ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤湯より学びしこと

春のような陽気ですね。
私は今日も外で大好きな昼寝をしてしまいました。
お弁当食べながらベンチでこくりこくり・・気持ちよかったぁ。

ついこの間まで2週間ほど織座農園で出会った友人たちと共同生活をしていた山形県南陽市赤湯という雪国でも地元の人たちは口々に「春が来たみたいだ」と話していました。

もちろん、そんな風に話していても一日目が明けた翌朝の風景はこんな感じ。
akayu71.jpg

akayu70.jpg


一日一雪だるまなんて言ってたけど、どんどん雪がなくなって続けることはできませんでした。
akayu72.jpg


無事16日で自動車学校を卒業し(晴れて本日、免許を取得しました!)たっぷり2泊3日、名残惜しさを和らげるために赤湯を歩きました。

赤湯の近くには、有機農業で有名な高畠や長井、川西という町があって、そっちにも気持ちが惹かれてはいたけれど、それ以上に赤湯が恋しかった。

赤湯のお湯が、人が、空気が、神社が、雪が、漬物が、おっちゃん、おばちゃん、おばあちゃんが、私をとっても心地よく過ごさせてくれたのです。
ほんとにありがとう。

きっと読んでないだろうけど、一緒に暮らしたしのちゃん、ゆっこさん、みきちゃん、おしょうしな(ありがとう)。

右からしのちゃん、ゆっこさん、みきちゃん、私。(わかるかな笑)
akayu63.jpg


赤湯温泉は、900年という歴史の長い温泉。
その名の由来は、八幡太郎義綱が、戦いで傷ついた家来たちを湯に入れたところ、たちまちのうちに傷が治り、傷からでた血で温泉は深紅に染まったことからついたといわれているのだそう。

温泉街には、昔は無料で農民や商人たちがそれぞれの社交場として入っていた公衆浴場が今も昔と変わらず、5つあって、女湯では、おばちゃんやおばあちゃんたちが背中を流し合って私たちには聞き取れない山形弁で(それでも滞在中は結構真似したりしてたんだけど)おしゃべりしていた。

私たちも授業が終わった後、かかさず通い、気づくと5つのお湯(とわの湯、大湯、丹波湯、烏帽子湯、あづま湯)に2,3度ずつ入っていたので顔なじみもできた。

地元の人たちは、若いよそ者が来たことにいやな顔ひとつせず、おおらかに、しかし、どこか凛としたいでたちで「ここの温泉はほんとに宝」と誇りを持って話してくれた。


散歩したときの風景たち。
akayu6.jpg

akayu9.jpg

akayu11.jpg

私たちの寮の近くには、1200年の歴史を持つ熊野大社がありました。
akayu77.jpg

今までに見たことのないくらいたくさんの神様が祀られてた。
雪で埋もれてあまりしっかりは見られなかったのが残念。
akayu43.jpg

akayu12.jpg

赤湯温泉街を見下ろすように、日本一のつなぎ目のない石でできた鳥居のある烏帽子神社と烏帽子山公園。
akayu49.jpg

akayu36.jpg

ここからの景色で、赤湯が大きな大きな田んぼに囲まれた小さな小さな街だということがわかりました。
akayu45.jpg


akayu18.jpg

ということで、雪に覆われた田んぼのほうに歩いていってみることに。
烏帽子山を下って20分くらい歩くと、見えてきた見えてきた、向こうの方に蔵王の山々。
akayu24.jpg

akayu20.jpg

akayu28.jpg


近所の鉄板?銅版?でできたお家。作業場でしょうか。気になって何ショットも撮ってしまいました。
akayu35.jpg

akayu33.jpg

akayu30.jpg

熊野大社の境内に行く途中にある古い理髪店と商店。
akayu46.jpg

akayu39.jpg

米沢の白布温泉にも4人で行ったなぁ。卯の花が浮いてすこし温泉が強く、ちょっとぐったり。
akayu58.jpg

私は赤湯の熱くてずっと入っていられないあのお湯が好きです。

akayu53.jpg

akayu52.jpg


赤湯で暮らして思ったこと。

ちょっと東京にこだわりすぎていたかなぁと自分を振り返る。

いくら生まれ育った場所だからって、仲間が多く暮らしている、向き合いたい問題や人間たちがゴロゴロいるからって、今の私にはまだまだまだ「東京でなにか」はできない。続かない。

