ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソーシャルワーク



今、2005-2006MTKインド森の民の暮らしとつながる旅の文集を編集している。
それと共に、1年間のインターン修了を5日後に控え、報告会の準備をしている。

この作業は、私の大学生でいた間の大きなまとめみたいなものであり、これを終えたときはきっと卒論の最終稿の前までを終えてしまったぐらいの気持ちになりそうだ。


と、言ってもこの作業、ちゃんと始めたのはつい2,3日前でそれまでは2週間前からフリーター⇒ニートに格下げ?になった妹とほとんど同じ生活ペースで暮らしていた。
違うのは、いいともを観た後、妹は昼ドラを観るが、私はパソコンを開けるか本を読むかぐらいなもので、昼寝や食事のタイミングは見事にそろっていた。
まぁ、考えてみれば自分もニートみたいな生活をしているのだ。自宅で暮らし、バイトは週に多くて3回、大学は月に1度行けばいいほう、ほんとうに頭の中を空っぽにしてぼーーっとしていると自分が誰なのか見失いそうになる。
危ない危ない・・・。
この数日で妹の心理の状態を少しだけ共有したような気がした。
妹は、これから美容系の専門学校に通おうとしている。
最近、別れた彼氏がたまに泊まりに来る。

バイト先で男性にぼろぼろにされた女性たちと何人も会ってきているから、私としては心配でたまらないけれど、一人じゃ生きていけないと言う妹の気持ちを私が埋めることがなかなかできないのでそこは小言を言いながら祈るだけだ。

家族が最後のセーフティネット。

日本の福祉の世界では、そう言われているらしい。


私は、すべての人が多様な専門家でありうると思っていて、すべての人がその人以外の人のソーシャルワーカーであると思っている。

惣菜屋のおばちゃんも、ゴミ拾いのおじさんも、プールの監視員のお兄さんも、スタバでフラペチーノつくってるお姉さんもみ~んな。


病気とか障害とか高齢とか虐待とか路上とか関係なく、最大多数の最大幸福ではなく、すべての人がすべての人の存在を許し、共に生きようとすることができればNPOやNGOや福祉や国際協力なんて言葉も枠も形も要らない。

そんなこと言ってもしょうがないかもしれないけど、この考え方は決して忘れてはいけないと思う。


スポンサーサイト
  1. 2006/06/14(水) 02:53:45|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<毛刈り | ホーム | あたたかい居場所>>

コメント

家族が最後のセーフティーネットかぁ。
確かにそんな一面もあるよね。
私は今高校福祉科で実習生をやっているんだけど、家族に傷つけられているこや、温かい家族をもてなくて精神的に不安定な生徒が沢山居まる。
家族って「諸刃の剣」って大学の先生が言ってたんだけど、確かに。。。と思った。
みんなが幸せな家庭に生まれたらいいのに寝・

生意気にも福祉を教える立場になって、価値観の多様性というものを再認識しました。
みんながみんなを認めれたらいいんだけど、
やっぱり、難しいかな・・・と思う。

ネグレクトの状態が続いていて、親戚にも」見放されている母子家庭の生徒は母親を憎んで反面教師にしている。
自分の家庭を考えると、貧困を個人的要因に捕らえてしまって、他の貧困者も許せない。

その考え方を否定できないし、考え方をかえるきっかけを作れなくて苦労しました。
他人の価値観を尊重しなきゃいけないし、
福祉とか生きることそのものの価値観を人と共有することはやっぱり難しい。
押し付けることでもないと思うし。
私の教育力の不足もありますがうまく伝わらなかった。

ソーシャルワーカーを目指す自分の中にも他人を認められない気持ちがあって、最近そらは是正することは最も大切にすべきものではナイトってきた。
まず自分ありきじゃないと他人の支援、わたしはできない。
だから、くれはの理想的な考え方を聞いて、やっぱり夢物語だと思ってしまう自分と、それを目指したい自分が相反している。
ごめんね。
まとまらないのに書き込んでしまった。

