ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

提携の有機野菜を料理して映画を観る会vol.39



立春が過ぎました。

まだまだ寒さが厳しいですが、少しずつ日が長くなってきて、確かに春は近づいてきていると感じます。


1月のミラ会では、千葉の南房総からたくさんの蓮根が届き、蓮根餅(刻んだ蓮根とおろした節、少しの小麦粉をつなぎに丸めて焼く)や、素上げ蓮根、根菜の煮物、2種類の菜っ葉の炒め物、野菜たっぷりのみそ汁など料理にじっくり時間をかけて楽しみました。



さて、2,3月のミラ会は、3月に合同で織座農園での合宿を考えていましたが、2月は2月でミラにていつも通り開催することにしました。

ブログ掲載が遅くなってしまいましたが、内容盛りだくさんなので途中からでもぜひご参加ください。


なお、3月の合宿に参加希望の方は、日程などの要望があればお伝えください。


それでは、今月の「提携の有機野菜の料理と映画上映会」の詳細です。

【日時】
2月18日(土)
11時 OPEN・昼食づくり
12時半~ 昼食
14時半~ 映画上映「原発ほんまかいな?」 (75分)
18時 CLOSE

【場所】
ミラ(まあるいぱんや):練馬区南大泉1-23-9
(最寄り駅:西部池袋線保谷駅・西部新宿線武蔵関駅より共に徒歩15分
/吉祥寺より4番乗り場からのバスで小関降車徒歩10分)

【参加費】
1000円(場所代・野菜代)

<映画の内容>

電気事業連合会のパンフレットには『地震にも津波にも大丈夫』て書いてあるけど、うちら、だまされてたんとちゃうか?」
「なんでそんな危ないもんが日本中にあるねん!」パンフレットを手に、八百屋の店先で悩み始めた由貴江と容子。
二人の疑問に、専門家や当事者がていねいに回答していく。


ピークを過ぎているウラン資源

ウラン鉱山で引き起こされている環境破壊や被ばく

輸送や燃料加工、再処理や廃棄物処分の過程で放出されるCO2

海に垂れ流される温排水、どんどん出る放射能を帯びたごみ

実現の見込みがまったくない高速増殖炉、

ハイコスト・ハイリスク・ノーリターンの再処理計画、

行き場も処理技術もない高レベル放射性廃棄物。


・・・最も高かった原発のコスト。


事故がなくても放出されている放射能


被ばくを伴う労働がなければ発電できない事実


実はたくさん起きていた事故


本当は、原発がなくても足りる電気・・・。



一つひとつの事実を追い、原発の「ほんとうの姿」に迫る。

原発を「ちゃんと知り」、いま、未来を私たちで構想するための作品。
HPはこちらから http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/genpatsu.html

<以上、HP紹介文より>


身の回りに溢れている常識や情報に対して


「ほんまかいな?(ほんとかいな?)」

素直にそう疑問を抱くことが大事にできれば、日々の選択に少しずつ変化が現れてくるのではと思います。

できるだけたくさんの人とこの映像をシェアして、こたつに入りながら語ることができれば嬉しいです。



今週末、長野県佐久市では、「原発ほんとかいな?集会?」が催され、ハイロアクションの武藤類子さんのお話会が開かれる予定です。

「100,000年後の安全」や「原発ほんまかいな?」も上映予定。

私も友人の若いお母さんたちと参加してきます。


市民運動という「枠」を超えて、生き方として原発NOを実践できるよう、手探りしながら暮らしを紡いでいきたい、難しいことだけれど、そう思います。




ミラ会当日は、まあるいぱん屋の営業日でもあるので、庭からお入りください。

参加希望のご連絡をお待ちしています。


KUREHA
japanesemaple_7@hotmail.com




スポンサーサイト
  1. 2012/02/10(金) 13:22:09|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。