ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マイペース

アフリカ①


NHKスペシャルの再放送で石油闘争の問題をやっていた。国はナイジェリア。
想像以上の汚職・腐敗・内戦の被害がかなり露わに放送されてた。

政府の職員の27万人のうち4万人が幽霊職員でその分の給料がどこかに消えていく・・・ちょっと考えられない。


最近アフリカのこと特集する番組が多くてテレビも見とこっかなと思ったりする。


7月31日の夜21時から同じくNHKスペシャルでエイズの問題を特集するそう。

治療薬ができて先進国では、不治の病と言わなくてもよくなったエイズだけど、世界一蔓延してる南アフリカでは、1年で40万人が亡くなってるんだって。この数リアルじゃなくてわからない。
 さらにリアルじゃない数が続くけど、南アフリカでは、530万人の患者がいて緊急に治療が必要な数だけでも50万人もいるのに薬が行き届いているのは、5万人だけ。

貧しいことが、エイズを生み、搾取や汚職を伴い、争いが起こり・・・。これってなんなんだろ?この場合の貧しいってお金がないってことだけど、お金があったからって必ずしも幸せかって言ったらわからなくて。

お金がないと生きていけない世界をつくったのはヒトで、私もその世界の中にどっぷり浸かって生きてる。


お金というものをなるべく生活と切り離して最終的な手段として考えられないものかね。


ふぅ・・・考えると疲れることばかり。


でもまぁ、疲れたら気分転換してまた考えたいと思う。



これはもうお得意のマイペースに任せるしかないっしょ。

頑張る時は頑張るけどねん♪



スポンサーサイト
  1. 2005/07/26(火) 02:11:39|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<デポジット・・ | ホーム | 初めての四国>>

コメント

記事を読んで

アフリカ、金、エイズを始めとする病気。自分にとってこういったものから思い出されるのは「募金」かな。数年前はかなり頻繁にしてたんだけど最近はぼちぼちになってしまってます。その原因はある人の一言

「募金の大半は送った国に流れてるからそんなに意味ないらしいよ」

これはショックでした。でも考えてみると確かにそうなのかもしれないですね。
なぜなら日本だけでも年間七桁以上の募金がいろんなところに送られているはず!そしてCMで流れる「100円あれば~の薬を…作れます」という宣伝、これらを単純に考えたとして100万円あれば1万人に対して薬が作れ、多少なりとも命が救えているはず(もちろん実際には多数の国が同じ事をしているのでずっと多いでしょう)

なのに毎年募金は行われ、同じような宣伝が流れつづける。と言うことは、自分にそれを言った人の意図はわかりませんが「国に流れる」というのはある意味的を射ているのかもしれません。しかし仮にそうだとしたらその「募金」が何に使われているのか?自分は政治学に通じていないため詳しくないのですが、ためしに調べる価値はあるかもしれません。

まぁいろいろ書きましたが、だからと言って募金はやめていいものではなく、募金どころか現地に飛んでいろいろしている方々も大勢いますから応援の意味もこめて募金は続けようかなと思う午前五時でした。 
  1. 2005/07/26(火) 05:18:14 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集]

わたしたちにできること

募金は私達にできることの一つだと思う。
募金てお金じゃなくて気持ちを託すっていうイメージ。

もしそれが何に使われているか、どんな風に使われているかを知りたければ、ちゃんとした団体だったら公開してるはずなので、HPとか見てみるといいかも。


それでも募金はちょっと・・と気が引けてしまうヒトは、少しだけ「あったら便利。なくても平気」なものを買わないっていうことをする。
みんながそうすればその商品の需要が減って次第に市場に出回らなくなる。私は特に外国産のものや、人間一人の単位で不正な取引をしてモノを輸出入している企業などの商品は「なくても平気」なら買わないようにしてる。それで搾取がなくなるわけじゃないけど、少しずつやることが大事だと信じたい。
無理せずフェアトレードとうまく関わっていけるとなおいいと思う。


募金の話と外れちゃったけど、他にもわたしたちができることっていろいろあると思う。

飢餓で苦しむこどもたちは私たちのようなものが溢れた中で暮らすヒトの生活を知らないかもしれない。
でも、わたしたちはそのこどもたちが苦しんでることを知ってる。
実感はないかもしれないけど、「知っている」からできることってあるんじゃないかとわたしは思う。
  1. 2005/07/26(火) 09:18:11 |
  2. URL |
  3. KUREHA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitonokazudake.blog17.fc2.com/tb.php/11-58626e97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。