価値観に正解も間違いも無いから、くらはや他の色んな人の考え方を聞いて刺激されたい。
それが、よりよい支援者になるために必要なことだと思うので。
一生勉強だ。
  1. 2006/06/14(水) 21:51:09 |
  2. URL |
  3. みゆ #-
  4. [ 編集]

大事なことを忘れたらふんばれるものもふんばれなくなるからね。

理想も大事だと私は思う。


できないこととしないことは違う。
山谷で1年間活動してきて、その人の生にかかわる支援をしていく難しさに苦しみました。
そして、これからも苦悩し続けるんだろうけど、出会ってしまった、知ってしまったその事実に無関心なふりをして生きていくことのが苦しいので、そして、またその無関心に慣れてしまいたくはない。お互いふんばりましょう。

それにしてもmiyuが教える側なんて・・心配だわ。生徒が。笑
時間が出来たら地元でご飯食べようね。
  1. 2006/06/15(木) 02:18:55 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

追伸

家族が最後のセーフティネットっていう話題をふった真意は・・

そういう認識が広く在るから、それによって、「あそこの嫁はろくに認知症の姑の世話をしない」とか「母親の育て方が悪いからあの子はこんな子に育った」とかいうふうに言えちゃうんだと思うんだ。
家族だけのせいじゃないのに。

そして、逆に、家族の中になにか問題があってそれが原因で困っていたり、辛い思いを抱えている人たちは、「なんで自分の父親だけこんなひどい人なんだろう」とか「うちの家族だけどうしてバラバラなんだろう」とか思ってしまいがちなわけで。

辛い思いをしている人たちも、今はそうじゃない人たちも家族の中の問題はやっぱり家族でどうにかしていかなくちゃっていう認識がある。
それは、個人にかんして自己責任とか言われるのと似てる。


話がそれてきたし、ここで話すには限度があるので、この辺にしておくけど、つまり、ソーシャルワークはすべての人がそれぞれの場所でそれぞれのやり方で人とつながりを持っていくっていうことだけで成り立つのだと私は思うのです。
抽象的でごめんね。

社会の認識を変えることはすぐにはできないけど、自分を変えていくことは今からでも少しずつできる。
私は、ソーシャルワーカーって言葉や役割が当たり前すぎてなくなっちゃうことを願いながら、ソーシャルワーカーを目指したいと思います。
  1. 2006/06/15(木) 02:41:01 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

kureha,こんにちは! つくばのtsutomuです。って、覚えてるかな?まえ医療相談会で少し話しましたよね☆
インターンをやってたの!?? すごいっすね。

というか、そういうまとめる作業ってすごく大事だと思う。このブログとかも沿うかもしれないけど、少し頭が整理されるし、まとめたものを作ることで、それがみんなに伝わっていき、また何かを感じてもらえるかもしれないから。 ということで、がんばってねー!!

最後の言葉、感動しました!すごくいい言葉☆

そして、2つ前の記事もなんか、共感しちゃいました!「愛しい」って、僕もすごく大切にしたい気持ちです。

PS,僕もHPを作ってるので、もしよかったら見てみてね。
T&Y Cafe http://www.geocities.jp/tsutomu_19smily/
  1. 2006/06/19(月) 14:29:22 |
  2. URL |
  3. Tom #-
  4. [ 編集]

>Tom
お久しぶり!
あれ以来、野宿者問題の若者勉強会には参加してるのかな?
また会えるといいなと思います。医療相談会にも近々行きたいです。

インターンは昨日無事修了しました。発表した文章、のっけたいと思ってます。

  1. 2006/06/20(火) 02:15:37 |
  2. URL |
  3. kureha #-
  4. [ 編集]

いや、若者勉強会には参加できてないんだよね、いろいろ忙しくて。けど、そのうちまた、カムバックする予定なので、そのときはまたよろしくね!(医療相談会のほうも)

インターン、おつかれ!!
じゃあ、その文章楽しみにしてるねー☆
  1. 2006/06/21(水) 03:09:45 |
  2. URL |
  3. Tom #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/164-923760f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。