ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

つながり

高校生の受験期か、大学で教員になるのを辞めたときか、はたまたインドに行って何からも束縛されない自分を感じたときか、いつだったか忘れてしまったけれど、私は、以前、思ったことがあった。

ひとつのことに自分のすべてを注いで生きることができる人は、ほんのわずかしかいないんだ

ということを。


そこで、私は居直った。

自分は、あれもこれも気になるし、そのどれともかかわって生きていたい。


自分に可能性がある限り、「これだっ!」と決め付けたくなかった。
それがある種の逃げであるような気もしたし、持ち前の自信の無さも大いに支えになって、私はいろんな岐路に立ったとき、自分でたくさんの小道をつくってきた。

その先が見えなくても、歩きたいと思える道を自分でつくっていきたいと思った。


TOPにあるように、私もmassunも気になるコトやモノにあらゆるコト・モノを並べている。

それが、正直なところだからだ。

それは、大学生という自由な身分から脱却しても、社会からリタイアしたといわれる年代になっても変わらない。
自分たち自身が「なんでだろう?」「これはどうなっているんだろう?」と素直に感じることをいろんなかたちで学ぶこと。
これをいつまでもしていきたい。
それこそ人生だと思うから。


話が大きくなったが、こんな風に自由気ままな考えを持っている私も、ときどき揺らぐ。

でも、そんなとき、周りの誰かのささやきでハッとさせられる。


12月に催したaktaでのHIV/AIDSイベントのときに、ゲストの渡辺さんを囲んで、学生や社会人、いつもaktaに来ているゲイコミュニティの人たちがとても雰囲気良く、ざっくばらんにディスカッションをしていた。


確か、日本のHIV/AIDSに関する活動についての話をしていたときだったと思う。

一人のHIVポジティブ(陽性)の人が言った。

日本は、いろんな問題を全部分けて考えちゃうからいけないのよ。障害者のグループ、ゲイのグループ、エイズ患者のグループ、教育問題のグループ、外国人問題のグループ・・・個別化して考えるから一個一個がもろくて、すぐやられちゃうのよ。みんな根元のところではつながってるんだから、一緒になって大きな力で戦っていけばいいのよ。


言葉はだいぶ違うかもしれないけれど、きっとこんなことを言ったと思う。


これを言われて、私はそうだそうだ!と心の中で叫んだ。
確か、このとき少しの拍手が起きた。


私は、今のところ、五体満足で、生まれた国で家族と暮らし、性的指向はストレートで、HIVポジティブでもAIDS患者でもない。

でも、これらすべてがひっくりかえることもありえなくない。

そうしたら、どうだろう。

私はとたんに、体のどこかが不自由な、生まれた国と親の国籍が違い、アイデンティティが保てない異国人になり、レズビアンやバイなどのセクシャルマイノリティで、HIV陽性者またはAIDS患者になる。


こうなるとひとつのことだけに関心を持っていられない。

いろんなことが自分とつながるし、周りの人たちともつながっている。


前に、massunが無関心は絶対悪だとブログに書いたことがある。

ひとつのことをやっていたとしても、無関心でいなければ、つながっていることを感じ続けていることができれば、いざというときにはみんなの力が集まって、大きな力になり、つながっていることの強さを発揮できると私は思う。

また、自分のすべてをひとつのことに注いでいる人は、その道の途中でいろんな人とつながりができるはずで、その人とのつながりを本気で大切にしているのなら、無意識にでも関心は持っているはずだ。


ヒトノカズダケ気になるコト・モノがあるのが自然。
そして、いろ~んな人に出会うごとにいろ~んなことに意識が向くのが自然。

その自然な現象が、私たちに起こっていれば、環境も、人権も、性も、食も、ゴミも、タバコも、障害も、戦争だって、すべてつながっていることをきっと忘れないでいられるはず。

スポンサーサイト
  1. 2006/01/21(土) 02:17:15|
  2. 共有したいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<社会的排除 | ホーム | 同じ気持ち>>

