ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「とうきょうとっきょきょかきょく」と遺伝子組み換え


サンタさんからのプレゼント(現金)で髪を切りました。
前日に「サンタさん来るかな~♪」とは言ってみるもんですね。

みなさん、タイトルはかまずに言えましたか?
ちなみに、東京特許許可局は存在しません。
特許権を与えるのは特許庁のみです。
というのは、有名な話でしょうか。

では今日はまだ多くの人に知られていないであろう、
ある特許のお話をしましょう。
(パチパチ。拍手)

先日、ブログでも宣伝した
日本有機農業研究会・青年部主催の「食の未来」の上映会には、
kurehaを含め40名弱の方が参加してくれました。
ありがとうございました。

その後の忘年会では、これから有機農業を始めたいとおっしゃる方が思いのほか多く、とても勇気づけられました。

しかし、
そんな小さな光や希望も、これからどうなってしまうのか・・・
と思わせたのが「食の未来」のDVDと、講師の方のお話。

う~ん。

書くのに気合がいるなぁ。

読むのにも気合がいるかもしれませんが、
以下、休み休み読んで下さい。


遺伝子組み換え作物=GM(Genetically Modified)作物
は、その名の通り遺伝子を組み換えてある作物です。

例えば、寒さに強い魚であるヒラメの遺伝子をトマトに組み込みます。
すると、低温に強いGMトマトが出来ます。
めでたしめでたし。

もう少し例を出します。

害虫を殺す毒を持つ微生物の遺伝子を、
トウモロコシの細胞に注入します。
名付けて殺虫トウモロコシ!
これで、トウモロコシを食べた害虫たちは死にます。
農薬を大量に撒かなくてもトウモロコシを害虫の被害から守れます♪
環境配慮型の農業ですね♪

これら素晴らしいGM作物の最大の輸入国は我が国日本であります!


はぁ・・・。
とまぁ明るく書かないとやってられないお話なのでふざけたノリで書いていますが、
そろそろ怒られそうなのでまじめに書きます。

先程例に出した殺虫トウモロコシですが、
Btトウモロコシと言って、それ自体が殺虫剤として登録されています。

この他にも、
ターミネーターといって(映画の話ではなく)、
農作物が自らの種子を自滅させるように設計する技術があり、
その自殺種子は一代限りで自殺するようになっています。

また、トレーターテクノロジーというのもあります。
種子が持っている様々な遺伝子(例えば成長する働きをもつ遺伝子など)が働かないようにブロックを仕込んでおき、
このブロックを外すため特定の薬品をかけなくてはならない種子があるのです。
つまり、農薬とセットで買わなければいけない種子です。

これらの種子は、
もちろん今まではなかった新しい種子です。

これを研究・開発した人々がもちろんいるわけです。

そして・・・、
タイトルにもありましたが(やっとここで登場)、
特許です。
アメリカは、これらGMなどの新しい種に特許を与えたのです。


種子の私有化、特許化・・・。


実話ですけど、


Aさんの畑でまいたGM特許をとった種が成長し、その種が風や虫たちに運ばれて、
やがてBさんの畑に落ちて、芽を出しました。

すると、その種の特許をもつ会社の人がBさんの畑にやってきて、
「君の畑には私の会社の作物が生えているではないか!
特許侵害で訴えてやる!」
といいました。

Bさんは裁判に負け、多額の損害賠償金を支払いました。完



アメリカだけで現在100件の訴訟が進行中です。

だんだん書くのが嫌になってきましたね。


ここまで書いてきて、わかったと思いますが、
そう、つまり、金(かね)です。

アメリカのある会社は、GM作物以外の種子、つまり特許種子以外のすべての種子を排除し、
市場を支配しようとしています。

しかし、
これは単にお金だけの問題ではありません。

ということを最初から言いたかったのですが・・・。

種子特許は生命特許、つまり、地球上の生命体を個人が所有すること。
種が落ち、成長し、種となり風にのって根をおろし・・・という自然の行為を、
人間が利用できるということ。

