ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同じ気持ち


こんにちは、massunです。
この前「文章を書くこと」についてkurehaと話をしました。
私は人の想像力に頼りすぎだということがわかりました
(というか自覚していたのが客観的に見てもそうだったらしいです)。

少し脱線するけど、

今日、長田弘さんの「深呼吸の必要」という散文詩集を読みました
(友達に借りたんだけど、すごく良いのでお薦めです!
この本がもとになった映画もあるんだけど、映画もまた良いです☆)。
詩って、想像力とペアだと思います。
想像力でその詩の面白さの半分以上がつくられると思う。
ストーリーも自分の想像力次第。

一方で、詩って読む人によって内容が変わってくるのかもしれない。
著者の伝えたかったことが、もしかしたら誰にも伝わらないことがあるかもしれない・・・。

けど、分厚い本一冊よりも、たった10行程度の詩から感じることの方が多いこともあります。

そういう詩が書けたらなぁって思います。

現在、シンプルに伝える方法を模索中です。
というか、修業したい。
その方が私に合ってる気がするから。

でも今はまだシンプルに伝えられる力はないし、このブログでは、いつもは会えない人に伝えたいことがたくさんあるので、それをちゃんと伝えたいと思うので、なるべく誤解のないように、少しでも私の考えが伝わるように書きたいなぁって思います。

ということで、今日は「同じ気持ち」というテーマで。
11月に茂原の小川さんの家へ行った帰り道、小川ママがこんな話をしてくれました。
「若いうちは、同じ気持ちの仲間とつながりなさい。
違う意見や違う考えの人とぶつかることは悪いことじゃないけど、
そうすることは、自分のパワーを消耗させるよ。
すごく疲れるし、どんどん悪い方向に向かうかもしれない。
暗いものを見たり、違う考えの人とぶつかるのは、もう少し年をとってからすればいいこと。
でもね、同じ考えを持つ人とつながれば、すごい力になるよ。
自分の力にもなるし、問題に立ち向かう強い力になる。
一人じゃ出来ないことでも、その力が集まれば、必ず何か大きなことができる。
だから今は、同じ気持ちの仲間とのつながりの輪を広げなさい。」


ここからは、想像力にお任せします(結局私はそうする。笑)。
同じ気持ちの仲間とつながって、皆なら今何がしたいですか?
どんな気持ちの人との輪を広げたいですか?


スポンサーサイト
  1. 2006/01/19(木) 23:54:01|
  2. 共有したいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<つながり | ホーム | 6割増しの美味しさ求め・・>>

コメント

文章って

そもそもが読む人の想像力に頼るものじゃーないのかなぁ。
小説だって新聞記事だって結局はそうだし。

想像の余地を許さない文章なんて無理だと思うし、あってもつまらんと思う。

なんて、massunを知ってるからmassunの文章から言いたいことが見えるのかな、私は。
  1. 2006/01/20(金) 20:51:19 |
  2. URL |
  3. けい #klq26XPE
  4. [ 編集]

好きな詩

萩原朔太郎、「竹」「くさった蛤」

北原白秋 「落葉松」

あ、時々私も書いてます。
  1. 2006/01/20(金) 21:15:10 |
  2. URL |
  3. アベッカム #-
  4. [ 編集]

けいへ
そうだよね。そうなんだよ。
事実をそのまま伝える文章からだって、想像するよね。
想像する力を失いたくないんだよね、私自身が。
だから人にも求めちゃうのかなぁ。
でもさ、わかってくれてると安心する。

アベッカムへ
あんなこと書いときながら、文学弱いんです私・・・。涙
でも、「お気に入り」って、昔のものも、今のものも関係ないですよね。
私もまた、書き始めようかなぁ。
  1. 2006/01/21(土) 02:17:37 |
  2. URL |
  3. massun #-
  4. [ 編集]

書いて、伝えて、それでつながって・・

って多くを求めすぎなのかな?

massunの場合は、相手の想像力に任せるっていうか、あまりにきれいにまとめちゃいすぎで、こういうことも思ってるのにっていう枝葉が見えてこないことがたまにあるさ。

まぁ、どれだけ伝わってるかなんてどうしたってわかんないんだけどさ。

あ、そして私の場合は文章があっちこっちにいすぎで読みづらいと思います。
しかし、3回ぐらい読めば少しずつわかってくるんじゃないかと・・。

アベッカムらしいな、詩の選択が。
青りんごみたい。
くさった蛤だけどさ。

あぁ・・愛媛に行きたいです。
結局、香Dさんにぽんかんを頼んでしまいました。
  1. 2006/01/21(土) 02:26:13 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

書いて、伝えて、繋がって…っていうのは別に求めすぎじゃないと思うなぁ。
だって人とコミュニケーション図って繋がる為にあるのが言葉だもん。

けど、伝わる文章は「必要以上に読み手の想像力を必要としないもの」かって言ったら違うと思うし、考えの道筋が見える文章がわかりやすくて説得力があるかって言ったらそうでもないと思う。そこの線をどこで引くかがそれぞれの表現で、そこがいいんだと私は思うけどなぁ。

ふたりの文章を読んでると、ある問題に対して私も一緒に考えて、歩いてって・・・みたいなのが感じられるから好き。
ふたりのことがプンプン感じられる文章が私は好き。

>あ、そして私の場合は文章があっちこっちにいすぎで読みづらいと思います。
いや、むしろ賢いオーラが漂ってる(笑)
  1. 2006/01/21(土) 03:34:58 |
  2. URL |
  3. けい #klq26XPE
  4. [ 編集]

けい、ありがとう。
>伝わる文章は「必要以上に読み手の想像力を必要としないもの」

かって言ったら違うと思うし、

考えの道筋が見える文章がわかりやすくて説得力がある

かって言ったらそうでもない・・

ほんとだねぇ。

一つだけ言えることは、私たちは自分達の気持ちを私たち自身の言葉で伝えようとしているってことから逃げてない

ってことかな。当たり前かもしれないけど、それが大事なことなんだと思うんだよね。

  1. 2006/01/21(土) 18:20:29 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/140-7cfef7c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。