ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ごちゃまぜだけど

今日、初雪に降られた。

群馬県長野原町。

ダムの底に沈む村として、53年間という長い間、そこで暮らす人々は悩み苦しみ、バラバラになり、未だに悔やし涙を流している。


反対派の民宿の女将は、自作の詩集に「ふるさとは今」というメッセージを添えて私に渡してくれた。

「戦争で負けたみたい・・」と私たちの前で話してくれたその言葉はとても重く、悲しかった。

彼女は何度か歯を食いしばりながら、詩を読んでくれた。

うまい水

幼い頃 薄暗い台所の隅に
大きな水瓶が 一つあった
夏の暑い日 柄杓で飲む一杯の水はとてもうまかった

川から 子供はバケツで水を運び
女は桶の水を天秤で担いだ
川で洗濯する人
大根を洗う人
井戸端会議もはじまった

戦争が終わって 何年か過ぎて
川から竹樋で水が来るようになった
大雨が降ると すぐに水は止まった
父がシベリアから帰ってきた年
水道となった
革命
蛇口を何度も何度もひねってみた

このうまい水を飲みに
娘は 東京から 帰ってくる
「このお茶は うまいねー」と
旅人は言う
「水が うまいんだよ」と
答える

左側に 小さな大沢川
目の前に 大きな吾妻川
川の音が私は好きだ
眠れぬ夜は語りかけてくれる
眠るときは子守唄に聞こえる

この うまい水
この川がダムになることが決まった
今 私は住むところを追われようとしている
憤りは消え
川を眺めながら
ボーっとしている

豊田政子著「ダムに沈む村」より



ダム反対!と叫ぶと、おかしな人だと噂される。
だから、彼女はできる限りの想いを、詩にぶつけた。

長野原町が沈んでしまう予定の八ッ場ダムは、利根川を通り、東京、埼玉、千葉という都市部に、もちろん私の住む練馬に、そしてmassunの住む千葉市にも水を送る。
私たちは、今でも十分すぎる水を使っているのに知らないところでたくさんの人を苦しめている。

私は、今回、八ッ場ダムを考える会主催の計画地見学ツアーに飛び入り参加した。
ツアーのメンバーには中学生から社会人まで年齢層も広く、色んな活動をしている人たちが集まった。

ダム問題だけじゃなく、食や農業について、伝統文化、戦争について、ジャーナリズムなどなど多種多様でおもしろかった。

そこでもらった情報と、私が来週行こうと思っている映画祭などのイベント紹介をしたいと思う。

南京証言集会 フォーラム
11月18日(土)
「靖国神社に異議あり」 講師:樋口篤三
場所 こんぴら会館(最寄り駅:三田線水道橋駅A1出口)
時間 14~17時 
参加費 500円

12月16日(土)
生存者証言:蘇国宝
研究報告:載袁支
場所 神奈川県民センター(最寄り駅:JR横浜駅西口)
時間 18~21時
参加費 一般1000円 学生500円

12月17日(日)
生存者証言・研究報告:同上
講演:粟屋憲太郎
「東京裁判から見える侵略・南京」
場所 カメリアプラザ(JR総務船亀戸駅北口)
時間 13時半~17時
資料代 一般1000円 学生500円


さらば戦争!映画祭
11月18日(土)
場所:発明会館
http://hatsumeikaikan.com/page003.html
時間 9時半開場~20時
チケット:前売り券2000円 当日券2500円
     中学生以下無料!途中入退場可
上映作品:
「Marines Go Home」 【監督 藤本幸久 2005年】
「アンゼラスの鐘」    【監督 有原誠治 2005年】
「蟻の兵隊」     【監督 池谷 薫 2005年】
「ディア・ピョンヤン」
  【監督 梁 英姫(ヤン・ヨンヒ) 2005年】
梁英姫監督のトークショー決定!



天狗フェスティバル~やま・かわ・うみ・そらをつないで~
11月23日(木・祝)10:00-16:00 雨天決行
場所 新宿御苑 100周年パビリオン前芝生広場 (御苑入園料200円)
詳細 新宿御苑ホームページ [http://www.shinjukugyoen.go.jp/]

MAIN STAGE
●GOCOO(12:00~)
自由な感性で打ち踊る和太鼓バンド。太鼓は自作。海外公演も多数。タヲ太皷道場、こども向け太鼓道場、ワークショップの開催など、誰でもいつでも太鼓を打ちに来れる場を提供している。

●渋さ知らズ(14:00~)
音楽のジャンルを問わず、圧倒的な人気を誇る大編成オーケストラ。 ジャズ、ロック、ブルース、歌謡曲、ダンス、芝居などなど、日本大衆音楽の最先端と最底辺がここにある。

PEACE SMILE STAGE&WORKSHOP
ピースマイルステージ&おんらく広場
アイヌや沖縄、アフリカ+α。歌と踊り、楽器体験もあるよ。 
出演:居壁 太、豊岡 マサシ、小向 サダムKAZZ、BAKU、
   ムビラジャカナカ、旅心音楽団、スズキキヨシ、タカタカほか(10:00~)

ORGANIC SHOPS/ECO GOODSなどなど

主催/天狗フェスティバル実行委員会[www.savetakao.com]


ちなみに、23日は、友人たちが取り組んでいる日・朝友好ネットワークの集まりがあるので、私はそっちに行く予定。天狗フェスティバルには、今日行ってきた八ッ場ダムにかかわっている人たちも出店するということなので、時間のある人は、のぞきに行ってみてほしい。

色々ごちゃまぜ紹介ついでに、宮崎の「生活の森」での風景とコメントものっけちゃお。

生活の森は、大学の先輩がこの4月にだんなさまと一緒にはじめた自然農の暮らしを実践して色んな人(どんな人でも)を受け入れているところ。


これは、もち米を蒸し器で炊いてタイの農村の主食、カオニャオ風にして食べたときの写真。
七輪で炊いたからなかなか火加減が難しかった。
でも、初カオニャオうまかった!