さらにGM作物は、自然界ではありえなかった「種の壁」を乗り越えています。
ここでいう「種」とは、
虫だったり植物だったり魚だったり動物だったり。
人間は人間と、魚は魚と、という当たり前だった自然の法則を無視しました。

生命を所有する恐さ。

自然界のものを貨幣経済に組み込む人間の傲慢さ。

さて、

一般の消費者が一番気になるであろう、
GM作物の安全性のお話をそろそろします。

私は正直安全性なんてGM作物の問題の中では最後の方で考える問題だと思っていて、
それよりも自然界のものを支配しようとしている人間という愚かな生き物の存在を自然界の他の生き物たちに必死で謝りたい気持ちでいっぱいで、
自然界のものを所有しようとする人間がいることを非常に恥ずかしく思い、地球に土下座したいところですが、
結局人間は自分のことしか考えませんので、
安全性について最後説明しておきます。(皮肉っぽくてごめんなさい)

こういう動物実験の時に良く使われてしまうラットでの実験では、
GMジャガイモを食べたラットに成長の遅れがみられたり、
免疫機能の低下がみられたり、
GM大豆を食べたお母さんラットと普通の大豆を食べたお父さんラットの間に生まれた子供の半分以上が死んだりしています。

でも、産業界が大学にGM作物研究の研究費が下りないように仕掛け、
GMについての実験結果をテレビで公表したアメリカのある教授がその2日後に停職処分を受けたりしています。

つまり、安全性の研究は進みっこない、ということです。

ということで、自分の身体は自分で守らなきゃいけません。

自然の摂理にそった思考回路に戻してみれば、
どういう食べ物を食べたら良いかわかるはずです。

GM作物を自ら食べてもいいと思う人間が、一体どれだけいるでしょう。

日本ではGM作物の表示を求める約200万人の署名など、大きな市民運動が展開されました。

そして現在は、
大豆、トウモロコシ、ジャガイモの加工品の一部に表示が義務化されています。
しかし、GM作物を原料とする飼料、
醤油や油にはいまだ表示がありません。

また、
表示対象の加工食品でも、
材料に占める重量の割合が上位3位までのもので、
かつ原材料に占める重量の割合が5%以上のものにしか表示義務はありません。


ふぅ。

長い長い、講義のような文章を最後まで読んでくれた皆さん、
ありがとうございました。

明日から商品としての作物を選ぶのは、あなたです。

作物を商品としてではなく、
生命や人とのつながりとしていただきたいという方は、
有機農業など、地球のリズムにそった農業について少しでもお勉強なさってみることをおすすめします。

また、今日のブログの資料にさせていただいた「食の未来」のテキスト(400円)が欲しい!という方は、私か、
日本有機農業研究会(tel:03-3818-3078)まで連絡下さい。

スポンサーサイト
  1. 2006/12/26(火) 01:38:24|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<私達の夜明け【加筆ver.】 | ホーム | わかりやすさを好むあなたへ>>

コメント

マジショックで泣きそうです。
俺も一緒に謝りたい。
地面を掘ってそこに頭突っ込んで謝りたい。
でも、きっとそれだけじゃダメなんだろうね・・・。
  1. 2006/12/29(金) 09:14:11 |
  2. URL |
  3. ただす #-
  4. [ 編集]

遺伝子組み換えの話じゃないけど

アメリカで大変なことが!クローン食品が出回ってしまう~
  1. 2006/12/30(土) 17:11:42 |
  2. URL |
  3. takeda #-
  4. [ 編集]

土に生きて

私がみかん農家になって、もう2年がたとうとしています。

 私の仕事は単純です。

木になったみかんを採って、売ること。

 だから、農薬も使いたくないし、化学肥料も使いたくないのです。

 それでも、ガソリンを使い、ダンボールなどの資材を必要とし、消費者に届けるための運送も必須です。

 一概に文明の利器を否定できないわけですが、仕事は楽しいし、環境に配慮した生き方を、これからも模索してゆこうと考えています。

 では、よいお年を!!

