ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地球を楽に

地球にごめんなさい
TS290502.jpg


じゃなくて、ゼミ合宿で最終日、天橋立を見に行った時の写真。
今日一日笑わなかった人が、これ見て少し「ふふっ」ってなったら嬉しいな。

昨日kurehaは広河さんの講演を聞きに行ったけど、
私はドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディ」をつくった鎌中ひとみさんと、平和・環境・健康など色々な活動をしている(彼女の肩書きは伝えるのが難しい)きくちゆみさんのトークショーに行った。

ちょうどゼミの後の時間ということでゼミ仲間を誘ったところ、5人が一緒に来てくれた。
織座農園の姉妹、京都から来ているシノちゃんも参加。

六ヶ所村ラプソディは、見るとモヤモヤが残る映画。
そりゃそうだ。
現実に今起きている問題で、解決どころかどこまでもどこまでも暗い未来につながりそうな方向へ進んでいるんだから。

つまり、原子力。
(政府=メディアが扱ってくれないテーマに原発がある。
電気って、それぐらい大きいもの。やばいもの。
だから六ヶ所村ラプソディはなかなか映画館では上映してくれないし、マスコミは宣伝してくれない。
それでも自主上映が各地で行われていて、監督の鎌仲さんは上映会が行われると聞くとどこへでも駆けつけて講演する。
すごい人だと思う。
もっと沢山の人に観てもらいたい。
あ、「蟻の兵隊」も観てね。)


お金のために、今ある欲望のために、目の前の生活・幸せのために、どこまで未来を犠牲にできますか?

原子力ってそういう問いを持つものだと思う。

そして、何事においても人間中心。
人間以外の生き物や、自然のことなんて考えてない。

どれだけ地球を楽にできるか。
それを考えて生活してたら、自分もどんどん楽になるんだと思う。
だって人間も地球の一部、環境の一部なんだから。

地球を楽にするために、
昨日きくちゆみさんにすすめられて一冊の本を買った。

「楽して徳して得して楽しく暮らそう1」 牧野裕子著

・炭と塩の洗濯
・食酢の洗髪
・台所の工夫(ごみの少ない調理、台所洗剤のない台所など)

地球を楽にする方法が沢山書かれている。
正直、色々と驚いた。
まだまだ出来ることが沢山あるんだと思ったら嬉しくなった。
今ある生活を変えるのって大変かもしれないけど、
やってみると案外簡単で楽しいもの。


話は変わって・・・

私は語彙が豊富でないので(会話になるとやばい・すごい・うまいを頻繁に使う・・)、いつも伝えられなくて悔しい思いをするんだけど、最近同じ思いの素敵な言葉を持っている人たちに出会うようになってスッキリしたり、嬉しい思いをする。

自分の思っていたことをようやく言葉に出来る喜び。

人から聞いた人に伝えたい言葉は、自分なりに使わせていただいております。

それでもまだまだまだまだ伝えられないことばかりなんだけど。
だけどさ、頑張りましょうよ。
寂しくなんかない!笑


スポンサーサイト
  1. 2006/09/30(土) 22:45:32|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<< | ホーム | ブレーキ>>

コメント

くれはちゃん久しぶり~!!
10月28日に友達の結婚式で東京行くよ☆
27日とか、会えたらいいなぁ♪
  1. 2006/10/08(日) 00:30:33 |
  2. URL |
  3. yuu #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/190-73d6ecb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。