コメント

よく解んない。

 その道のプロを否定してるわけじゃないんだよね??自然とつながってればいいんでしょ??
 知ってると思うけど、「ひとつのことに自分のすべてを費やす人」は俺が最も尊敬するグループの人。その人たちを否定するのは…嫌。
 …いろんな問題にそれぞれのプロがいれば解決の方向に向かうと思うけど…。みんながみんなあれもこれもっては…。だって、俺がもし将来サッカーのトレーナーしてって言われてもね(^_^;)専門知識ないからマイナスになるし。ただ、そこで無関係って知らんプリするんじゃなくて、走る事に関してなら詳しいから助言できる、また、栄養に関してだとか、人間関係だとか、つながる点もあるかもしれないから、意識してとは言わないけど情報を共有し合えれば良いねって事かな。元々のつながりまで行くと難しいよ。分野が違うから分かりづらい例えでゴメン。 それぞれの分野で本当に頑張ってる人もいるからさ。その人のおかげで救われる人だっているし。ひとつの事に打ち込む、そうゆう人の残す物も大きいと思うけど、違うかな…。
  1. 2006/01/22(日) 20:20:11 |
  2. URL |
  3. のぶ #-
  4. [ 編集]

確かに。

kurehaの気になること今はいっぱいあっていいと思う。

確戦争の問題は障害児を生み出して、環境破壊に繋がって、
貧困に繋がって、売春に繋がって、HIVに繋がる。

そういう繋がりっていっぱいあるよ。
Kurehaは色んなことに興味があるって言ってたけど、
わりと方向性はあると思うよ。
そしてね、全部が繋がってるからこそ一つの問題を真剣に考え出したら
自然と色んなことが気になって、学んでいくんだと思う。

例えばさ、「福祉」って一言でいってもそりゃあ秀でた専門はあると思うけど、教授は大まかオールマイティーに色々教えてくれるよ。

だから、知りたいことがあるならどんどん知っていくこと。
それこそ「勉強」って思う。

色々興味を持って手を出していいと思う。
色んなことに無関係にならずに生きていることが「社会人」として
生きることって言うことを言われたことがあるよ。

長くなったけど、私はkurehaのそういう考えや生き方尊敬してるし好きだよ!!

  1. 2006/01/22(日) 21:03:37 |
  2. URL |
  3. みゆ #-
  4. [ 編集]

>のぶ
まず、その道のプロを否定してるわけでは決してないよ。

上で言っているように、自分のすべてをひとつのことに注いでいる人は、その道の途中でいろんな人と、強いつながりができる。

自分の信じた道で出会った人だから、その出会いを大切にするはず。

出会いを大切にするってことは、自然と出会ってきた人たちに関するいろんなこととかかわっていくことになる、もしくは、そのことに意識が向くと思う。
本気でかかわってるならね。

だから、ひとつのことを本気でやっている人も振り向けばまっすぐの道ではなくて、たくさんの人につながる道を歩いてきたっていうふうになると思う。

これは分野を問わずそうだと思う。


>みゆ
方向性があるって言葉に少し救われたよ。
みゆがそこまで理解してくれるとは・・。
ちょっと感動。

色んなことに無関係にならずに生きていることが「社会人」として生きること

そうね、社会人がみんなそうなれば、日本はかなり明るい未来が想像できそうだけど・・・。
うちらの世代で挽回するしかないね!

突然だけど、「ベルリン僕らの革命!」っていう映画、TSUTAYAにあるからぜひぜひ見てみて☆
あ、それと、好きだって言われるのはめっちゃ嬉しいけど、それだけで勘弁してぇ(><)
私もみゆ、好きだよぉ~。
私がマネ出来ないボケと下ネタ引っさげて福祉を本気で学んでるとこが・・。
悔しいかな、私に足りないものをいっぱい持ってるよね。
今の大学卒業した後のこと相談したいから時間ができたら会ってくださいな。


  1. 2006/01/23(月) 00:46:12 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/141-583eee1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。