ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自給自足といえなくて


自給自足という言葉を最近良く耳にしますが、
自給自足に近い生活をしている方に、養蚕実習に行った時にお世話になりました。

TS290415[1].jpg


女性一人で自然農を営みながら自給自足の生活を目指しているSさん宅では、
食べるものは自分の畑で育ったものを、
ガスコンロは一応あるけど、だいたいは外にある釜戸で直火で料理。

お風呂も、ガスじゃありません。
宿泊中は私が1時間かけてじっくりと火を熾しながら沸かしました。

薪を割り、煙にまみれ火を熾し、お風呂が沸くのを待ちながら、
「あぁ・・・今日も明日も明後日も、こうすれば良いんだな・・・。」
と思ったものです。
「生きるってすごくシンプルで、
でもすごく大変で、
大変だから普通、こんな日々のくり返しであるはずなのに、
人間って進歩するんだなぁ。」
と、しみじみと感じたのでした。

そんな私は、実は「自給自足」という言葉があまり好きではありません。
中身じゃなくて、他とのつながりを無視しているような、あたかも一人で生きていると思わせる(私だけ?)言葉の響きにあまり魅力を感じない・・・。

まわりにある沢山の命に救われているってことを忘れちゃいけない。
だから「自分、自給自足してます!」って、なんだか違う気がする。
きっとその人は色んな人やものに助けられていると思う。

とか言って、実際に自給自足の生活を目の当たりにすると、
流れるゆっくりな時間、
ものを大切にする心など、
感動しっぱなしなのですが。


そんな話の流れで、
というか今日のメイン。

「木を植えましょう」という本を皆さんご存知ですか?

私が大学4年間(まだ終わってない・・・)で最も影響を受けた本です。
その本の著者である正木高志さんが今、東京に来ています。

正木さんは、若い頃はインドを遍歴し、哲学を学び、
娘さんが生まれてからは自給自足の生活を目指し、
現在は農業をしながら森を育てている人です。

正木さんのトークライブが
今月の26日に東京都府中市にある「カフェスロー」で、27日には新宿で行われます。
27日は学生主催のイベントで、参加者を交えて気軽な感じで正木さんともお話出来るみたいです。

27日の詳細は↓
http://www.onelightway.jp/gakushoku/seminar.html
私も行くので、行ってみたいという方はご一報くれると嬉しいです。


スポンサーサイト
  1. 2006/08/23(水) 22:55:48|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<「おこなえば容易なことを・・ | ホーム | とまと>>

コメント

私も「自給自足」というコトバが好きではなく
自分を表現するときはたくさんのヒトの世話になっているので
「他給自足」もしくは「自足農」と表現することがあります
大切なのは「自足」=自分で満足することだと思ってます
  1. 2006/08/24(木) 02:02:45 |
  2. URL |
  3. sayuri #U6M1AWu2
  4. [ 編集]

sayuriさん

お久しぶりです。
一度MTKの講座でお会いしましたよね☆
sayuriさんにそう言っていただけると、ほっとします。
秋にkurehaと一緒に遊びに行かせて下さい。
  1. 2006/08/24(木) 11:22:00 |
  2. URL |
  3. massun #-
  4. [ 編集]

ビールは自給が難しい。

自給生活で困るのは、ビールかなあ。

ちなみに、明浜なら、人の家に行けば、ビールを出してくれます。かなりの高確率で。
  1. 2006/08/24(木) 21:12:48 |
  2. URL |
  3. アベッカム #-
  4. [ 編集]

そんなとこでも

ビールでも、人と人のと助け合いですね(笑)
ビールを自分で作るのは難しいらしですね(本当は作っちゃだめでしたっけ)
  1. 2006/08/26(土) 00:58:37 |
  2. URL |
  3. massun #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/07/05(木) 19:16:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/07/05(木) 19:34:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/179-69827bd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。