ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2府2県の旅Ⅱ大阪カンテ編

もうだいぶ太陽が上のほうに来た頃、ネットカフェを出た私は、まずは腹ごしらえだ!ということで、一度行きたいと思っていたカンテ・グランデ中津本店に向かった。
なんばからは御堂筋線で北へ上がる。中津駅5番出口を出て、淀川警察署沿いの道を右に行き、JR貨物線の高架下をもぐって行くとすぐ着いた。
あぁ・・ここがウルフルズの原点か。
私が唯一結婚したいと思っていた芸能人、トータス松本をはじめ、ウルフルズのメンバー3人が働いていたチャイの美味しいレストラン。

入り口は植物園のにおいがして花もたくさん置いてあり、元々は庭を開放してつくったレストランだということがうかがえた。
さっそくメニューを開き、タンドリーチャパティという骨無しのタンドリーチキンをチャパティ(インドのクレープ型のパン)でレタスと巻くなんて洒落っ気のあるものを頼んだ。チャイは、もちろんスパイス入りのマサラチャイ。え?スパイスの入らないチャイなんてチャイじゃないですよ。

ブランチがつくられている間に店の中で売られているインドやアジア諸国の雑貨を見て回った。う~ん・・ここで荷物になるものは買えないなぁなんて唸りながら、小さなお香を買った。

運ばれてきたタンドリーチャパティには悲劇的にも私の苦手なマヨネーズが。。そして、それは少なくとも私の中のタンドリーとは一致しなかった。微塵も辛くない。ショック。

そうか、日本人はこれをタンドリーとして食べるんだな。

「チリペッパーください」

よっぽど言おうかと思ったが、やめておいた。
業務用が出てきたら恥ずかしい。
幸いにもチャパティは焼き立てでおいしかった。
いい粉を使っている感じがした。

チャイはおいしかったよ、松本さん。


そんなこんなで、カンテ・グランデでは日本の若者の中のインドを見物・体感・味わうことができた気がする。


スポンサーサイト
  1. 2006/07/15(土) 12:54:43|
  2. 旅の思ひ出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2府2県の旅Ⅲ大阪西成編 | ホーム | 2府2県の旅Ⅰ自転車購入編>>

コメント

松本さん★

あたしもfunkyな人大好き!
トータスさんはかっこいい!!
あたしが中1の頃の彼は1番かっこいい!
2年前に用賀の横断歩道で隣にいてビックリしたよ。

クレハ見習って、あたしも今年はアクティブに行く!!
  1. 2006/07/16(日) 02:48:23 |
  2. URL |
  3. ろみひ #0cId4K9Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/170-62c76e23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。