20061105011007.jpg
手作りブロック釜。一日の始まりは、釜に火をつけるところからはじまる。ライターやマッチなしで火を起こせるようになりたいもんだ。

20061105011232.jpg
なんの畑でしょう?
答えは、大根です。除草せず、肥料もあげずで、虫に食われ放題。
でも、きっと元気な子に成長していること間違いなし!

20061105011310.jpg
セイタカアワダチソウ。
ありとあらゆるところにある外来種のつよ~い雑草。
でも、実はこの子、乾燥させると入浴剤に使えるそうな。解毒作用があるということで、アトピーなどに効果があるらしい・・。ということで、おすそわけしてもらっちゃいました。

20061105011150.jpg
夜のバーベキュー。スターオブデイビッドという品種のオクラに惚れ、種をもらってきました。どこに植えよう。。
massunも私も今年3度目のしし肉をいただいてしまいました。しかも七輪でまだ毛のついた皮部分を焼いて、肉の部分は、汁にして翌日の朝ごはんに・・。
20061105011018.jpg


生活の森では、ほとんどモノを所有しないし、購入しない。
よりたくさんの人が、こんな生活が実践できたら、ダムだって、原発だって、戦争だってなくなってくはず・・。それを使う人、そこで働く人、そこに参加する人がいなければ、それらを必要としない生き方を一人一人が選べば、それらはなくなる。
20061105011039.jpg
バスで熊本、宮崎、長崎、大阪とまわった先月。出会った人みんなに感謝。出会った人みんなから、食べたものから、空気から、水から、風から、大地からもらったパワーを活力に、また自分の生活の中でできること探していきたいと思います。


ごちゃまぜだけど、みんなつながってる。
そんなまとめで許されるんでしょうか?

だって、そうでしょ。

みんなつながってるんだって。


スポンサーサイト
  1. 2006/11/13(月) 01:19:30|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<やんばダム | ホーム | 祭り>>

コメント

はじめまして。  クレハとマッスン(←いきなり呼び捨てでごめんなさい・・。)
『日常生活に感謝する』ブログから来ました。(生活の森の方とは面識ないのですけどね・・。)
毎日少しずつ去年の7月から読んでいてまだ今年の分まで読んでいないんだけど、暖かくて、繋がっていそうで、懐かしくて・・・。 なんかコメントしちゃいました。
フットワークが軽くて、一生懸命で、人との繋がりを大切にする。 そんなクレハとマッスンのブログを読んでいて、私もいい刺激をもらえるし、共感したり、今の自分を考え直したりしています。
クレハとマッスンは私のことを知らないけど、このブログを読んでいたら、二人がとても近い存在でいるような感覚になってしまいます・・。 これからも読ませてもらいますね。 
このブログに出会えてよかったです。             北海道北見より  ユキ
  1. 2006/11/13(月) 22:48:46 |
  2. URL |
  3. yuki #-
  4. [ 編集]

感謝

ユキさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
たまに、一度しか会ったことのない方などから読んでるよ~なんてメールをもらったりしてたけど、コメントをもらうと格別に嬉しいです。

やっぱり伝える手段としては、会って顔を見て話をするのが一番だって思うけど、こんな風にちょっとずつ輪が広がることはありがたい。
インターネット社会も捨てたもんじゃないかもしれないですね。
使い方だけ選ぶことができれば。

いつか会えたらいいなと思います。
会いに行きます。

ありがとう。
  1. 2006/11/14(火) 17:45:37 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

川原湯温泉

愛媛に来る前は、長野原町におりました。

温泉列車の異名を持つ吾妻線伝いに、温泉三昧の日々でした。

吾妻渓谷の紅葉を見て、北原白秋のまねをして、こう詠みました。

 「吾妻の渓谷に入りて 落ち葉の音と香りに酔う

 吾妻は美しかりけり 吾妻は美しかりけり」



 
  1. 2006/11/16(木) 18:30:28 |
  2. URL |
  3. アベッカム #-
  4. [ 編集]

アベッカムさん、長野原に居たんですか・・・。

あらあらあら。

これは、みかんを狩りに行きがてら川原湯の話もしなければならないのかしら。

ダムをつくらずに済んで、いつか一緒に美しい吾妻の紅葉を眺めたいですね。
  1. 2006/11/17(金) 12:17:44 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

おお~。是非!是非!
色々話を聞かせてほしい!
楽しみにしています!
  1. 2006/11/20(月) 08:34:36 |
  2. URL |
  3. yuki #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/195-51aab270
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。