ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地球人としての問い

今日、湯船に浸かっているとき、地球を感じた。

この夏、徳島の木頭村で那賀川を泳いでいるとき、地球を感じた。

沖縄の恩納村で海に浮いていたとき、地球を感じた。

織座農園のすぐそこの水源からひいている水を飲んだとき、地球を感じた。


私にとって、水は自然の声を聴かせてくれる大切な存在。

どんなに東京で忙しい日々を送っていても、水だけは私に語りかけてくれた。


だから、今、地球によって、世界によって、自然によって、私が、私の周りの大切な人たちが生かされていることを感じることができる。

どんなにコンクリートで固められた土地で、貨幣経済にどっぷり浸かった生活をしていても、自分が今ここに生きていることを、自然に感謝する気持ちを持っていられる。
その気持ちによって、地に足をつけて歩く決心が生まれる。


でも、誤解を恐れずに言うと、私は、自然が怖い。

自然のサイクルのほんの一部でしかない私たち人間が、私自身が怖い。
私たちの思考停止(=無関心)と麻痺が、私たち自身の生を壊していく。


その虞が、今日、小さな本当に小さな希望へと向きを変えた。

正木高志さんの話を改めて聴いて、30年後、50年後の、日本の、地球の未来が、明るいものになると想像してもいいんだと思えた。

正木さんの話は、決して楽観的でもただ前向きなだけでもない。
何が違うんだろう?
本質が、世界を見る視点が違う。

自分が地球人だという感覚。


地球は、生命保険なんて入ってないんだよ。

ふとしたときのその言葉が、ぐわっと入ってきた。


なんだよ、そうじゃん。
違和感あったんだよなぁ。


はは。私もまだまだだな。

なぁんて。


人間て紙粘土みたいだ。

ただ、人間紙粘土は、ただ固めて、色をつけて、ニスをつけて飾ることがゴールじゃない。

人間紙粘土は、色も毎日塗り重ねていけるし、その度に水を加えて形を自由に変えることができる。

もぎとること、つぎ足すこと、色をつけること、水を加えること、形を変えること・・・人間の心もあなたの心も私の心も、決して固めることがゴールじゃない。

生きている限り、想像し、創造し続けることができる生きものに生まれてきたことを、心から喜ぼう。

そして、その特性を生かし、これまでの人間たちがしてきたことから学んで、自然のサイクルの一部にいることを感じながら、できることをしていこう。

東京の中じゃ、最も人間くさいだろう山谷で、人間中心の世界からはねられた人たちとかかわりながら。

山谷で暮らす彼らが、
私たち若い衆が、
障害者が、
女が、
高齢者が、
子どもが、
HIV/AIDSと共に生きる人たちが、
難民が、
在日が、
農民が・・・
少しでも今の自分の生と世界とのつながりに問いを投げかけている人全てが、この世界をひっくり返すと私は信じている。
20061116115818.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/12/02(土) 22:05:06|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<コンセント | ホーム | 12月も一歩一歩>>

コメント

この地球で今を生きよう

手作りの九条の9ありがとう!糸で縫って、安全ピンを付けて服に飾ろうと思います。
正直私はまだ東京で自然とのつながりを保っていられない。すぐにバテてしまうよ(;_;)まだまだや。
最近になってようやく、自然と離されて、経済も市民も自然もボロボロになった地元のことを考えるようになりました。家族を子供を市民を私を地球を苦しめる私たち自身の生の有り様が、見えかけてきました(まだまだですが)。massun、kurehaをはじめ、出会いときっかけをもたらしてくれた上京してから出会った仲間に感謝しています。自分が一番自然とつながっていられる土地で一から頑張ろうと思います。正木さんの歌のように、心の裏を磨いて、今を生きたい!
マラソン頑張ってね!
  1. 2006/12/03(日) 01:02:55 |
  2. URL |
  3. ゆっこ #-
  4. [ 編集]