  アベッカム
  1. 2006/12/30(土) 22:40:21 |
  2. URL |
  3. アベッカム #-
  4. [ 編集]

良いお年を!

ただすへ
地面に頭を突っ込んで謝りたいとは、一枚上手だなぁ。
でも、本当にそうだね。
ショックで泣きそうだけど、この問題は消費者の私達が変われば何とかなるはず!
2007年もよろしくね☆

せいちゃんへ
クローン食品の話も、本当に恐いね。
これからどんどん、考えもしなかったような不自然な食品が次々と出てくるかも・・・。
また、色々と情報を教えて下さい。
あーぷーと良い年越しをむかえてね☆

アベッカムへ
みかん、美味しくいただいています。
本当においしい!感謝です。
ひとつひとつ形の違うみかんが、とても愛しいです☆
来年もよろしくお願いします。











  1. 2006/12/31(日) 22:42:55 |
  2. URL |
  3. massun #-
  4. [ 編集]

GM祭り!!

ですか・・・日々毒を食らう気分は無意識。知らないということはこわいですね。こんにちは。お邪魔します。まだ、いろいろ読んでないですが、時間見つけて読んでみます。
 遺伝子組み換えのことなどを書いた文章を読みました。知らないことばかりでした・・・。知らぬがなんとかとかいいますが・・・、日本は世界に誇る遺伝子作物大国でしたか?ふー。毎食毒を取っていましたか!ふぉ~。動物レベルではかなりおぞましい結果が出ているんですね・・・人間が被害にあった事例は報告されているのでしょうか!?まだ危険性は未知数ということでしょうか!?
 かくゆう僕は有機野菜と農園から離れてから、また添加物まみれの食事に囲まれています。・・・すいません。(汗)改善の努力の余地がありますね。・・・ ラーメンは無添加玄米ラーメンを頂きましたが、最近カップヌードルも食べたりなんかして。容器が危ういみたいな話をどっかで聞きましたが、このままでは、ホルモンとのダブルパンチになりそうです。

 本当に、あらゆるとこでアメリカが活躍していますね。(・苦・)
以前、テレビでペルーに自生しているマカというやつもアメリカ企業の特許の餌食になっていました。地元民が憤慨している映像が流れていました。鉄道もイギリスが入って来て利益をごっそり持っていっているみたいなことが新聞に書いていました。ボリビアの話も新聞に載ってましたが、鉱山の採掘権をスペインなどの石油会社が握っていて?握ろうとして?大統領が外資は受け入れないと言って憤慨している記事を見ました。先進国が豊かってそういう途上国の資源を貪り食っているということなんでしょうか?今は世界地図で『都市』『農村』の均衡が崩れどんどん『都市国家』が増殖して『農村』の役割を果たす場所が減ってきているようです。人口爆発の問題があるのに食料を供給する『世界の農村国』がどんどん減って来ているという問題があるといつか授業でしました。どっかが潤うと、どっかが犠牲を強いられているんでしょうか?日本も世界中でこういうことしているんでしょうかね?僕は、そういうことを何も知りません。こんな状況があるって今まであまり真剣に考えたことなどありませんでした。(恥)

かなり、話が脱線しました。すいません。
また、農業の話も聞きたいです!!少しずつかじりながら自分は日々どんな食事して生きているのかも知りたいです。すこしずつ知っていかないと!(汗)
時間見つけてまた来ます!!

ちなみに東京特許許可局はいえましたょ。
v(・台・)~ぃえぃ
  1. 2007/01/21(日) 00:56:17 |
  2. URL |
  3. maru #wd5CM6eA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/204-3806ac62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。