ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

森の民の暮らしとつながる旅


南インド2004

MTK(森の民の暮らしとつながる会)で3/20(月)~29(水)にインドの森へ先住民族と出会うための旅の参加者を募っています。

この旅は、以前「うみかぜやまうた」という回で少し紹介した参加者一人一人が「自分を、自分の問題を、自分の生活を見つめなおす」ことを目的としたスタディツアーでもなければ、旅行でもない、人や自然や自分との「出会いの旅」です。

私は今年で3回目。
前回、自分たちのそこでの生活や、旅の意義について、改善点を見つけて苦しんだので、そこを今度は自分だけじゃなくて、旅の参加者みんなにしっかりしてほしいという思いから参加します。
主にゴミや、滞在先でのマナーについての問題です。

まぁ、素直にあの大地をまた踏みたいという思いもありますが。
なかなか一人じゃ入れない、とっても奥地の、外国人がほぼ入ったことのないところへ行きます。

でも、そんなところに行くということは、リスクも多くあり、いろいろと考えさせられることばかりです。

彼ら(先住民=アディワシー)は、ダムで自分たちの土地が沈んでしまったり、困難な問題を多く抱えていて、その問題と共生したり、向き合ってアクションを起こしています。私たちはそんなところを目の当たりにします。
そして、じゃあ、自分たちの問題は?自分たちはその問題にどう向き合っているんだろう・・と考えたりします。

この間の旅で、私はなるべく「形跡を残さずに帰りたい」と、そればかり考えていました。この思い、共有しませんか?

いろんな出会いもあり、何かのきっかけになるかもしれません。


そしてそして、村のカレーは、ほんとにほんとに美味しいです。
幅1キロの雄大な河のほとりで飲むビールも最高です。
ぜひぜひ一緒に行きましょう。

スポンサーサイト
  1. 2005/12/24(土) 04:28:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プレゼント | ホーム | 秋はどこへやら>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/126-99951563
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。