ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PROGRESS

この間、原発のことを描いた映画を観て、その日の帰り道、一ヶ月に一度、電気を使わない日をつくろうなんてことを考えついた。

実行する前に日々の生活を振り返ってみたら、食べることも働くこともできそうになかった。

電車もバスもエスカレーターもエレベーターも、電話もラジオも電子レンジもパソコンも、冷蔵庫も灯りもトースターも炊飯器も自販機もプリンタも・・・電気を使うものたちは私の周りにありふれている。

映画の中で、空気も水も電気もなければ生活できないって言ってた原発賛成派のおじさんがいたけど、百歩譲って気持ちはわかる・・・だけど、空気と水と並べないでほしいなと思った。

インドのアデヴァシー(先住民族)たちは電気がなくても生活してるしね。


自分が食べるものが、どこで、どんな人が、どんなふうにつくるのか関心を持ち、調べ、知ることが自分や未来の子どもたちにとって大事なように、毎日こんなに使う電気もどこで、どんな人が、どんな風につくるのか考えてみる。

例えば、日本の電力の3分の1は原子力でまかなわれてるけど、原発の中でできた核燃料廃棄物は、アメリカがイラクの市民を殺すのに使っている劣化ウラン弾に当然のように含まれている。
私たちが電気を使うことで出る廃棄物が、イラクの子どもや大人、大地に取り返しのつかないことをしている現実。

・・あれ??

日本て「持たない・つくらない・持ち込まない」じゃなかったっけ?

あ、「材料を持っていってつくる」のはOKなのかな。



エネルギー問題について。

資源がないないって言ってる日本。
でも、もっと日本で暮らす人間1人1人がエネルギーを持ってることを自覚すれば、色んな問題にその人なりの力で取り組めるんじゃないかと思う。


この間、「初恋」っていう3億円事件のことを描いた小説を読んだ。
映画にもなったこの作品。
JALに勤めてたお母さんの月給が2万円あるかないかの時代の3億円。

この主犯格は、お金をほとんど自分の父親である政治家にあの事件のお金ですと添えて送っている。
父親は、大物政治家である自分を汚さないため、真相を公開せず、3億円を猫ばばする。

犯人の名字は「岸」。

あれ?

今次期首相だなんて騒がれてる誰かさんのおじいちゃんじゃ・・??


なぁんて、我が家では「初恋」はノンフィクションなんじゃないかという話題で持ちきり。
たくさんの人がそう思ったからこそ映画にもなったし、作家もこの作品しか書いてなかったり、他にも色んな謎が隠れてるからおもしろい。まぁ、そんなわけで流行には乗り遅れましたが、今更出してみました。



さて、岸信介の孫、某官房長官や、他の首相候補たちは憲法改正をみなうたっています。
う~ん・・。

今更、総理大臣を私たちの手で決めるのは無理かもしれないけど、まだなにかできるんじゃないでしょうか。
総理大臣あっての私たち国民じゃなくて、私たち国民1人1人あっての政治であり、内閣総理大臣なのだから・・さ。

1人1人が持ってるエネルギーを本気で発揮すれば「決まっちゃったんだからしょうがない」なんて言わなくて済むんじゃないかな。


今日は、そんなエネルギーを発揮してみようかなと思わせてくれる映画をご紹介。

今日、観て来たんだけど、色んな感情が自分の中にこみ上げてきました。
10月6日までだから、ぜひ観て感想くださいな。
蟻の兵隊
渋谷イメージフォーラム
10:00/12:10/14:20/16:30/18:40
1945年8月15日以降も中国山西省で日本軍として戦わされていた中国残留兵の話。
戦争への怒り・政府への怒り・・・そして、自分への憤りと向き合うこと。
したくもないこと=殺人・強姦などを強いられてしていた・・?
そんな時代になることを許してしまった70年、80年前の人たち。
私たちは、まだ自分の思ってること、感じてることを表現できる自由がある。

そんなことを、思わされた。


六ヶ所村ラプソディ
ポレポレ東中野
10月7日(土)~10月12日(金) 10:30
10月14日(土)~ 11:00
青森県六ヶ所村の原子力発電所で使った燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場建設とそこで暮らす人々の話。
4000人の雇用を得、億単位の交付金を得た村。
核と共に生きる。
それが何を意味しているかは、何かが起こらなければわからない。
でも、そのときはもう遅い。

原発なんて、誰も働かなきゃ機能しないし、戦争にだって誰も参加しなきゃ成立たない。

でも、そうやって自分の思いを通すことができないような状況で私たちは暮らしているのかもしれない。


そんな暮らし方でいいんだろうか?


心がもたない。

胃ももたない・・。

私も最近、余裕がなく、夜勤先でも自然に笑っている時間が短くなってきています。

さっき、帰ってきて久し振りに牛乳を1リットル飲んで少し落ちつく。
1年前のキリキリする胃の痛みがよみがえってこないようにおまじない。


こんなんじゃダメだわ。


もっと、人に優しく、心身ともに居心地のいい暮らし方が私たちにはできるんじゃないかな。


スポンサーサイト
  1. 2006/09/16(土) 01:47:48|
  2. 共有したいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<おきなわ | ホーム | ともだち>>

コメント

スウェーデン原発事故

今年、スウェーデンでは、原発事故があったそうです。

日本の報道機関では、なぜか、ほとんど報じられていないようです。

その記事を、リンク先のブログで読んだとき、あることを思い出しました。

 私の高校時代の同級生が、大学を卒業後、原発の設計会社に入りました。

 数年働いた彼の口から、こんな言葉が出ました。

 「設計図、めちゃくちゃ。」

 アリエナイ!!

 ちゃんとやってよね。

 
 それにしても、牛乳1リットル、すごいです。
  1. 2006/09/16(土) 19:32:30 |
  2. URL |
  3. アベッカム #-
  4. [ 編集]

あるMLから興味深い誘いがあったから、
2人にも伝えておくね♪

間に合わなかったけど・・・

国会議員を中心に組織する「globe Japan」
=地球環境国際議員連盟が10月25日に、
ある映画の試写会を催す...。

まぁ、見てみて!
http://www4.osk.3web.ne.jp/~globejp/

核反対論もいいけど、温暖化もね。
  1. 2006/09/17(日) 09:10:05 |
  2. URL |
  3. makishin #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/185-cec721f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。