赤湯での非現実。

東京での現実。

それに真剣に向き合える度量が私にあるんだろうか。

今はまだ、非現実を、理想を、現実にしていくパワーが、若さが、可能性が、あるんじゃないか。

少なくとも、それらを追っかけていく脚力は、今が旬。


赤湯から帰ってきてすぐに行った卒業旅行でも、まっすぐ友人たちと向きあえず。自分のこれからのことばかり考えてしまって残り少ないだろうとされている彼らとの時間を大切にできない私。

情けないやら、甘ったれてるやら。



最近は、映画を1日2,3本観ています。
これから観れなくなるかなぁなんて思い。

しばらく東京から、都会から離れて暮らしてみようかなぁと。


もちろんネットワーク・・・いや、つながりは、お手紙や、つなげれば電話で。いや、心はいつもつながってます。
この4年間で、生きていくことを考え、つくりだす支えとなるつながりを築けたことに感謝。

いったんこのヒトノカズダケからも卒業かな。

ちょっと寂しいけど、そんなことを考えています。

そしたら、みなさん、massunをよろしくね。
akayu17.jpg


スポンサーサイト
  1. 2007/02/08(木) 22:48:57|
  2. 旅の思ひ出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<洞窟には出口がある | ホーム | 山手線・完徒!>>

コメント

おかえりなさい

こちらこそ、おしょうしな
赤湯、素敵なところやったね。

今回皆と暮らして、発見したこと、再確認したこと・・・
自分が目の前にあることしか見えていないことに気付いて、はっとしたり・・・
たくさんモヤモヤとしたまとまらない思いがあるのを感じます。

いつもと違う環境に触れるということは、
自分を揺さぶられることなんやろうなあ。

その中で自分は何に気持ちいいと思ったり、違和感を感じたりしてるのか・・・
ひとつひとつ、確かめていきたいです。

私は今は織座で暮らしているけど
今回1カ月弱、赤湯やばあちゃん家や実家で暮らして
わたしの今の現実ってどこかなあー?
フラフラしてるなー。
と思いました。
あと、小さい頃かよく行っていた山形のばあちゃんのところと織座と実家と・・・
ちゃんと全部同じ世界にあって、つながっているんだーと
あたりまえやけど思ってしまったよ。

今から織座に帰ります。
昨日典子さんから、猫のセロリが死んだということを聞きました。
帰ったらいないんだなー。さみしいなー。
17歳、よく生きたね。
  1. 2007/02/09(金) 19:39:53 |
  2. URL |
  3. ゆっこ #-
  4. [ 編集]

「ちゃんと全部同じ世界にあって、つながっているんだー・・」

うんうん。
そうだよね。
そうだ。そうなんだ。

「自分は何に気持ちいいと思ったり、違和感を感じたりしてるのか・・・
ひとつひとつ、確かめていきたいです。」

私も同じくです。


ゆっこさんといると、気持ちがゆったりして、普段ボーっと考えていることがバタバタしている実生活の隙間隙間に入ってきてホッとする。

セロリのこと、残念。
さびしいねぇ。

私も、山谷で仲の良かったおっちゃんがつい最近亡くなったとさっき、聞きました。

今日は、命の大切さを想って眠りたいと思います。







  1. 2007/02/09(金) 23:10:10 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

こんにちわ!免許とれましたか?乗れますか?

