ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あたりまえのこと

ALWAYS3丁目の夕日という映画を観てきた。

当たり前のことに、胸が熱くなった。

始まりのところで、子どもが飛行機を飛ばして、「すごいやぁ~っ!!」って夢中になって追いかけてるとこ見て、こういう子どもって、今いるのかなぁって思った。
私は、普段子どもと接することがあんまりないから、もぉそのシーンから最後までずっと泣きっぱなし。
疲れてたのもあるけど、ちょっと緩めすぎだったかな。涙腺。

それにしても、子どもがばっちかったなぁ。
インドの子ども達と引けを取らないよ。

1950年末頃の話なんだけど、私はそんな昭和の「古き良き」時代って言うの?最近、流行ってたけど、そういう時代って、もう忘れられてるし、あったとしても、その時代を生きてきた人たちの心の中だけにしかもう残されてないのかと思ってた。

でも、それを、映像化して、誰もが見られるようにした人たちがいた。
どっか、潜在的に記憶としてあったかもしれない、昭和の日本人の良さを思い出させてくれるそんな映画をつくる人がいるってことで、少し、いや、かなり希望を持てました。

別に、昭和に戻らなくてもいい。
戻れないもん。
でも、大切なとこは残したい。伝えたい。
そこを失ったら、夢とか希望なんていう言葉も本当に空想の世界のものになっちゃう。

でも、この映画は思わせてくれた。
まだまだいけるんじゃん?日本。そして、日本人。
って。


ゆーひ

スポンサーサイト
  1. 2005/11/20(日) 02:46:05|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<自立とは | ホーム | ジュース>>

コメント

私も!

これから見て来ます☆
そんなに泣けたか~。ハンカチじゃなくてタオルが必要?

KUREHAが日本に少し希望を持ったみたいで良かった。笑
それだけでもかなり意味のある映画だね。

じゃあ、見たら感想も書くね~☆
  1. 2005/11/20(日) 16:10:50 |
  2. URL |
  3. massun #-
  4. [ 編集]

 こんにちは、毎日毎日寒いですね…。

 今日もまたちょっと意地悪なことを。今ぼくらが生きている平成の世の中と、その‘古きよき’昭和の時代とは面々とつながっているものではないのかなぁ、とぼくは思います。つまり、その時代が、今という時代を作る背景になったのではないかと。
 
 今という時代をクレハさんが嘆くのであれば、そこら辺のことを押さえておく必要があるのではないでしょうか?

 安易に希望を語ってほしくはないのですが、また同時に簡単に絶望に浸ることもあまりいいことには思えません。
 でも、矛盾するようですが、実はよく分かります。ぼくも世界の矛盾を知れば知るほど、そのたびに嘆息し、何故人間はおろかなのだろうと嘆いてきたのですから。

 その意味で、あなたのすぐ身近にいるK先生のこと、もっと知るといいですよ。
  1. 2005/11/21(月) 13:56:14 |
  2. URL |
  3. Hiro 19 #-
  4. [ 編集]

こんにちわ

くれはちゃん、はけだよん。遊びにきました。うーん、えーと、きのうは里芋の煮物をつくりましたってちがうか。。ごめんね、コメント苦手みたいだわ。でもまた遊びにくるね。
  1. 2005/11/21(月) 19:22:25 |
  2. URL |
  3. はけ #-
  4. [ 編集]

伝説の先輩へ

嬉しいな。コメントありがとうございます。
里芋の煮物いいですね。
あいかわらず、バングラで和食をつくってるとこがすごい。
優さんが帰ってきたみたいで楽しそうで何より☆
また2人で色々しでかしてください。

  1. 2005/11/22(火) 01:42:08 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

hiro 19さんへ

古き良き時代があったからこそ、今がある。
それは、わかっているつもりです。

古き良き時代を否定するつもりはないし、つながりはもちろん感じます。

現に、今関わっている山谷のおじさんたちの中には、私が住んでいる光が丘の団地を建てた現場にいた人が何人もいたりします。あの時代があったから、今の生活があり、社会がある。
それは、嘆くことでもあるかもしれないし、感謝することでもあるかもしれない。


今までの経緯も大切だけど、私は今とこれからを考えたい。
hiro 19さんの言うように波がある私ですが、素直に生きるとまだこんなんです。

K先生とは、お話する時間を増やしたいと思っていたところです。
hiroさんとも直接お話できる時間がほしいですね。
  1. 2005/11/22(火) 01:58:44 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/111-9faf444d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。