ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「おこなえば容易なことを・・

・・やらずにいるから苦になる」

屋久島の樹林という喫茶店のトイレに書いてあった但し書き。

印象深く、あぁ、なるほどなぁ。と思ってしまった。

この間、ここでも書いたインドのゴダヴァリ河周辺の洪水はなんとか引いたようで、現地の新聞(8/16付け)によれば、177あった救援キャンプのうち172が閉鎖され、50,370人の避難民が家に戻ったそうです。
救援キャンプでは一家族当り20kgの米と5リットルの油が配給されたそうです。穀物の被害状況が判明するのはまだこれから・・。
洪水被害の写真はMTKのHPから見ることができる。


私は今インドのこの馴染み深い地域で苦しんでいる人すべてを助けてあげることはできない。
直接行って洪水で水浸しになった家や畑の修復を手伝うことも選ばない。

でも、これから起きるだろう水害・土砂災害・氷山の溶解などなど温暖化が大きな原因の一つである自然災害を少しでも軽減するような日々の暮らし方ならできると思う。

直接の救援でなくても地球規模で未来の、そして今、苦しむ人がより少なくなるように暮らすことは東京でもできる。

そう信じていないと私は自分が生まれ育った東京をすべて否定してしまいそうになるのだ。

「おこなえば容易なことを、やらずにいるから苦になる」

もちろんいつも言っているようにマイペースでいくけれど、自分の中の矛盾とはいつも向き合っていたいなぁと思う。
苦しくない程度に。




スポンサーサイト
  1. 2006/08/28(月) 12:07:00|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<屋久島へ | ホーム | 自給自足といえなくて>>

コメント

一緒にやっていきましょう

>自然災害を少しでも軽減するような日々の暮らし方
私もマイペースで
できる範囲でできる限り
やっていきたいと思っています

  1. 2006/08/28(月) 16:50:01 |
  2. URL |
  3. sayuri #U6M1AWu2
  4. [ 編集]

sayuriさん、こんにちは。

この間は宮崎に寄れず、残念でしたが、9月後半に遊びに行きたいと思っています。
そのときはmassunともども土いじりなどいろいろ働かせてください。

あと、MTKの文集を送るのすっかり忘れていました。
楠原さんがsayuriさんはミーティングの時に持っていっていたと言ってましたが、持って帰られましたか?

・・だと嬉しいです。
ごめんなさい。

  1. 2006/08/29(火) 15:10:40 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/180-5e2586cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。