といっても遅くになりますが、前は見苦しい文章を書き込みました。すいません。あれも僕やし。あれがぼくなのかもしれません。変にかっこつけたり、大きく見せないとあかん、『~ねばならない』みたいになってしまうとこが自分でも嫌ですが!!おゆるしをって感じです。
山形も凄いええとこですね!18切符が20周年で二十日発売の分はいつもより3、4000円安いそうです。学生最後のトリップも良いんではないですか!僕は、島根の温泉地にでも足伸ばして、ユースに泊まってフラフラしようかなと思ってます。山形良い感じの写真が並んでますが、遠すぎます。東北には死ぬまでいけないかもしれません・・・。最近グーグルマップにはまってます。家にいながらにして遠隔地にトリップした気分になりながら『ボッ~』とするのがええです。

最近バイトを始めましたオリザに行っていろいろな人と話していい動くきっかけになりました。しかも、食わず嫌いじゃないけど動いたらなんだ自分にも出来そうな感じがするじゃないかと気づくことが多々あります。傷つくこと恐れてたら何も出来ないというかんじですね。これから自分に何が出来るかなと今考えてます。もちろん、今の状態から抜けていくことも考えてかなあかんです。最近は潰れてた琉球三味線を直してバリバリ弾いてます。まだ、自己満ですけど、いつか皆に披露したいな!クレハさん沖縄すきそうやし。今は、結構長い曲、黒島口説(くるしまくどぅち)に挑戦してます。マニアックな話になりますが…、ただ唄がまだ下手です。うまなったら、是非聴いてもらいたいです!!
子猫なくなりましたか!僕がいた時は元気に見えましたが、生きてることってほんまに儚いものですね。なんのために毎日おるんだろ?もう、生活投げたいと頻繁に思う生活してましたが、結局自分が日常に意味を持たしてないだけとというか一日一日が雑に無意味に過ぎてる感じに自分でしてるだけやと思いました。
 
  1. 2007/02/11(日) 03:11:13 |
  2. URL |
  3. maru #-
  4. [ 編集]

↑編集が出来ないんですが?なぜですか?

 ★「車庫入れ」だけはちゃんとしないと運転に慣れてもぶつけるので要注意ですよ!次、もし織座行ったらミッション車を運転するモリキがいるということですね少し怖そうですね…(・・)
かなり吐き出したのを「受け止めて」くれてありがとうね。受け止めてくれるヒトが欲しくて勝手ながらオリザにお邪魔したよ。でも、それがなかったらまだまだ家にこもってたと思うから皆に感謝します。お家は軽いバトルはあるけど今は自分をコントロールできるの。これも、ありがたいよ。悲劇のヒロインから卒業しますわ!
どんどん動く~~

今度ネパールから友人が来ます。保証人とかほざいてましたが断って、泊まりだけ引き受けました。『保証人』てなんなんかな?それがないと入国できないのんのかな?そういうの知ってる?サイトには『関わるな、絶対なるな』『逃げたら罪に問われる』みたいに書いてたけど、信じたいけど、なりたくもないし。また、なにかインドねたも教えてください!個人的にいろいろ聞きたいなあ 

  1. 2007/02/11(日) 03:43:33 |
  2. URL |
  3. maru #wd5CM6eA
  4. [ 編集]

maruさん、いっぱい書いたねぇ~。
しかも時間が遅いよ!ちゃんと夜は寝てね。
・・って私もか。

編集は、たまにできないときがある。コメントで訂正するなりすれば大丈夫。言ってもらえば削除することもできます。

ええと、免許は無事とれました!
初運転は3月に沖縄に行ったときかなぁ。我が家には車はないので。

グーグルマップ、はまるとはまるよね。
しかし、私はなるべくパソコン離れをしようと試みているのでやりません。
やり始めると目と肩が悲鳴をあげるまで気づかない気がするし。

三線とうちなぁの唄、今度ぜひ聞かせてください。
最近は、アイヌ音楽を家で流してるけど、琉球音楽もとっても心地よくて好きです。
エイサーやりたいけど、やっぱり地元の子には雰囲気からしてかなわないので、私は東京音頭を極めます。

インドの話、しましょう。

ちなみに15日は、百万遍の手作り市に遊びに行くため、massunと京都にいるよ。
  1. 2007/02/14(水) 01:23:46 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/208-75cb4edb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。