
自分に何が出来るだろうって悶々と考えて、日々過ごす。

その中で、自分が毎日している消費と、定期的にやってくる選挙が、
どれだけ自分が日々悩み、考えている問題と密接につながっているか、それ程意識していないかもしれない。

「消費と政治」

簡単なことかもしれないけど、
とても大切で、すごい力を持っていて、そして責任の大きいことであることも、同時に自覚しなければならない。
(そして、消費と政治参加が容易ではない人たちのことも同時に考えなければならない。)

「農業」という分野に関わって、消費の大切さは身にしみて感じていますが、

今日は、政治の話をひとつ。

2007年5月14日、国民投票法が成立しました。

早ければ2011年には憲法改正の国民投票が行われるといわれています。

国民投票法が施行されるのは3年後。
それまでに憲法についての議論を深めましょうという政府。

議論というのは、色々な意見があるから意味のあるものです。
最初からひとつの意見しか通らないと決まっているものを、議論とは呼べません。
今の国会は、圧倒的な多数派によって、少数派の意見が全く聞こえてきません。

こんな国会にしたのは、もとはと言えば私達国民の責任なのですが、
責任があるということは、嬉しいことです。

変える力もある、ということですから。

その、変える力を発揮出来るのが、7月の参議院議員通常選挙。
参院選です。

参議院議員の選挙には、
各都道府県の区域を単位として行われる選挙(選挙区選挙)と、
全国を単位として行われる選挙(比例代表選挙)とがあります。
参議院には解散がないので、任期満了(6年)により選挙が行われますが、
3年ごとに半数が入れ替わるよう憲法で定められているので、
3年に1回、定員の半数を選ぶための選挙が行われます。

今回は比例代表選挙なので、全国全てが選挙区です。
7月5日公示、7月22日投開票。
投票用紙には、「政党名」か「候補者名」のいずれを書いても良いことになっています。

「任期満了6年」・・・ということは、今回の参院選は、
憲法問題に関わるとても大事な時期の国会を左右する選挙です。

日本国憲法の三大原則の一つは、
国民主権(主権在民)であることを覚えていますか?

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
 そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。
 これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する(日本国憲法前文より)

ということで、7月の参院選に大注目。
そして、毎日の消費について、真剣に考える。

このふたつは今から出来ること。
そしてとても大切なことだと、あらためて思いました。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/17(木) 22:28:50|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<息ができるということ | ホーム | タブーにこそ>>

コメント

5月20日

こないだはどおも
また帰ってきたら飯食いに行こう

その向こう側を想像して選択していくことを忘れません

きのうは代々木公園の帰りにぐらするーつ近くを通りかかったので、ふと思い出してお勧めされた本を買ってみました

明日からまた労働が待っている~
うげー
  1. 2007/05/20(日) 21:38:39 |
  2. URL |
  3. WK@清澄白河 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとう☆

この前は楽しかったよ~☆
勝手に書いてごめんね。またご飯食べに行こう!

「空とぶブッダ」のご購入、ありがとうございます(笑)
感想聞かせてね。また色々と議論が出来そう。

お仕事がんばって~!13日楽しみにしてます^^
  1. 2007/05/20(日) 23:18:42 |
  2. URL |
  3. massun #-
  4. [ 編集]

グッとくる左翼

しかし、典型的な左翼をやってる限り
力にならないと思うよ。
先日このブログにも沖縄戦の自決が
まるで軍の命令であることが前提である
かのような文章が載っていたけれど、
そういう、なんていったらいいか、一方的な決め付けの意見を持っている限り、もはや爺婆くらいにしか受け入れられない。
数ヶ月前の「論座」で「グッとくる
左翼」っていう特集があったんだけど、
そう!「グッとくる左翼」にならなきゃね!!
  1. 2007/05/22(火) 23:42:31 |
  2. URL |
  3. expo #-
  4. [ 編集]

私は、人間はみな少なからず、洗脳されていると思っています。

左翼とか右翼とか、そんなのどうでもいい。


自分と違う、自分が理解しがたい考えの人に対して、あの人は洗脳されていると思ったとき、自分自身もまた洗脳されている。

私はそう思います。

大事なのは、自身が今もっている考えの肯定をするんではなく、その考えの背景や構成するものを様々な方角から見てみること、また、それが必ずしも「確か」であることなんて、地球上に自分一人だけが残されない限り、ありえないことを忘れないことなんじゃないかなと。


  1. 2007/05/23(水) 09:56:51 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

その問題を、私をとりまく全ての環境(経験、人間関係なども含めて)を通してみた時に、
「あれ?私が見てきたもの、出会ってきた人や環境とは違っているな・・・。」
と思うことがあったときに、それを友人、知人に伝えたくてこのブログに書いています。
そういう時、でも、massunの意見は私と違う!もっと議論が必要だよ!
と思った人とは直接会って話したい。顔の見えるブログというか・・・。
ここが始まりになったらいいなと。
お互いの可能性を大切にして。
なので、匿名(expoさんはどちらのお知り合いでしょうか?)の方は、是非お名前を教えて下さい。
それと、良かったら「グッとくる左翼」について、もっと詳しく教えて下さい。
  1. 2007/05/23(水) 12:10:06 |
  2. URL |
  3. massun #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/228-922d0e97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。