初カキコです♪

人間の心もあなたの心も私の心も、決して固めることがゴールじゃない。に共感です。
なんだか、つい、固めてゴールして、はい安心ってものを求めてしまうんですょね。そういう弱い気持ちがきっと、人間崇拝を生んだのかなぁなんて、今ぼんやり思います。
ひらめの自分を意識しつつ
世界をひっくりかえす希望を信じたいです。
これからもよろしくお願いします☆
  1. 2006/12/04(月) 01:35:05 |
  2. URL |
  3. かおりん #-
  4. [ 編集]

二人ともありがとう。

一緒にあの空間を共有できたこと、嬉しく思います。
massunにも感謝だな。

>ゆっこ
マラソン、完走しました!
最終ランナーだったけどね。
いやぁ、いい経験をした。びりっけつなんて初めて。w
景色も素敵だったし、みんなで走れてMATSUに感謝だ。

ゆっこが地元に、そこで暮らす人たちに向き合おうとしているのは、羨ましくもあります。お互い、お互いの居るところで葛藤して、思考し続けて、動いていこうね。ゆっこの存在が私を支える柱の一つです。


>かおりん
神道について学びたいなと今更思います。

弱い気持ちでもいいんだよね。
それに向き合えるかどうか。
人間一人一人は弱い生きもの。
っていうか、強く在る必要はない。


もはや
いかなる権威にも椅りかかりたくない
ながく生きて
心底学んだのはそれぐらい
じぶんの耳目
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不都合のことやある
椅りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ

(茨木のり子さんの詩集「椅りかからず」より )
  1. 2006/12/04(月) 01:52:36 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

とても興味深かったです。
ブログで告知してくれたお二人、企画された
学生の皆様、どうもありがとうございました。
貸してもらった本、少しずつでも読んでいこうと
思ってます。
それと、massunさんとは初対面なのに
帰り際に挨拶も出来ずすいません。
これからもよろしくお願いします。

  1. 2006/12/04(月) 15:32:17 |
  2. URL |
  3. nara #-
  4. [ 編集]

ありがとう☆

マイサの講演会についてコメントしてくれた方々、
そしてkureha、
どうもありがとうございます☆
感想を直接話せたら素敵だな~☆
いつか話しましょう^^

naraさん、こちらこそ挨拶出来ずにすみませんでした。
来てくれて嬉しかったです。
ありがとうございました。
これからもちょくちょくコメント下さいね☆
  1. 2006/12/05(火) 22:20:24 |
  2. URL |
  3. massun #-
  4. [ 編集]

水からの伝言

こんにちは、折に触れて時々このブログにお邪魔させてもらっています。

正木高志さんのトークライブは本当に行きたかったけど、ご存知のとうり
南半球の在住ゆえ・・・

ところで、kurehaちゃん「水からの伝言」というタイトルの絵本をしっていますか?今回のエッセイを読んで、僕が思い出したのはこの絵本のこと。
水に色々な言葉(それはすなわち波動ということ)や音楽を聞かせ、
結晶化したものを顕微鏡写真に収めてあるものです。
PDFで英語版がDL出来たかと思うので、よかったら探してみて下さい。
水に起こること、それは全ての命あるものにも起こることです。

これからもこの2人のブログ、楽しみにしています。
  1. 2006/12/13(水) 11:17:12 |
  2. URL |
  3. 遊介 #-
  4. [ 編集]

遊介さん、こんにちは。

「水からの伝言」
どこかで読んでいましたが、改めて読みました。
http://i-wlf.org/book.htm

水は わたしたちの お母さん
わたしたちは お水


お風呂で流す水、お皿を洗うときに流す水、トイレの水、野菜を洗うときの水、いつの間にkペットボトルのパッケージにしまわれて買うことが当たり前になってしまった水・・

そんな水たちは、みんな、わたしたち自身。

そう考えたとき、暮らし方への意識も変わるんじゃないか。
変わってほしい。


絵本の作家もそういう希望を抱いているんでしょうか。


正木さんが、「わたしたちの身体はすべて食べものからできている」と言ったことが、私には衝撃的でした。

恥ずかしながら、そのとおりだと。

そして、食べものも水あってこそ。

水そのもの。

水って、不思議ですね。

人間ってちっぽけですね。




  1. 2006/12/14(木) 14:46:46 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/200-202fd7f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。