ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四万十・木頭村


屋久島で6日間過ごした後、滞在中ずっと快晴だったことに感謝しながら高知でmassunと落ち会うべく鹿児島から大分の臼杵まで電車でドコドコ移動した。

そこから愛媛の八幡浜へ。
港に着いたのは午前0時35分。
だだっ広い待合室のベンチを3つ使って荷物を背にチャリを横に置いて寝た。
寝れない。
1時間もしないうちに起きてしまう浅い眠りだった。

外で、誰もが通る場所で、硬いプラスチックの椅子で(まだコンクリートや石の上ではないけれど)寝ること、今持てるすべてのものを携えて寝ることの心細さを痛感した。

やっぱり、路上生活ってきついよ・・・。


夜が明け、北宇和島の駅に向かってチャリをこいだ。
15分もしないうちに着いたが、電車が来るのは9時39分。
20060813190327.jpg
駅舎の壁に掛かっていたポスター。
阿波踊り。
昔、何故か光が丘の区民センターで習っていたことを思い出した。
男踊りがしたくて仕方なかったっけ。
小さな小さな駅に荷物を置き、その辺をぐるぐる走り、川沿いを走った。
20060813190319.jpg
コンビニの横にあった化粧品と薬の店。艶<ハート>レディ<ハート>。


この日も朝から暑くなりそうな予感。

予想的中。

20060813190748.jpg
この日は、ここ最近で一番夏らしい一日になった。


何をしたのか憶えていないのだが、3時間半暇つぶしをした後、やっと北宇和島駅から予土線に乗り、江川崎駅に着く。
20060813190542.jpg


途中、四万十川が眺められ、一人で興奮。
早くmassunに会いたかった。20060813190644.jpg


massunと感動の再会をした後、早速彼女は自転車をレンタルしてマウンテンバイクに乗った。
重い思いをして自転車を運んできた私って・・。
手には豆が。
massunにはやっぱMだねぇと言われてしまう。
その言葉に救われてしまった。


その後はひたすら自転車をこぎ、20060813190808.jpg
通行止めもなんのその。
20060813190718.jpg

川沿いを走って、下って、泳いだ、浸かった、浮いた、沈んだ。

20060813190741.jpg

20060813190604.jpg

川は、冷たく、遠くから見るときれいな薄い青緑で、近くに寄ると透き通っていた。
20060813190555.jpg

20060813190757.jpg

20060813190706.jpg



四万十川で心行くで夏を満喫した後、高知で一泊してから徳島県の木頭村へ向かった。
そこでは、72歳の森男、そしてダム開発中止の立役者に出会った。
そして、個性豊か過ぎる彼の奥さん、村のおじさん、おばさん、じぃ、ばばたちにお世話になりつくした。
20060813190157.jpg

きとうむらという村がつくった株式会社が企画しているゆーず(地域通貨)ツアー

鮎の石焼き、うまかったぁ~。

じぃ、ばばたちは、鮎も石も薪も、なにもかもそこにあるものを使ってつくり、終いには、竹串がないと叫べば竹やぶから竹を切ってきて作る始末。

そんな風につくったらうまくないわけがない。

そして、また、森づくりサークルに所属しておきながら、心だけそこに置き、間伐に一度も参加していなかった私の初の間伐がかなった。
チェーンソーとのこぎりを使って檜(ひのき)を伐った。
皮を剥ぐこともでき、剥いで出てきた木に思わず、頬をつけてみた。
生木の生を肌で感じた。
さきほどの72歳の森男はこれから年末の間に3200本の木を1人で伐るそうだ。
あんなに年齢なんて関係ないと生き方で表している人と初めて出会った。
私も40歳で引退して出家するなんて考えないようにしようと思わされた。

木頭村では、たくさんのあたたかい気持ちがこもった歓迎を受けながらも、なんだか切なくなった。
その村には子どもがいない。
若者がいない。
平均年齢は64歳だ。
医者も週に2、3回しか来ない。

massunと2人で村で受け入れている1年間の山村留学に子どもを産んで送り込もうと話した。

まずは、また私自身が訪れ、特産のゆずの収穫の手伝いをしたいと思っている。
20060813190230.jpg


スポンサーサイト
  1. 2006/08/31(木) 23:05:37|
  2. 旅の思ひ出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紫波の森で思ったこと | ホーム | 屋久島へ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/182-97bad83e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。