ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Imagineの先へ

最近、A.I.のアルバムをよく聴いている。

What's goin' on.  今何ができる?
I wanna know.   今何が見える?
What's goin' on.  今何を信じる?

What's goin' on.  今何を愛する?
I wanna know.   今何を信じる?
What's goin' on.  今何を想う?

I wanna know!!

もしも誰かが 困っていたなら あなたが今 気づいてあげられる
ほんの一言 かけるだけで 何かが 変わるかもしれない

Listen to your heart. Open up your heart.
一人一人の力で 変えていける この世界を
もっと もっと 
to a wonderful world!!!

人の感情も考え方も みんな違うけど
We gotta respect each other.
ほんの少しだけ 想い合うだけで 何かが変わるかもしれない



今日はmassunとジョン・レノンスーパーライブに行ってきた。
オノ・ヨーコが毎年開催しているチャリティコンサートだ。
ジョン・レノンの音楽が好きなアーティストや、今人気のあるアーティストが集って、ジョンの曲を歌う。
チケットの売り上げでアジア・アフリカ諸国に学校を建てているというような趣旨のコンサートだ。

私は、毎年このライブのテレビ放映を、クリスマスやお正月で世の中がカラフルなもので溢れているときに寂しく1人で見ている。

たまたまこの間、ブログで紹介したイマジンの新訳を載せた本の中にチラシが入っていたので、今年は生で聴いてみようと思ってmassunを誘ったのだ。
最近、活動を復帰したCoccoの歌が聴けることを餌にして。


私とオノ・ヨーコ、ジョン・レノン夫妻の間には不思議な関係がある。
と言ったら、間違ってるか。
まぁ、私の一方的な思い込みなんだけど・・


現在、都営団地の我が家はモノでごったがえしている。
そんな我が家も、私が小さかった頃は、そこまでモノがある家ではなかった。
そう記憶している。
その我が家の台所に畳一畳分くらい(もうちょっと大きいかな)のオノ・ヨーコ、ジョン・レノン夫妻の写真がボードにしっかりと貼られて飾られている。
母が若い頃に持っていたものだ。
家に遊びに来た際は、ぜひ見ていってくださいな。

私は、物心がつくまで、その時期がいつか定かじゃないけど、少なくとも小学校高学年になるまで、その写真がうちの両親の昔々の写真だと思っていた。

うちの両親は、昔、劇団にいて、父はロングヘアで髭をたくわえ、痩せて(これは今もだけど)、そのとき流行ったのだろう丸い縁の眼鏡をかけていた。
母は、一度も染めたことのない多めの黒髪を揺らして目の力が強い人だった。

そんなわけで、私にとってオノ・ヨーコとジョン・レノンは私の両親の偽者なのだ。



まぁ、そんな話はどうでもよくって・・

ライブの話だ。


ライブがほんとに素敵で感動したなら、そんな私の不思議な幼少時代の思い出話なんてしないんだよね。


武道館の半分くらいの客席いっぱい、何人入っていたのかはわからないけど、あんなに大人数でImagineを歌えたことは意味がある・・あってほしい・・けど、なんだか、参加したアーティストも客席のピープルも目的意識が浅い・・というか、今流行のあやふや?!
今、自分がそこに居ることの自覚がないような感じ。

みんなで創りあげる、共有するという感覚があまり得られず、というか、築けず、残念だった。

でも、やっぱり小さいイベントを、大切に少しずつやっていくことが大事だと確認できたこと、大きいイベントをやるときの心構えを学べたことはよかったかな。

12月には、舞茶の平和のイベントがあるしね。
2月には、ピースウォークやるしね。

今、やらないで、いつ動くのか。

20061105011221.jpg
長崎の爆心地近くに手向けられていた千羽鶴。

これを折った一人一人が、自分の今の暮らしの中で、戦争が起きないように具体的な何かをしているだろうか。

私には、そこまでの想像力が今の日本人にあるとは思えない。
というか、きっとみんな持っているのにどこかにしまっているのだ。
もっと活かそうよ。自分の潜在能力。


日本で暮らす誰もに届くよう、私は叫び続けたい。

War is over If you want it.
Say! Power to the people!!
 


Imagineは大事だけど、もうそんなにノロノロしていられない。

私たちの無自覚な日々が、地球を汚し、生物の循環を壊し、もうすぐで私たち人間に、この破壊を止められる唯一の生物である私たち人間に、私たちが思ってもみなかった形で襲い掛かってこようとしている。

それを断つには、Imagineの一歩、二歩、三歩先へ進まなきゃいけない。


今、森達也さんの「世界が完全に思考停止する前に」を読んでいる。

私から見れば、日本は、もうほとんどの人が思考停止状態だ。
まぁ、前に書いたように私がおかしいのなら別だけど。

でも、私は、今、その状態なだけで、人間は息をしている限り、可能性があると思っている。

まだ間に合う。

思考を、自らの生を、自然のリズムを、取り戻そう。





 
スポンサーサイト
  1. 2006/11/05(日) 01:09:01|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<祭り | ホーム | リズム>>

コメント

今日、名言集なるものを見ていて見つけた言葉。
「現状維持では交代していく一方だ」
・・・つまり前へすすめってことだよね。

今何ができる?
信じて動くこと、それだけ。
  1. 2006/11/05(日) 02:55:52 |
  2. URL |
  3. tadasu #-
  4. [ 編集]

信じて動く。

これができることは、大きな一歩だと思う。

何を信じるかは、まず自分を信じることから始まる気がする。
  1. 2006/11/13(月) 01:28:49 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/193-c97e794a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。