ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ともだち


昨日、久しぶりに馬鹿のライブがあった。
紫波町をみんなより1日早く去って心待ちにしていたライブを観に、みんなに会いに下北沢のライブハウスに行った。

馬鹿のステージが始まると、メンバーの1人が教育実習で捕まえてきた高校生がたくさん来て受験やなんやら日ごろのストレスを解消するためかすごい勢いでアタックしあっていた。

12月はじめにバイクの事故で意識不明の重体になってしまったベースの猛は奇跡的に意識を回復し、最近退院した。
今は自力で歩けるし、話もできるようになった。
ラーメン二郎は食べに行けてもまだライブハウスは早いということで、昨日は猛に観せるため、ビデオ撮影をした。


ライブには小・中・高の友人たちが来ていて、柴犬のような毛並みの頭をぐしゃぐしゃとなでられた。



私は、友人たちのことを「ともだち」と言えない。言わない。

なんだかこっ恥ずかしいし、ほんとに大切に思ってたらべつにともだちなんて言う必要ないしとひねくれている。
誰かに自分のことをともだちだと言われると、なんだかわざとらしいと思ってしまう。


どうなんだろ?

やっぱり恥ずかしいけど、嬉しいのかな。

単語表現はともかく、ともだちが私の色んな部分を支えてくれていることは間違いない。



その存在だけで相手を許せる。
その人が居ればそれでいい。

別にどういうことを思って、考えて、学んで、活動して、所属して、働いて・・・なんてことはどうでもいい。

もちろん、それらもその人を形づくる大切なものたちだけど、ただただその人が自分の決めた道をその人なりのペースで歩いていれば、というか、もう元気で居てくれればそれでいい。

ちょっと母親みたいかな。


大学の中には友人なんて居ないとずっと言ってきた私だけど、山形や紫波町に行って改めて一緒に時間を過ごして、汗を流し、頭を使ってみて、大学の友人たちのことをかけがえのないともだちだと思えるようになった。

同じ場所や時間、空間を共有するという間柄。

高校の応援団はそれが親密で変態的なぐらい強烈だったから、きっとなにをしたって誰かを拒絶したり否定はしないと思う。
批判は入学当初からバシバシしていたけれど、必ず本人にぶつけていた。

大学で出会った友人たちとも時間はかかったけれど、そんな仲になれたのかもしれない。

って、一人一人の顔を思い浮かべると恥ずかしくて顔が熱くなるけど。


まぁ、そんなふうに、私は友人たちに恵まれている。


私の存在を許してくれる仲間が居る。

それを糧にしてそんな支えが居ない・・ほんとは居るのに気づかない、きっと居るだろうと信じられない人の支えになりたい。


今、統合失調症に関する本を読んでいるけど、私が今まで出会った統合失調症の人たちもそうだけれど、もっとたくさんの人が苦しみや寂しさを抱え続けて怯えているということが迫ってくる。

私の友人にも摂食障害や躁鬱病で辛い思いをしている人が居る。

精神障害ってなんなんだろう。

もっと人って精神的にも物理的にも1人じゃなかったら楽に生きられるんじゃないか。


どこまでをその人の人格としていいのかわからないけれど、わたしはなるべくならすべてを許せるようになりたい。



スポンサーサイト
  1. 2006/09/11(月) 15:51:44|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<PROGRESS | ホーム | 紫波の森で思ったこと>>

コメント

じつは昨日

かねてから、人との触れ合いが少ないなあと感じていて、それがなんか自然ではないなあと感じておりました。

農家をしているだけあって、自然との触れ合いは、都会の人から比べたらそれはもう、比べ物にならないくらい多いわけですが、人との触れ合いは、果たしてどうだろうか?考えたのです。

 人との触れ合いと言えば、ビールを飲んで、お互いの話をするとかぐらいしかないもので、やっぱり限界があると思ったのです。

 実際に、肌と肌が触れるような機会が、ほとんどない・・・。

 これは、自然ではないっ!

 てなわけで、昨日、合気道の教室へ突然お邪魔しました。

 合気道は、お互いに手と手を取り合って、行う武道。

 いいねえ!

 これで女性がもっと多かったら、もっといいのにねえ。

 ともかく、人と呼吸を合わせて、お互いの体の感覚を肌で感じながら行う合気道は、なかなか面白かったですよ。

 いずれにしても、人間が、人間同士、触れ合うことのない生活は、やっぱり不自然だと思ってます。
 
 そうそう、韓国では、パルチャンといって、男同士でも、女同士でも、よく手をつないでいます。
  1. 2006/09/11(月) 19:00:12 |
  2. URL |
  3. アベッカム #-
  4. [ 編集]

武道は私もとても興味があります。

この間、massunのゼミの次期ゼミ長が合気道をやっている女の子でこの間、腕を締め上げてもらいました。

私も高校・大学で柔道をかじりましたが、胴着を着ると身も心も引き締まりますよね。

人間とのふれあい。

私は3日ほど農家にいるだけでこれが恋しくなります。
  1. 2006/09/12(火) 23:24:52 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/184-b2e0137a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。