ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脱け出すこと


乗り慣れない妹のヴィーノで通勤中、砂利でスリップして転んでしまいました。

大きなケガはないものの、膝が砂利でぎざぎざに切れてしまい、10センチ大の「へ」の字が刻まれてしまいました。

この「へ」は、平常心の「へ」か、変革の「へ」か―


入職早々、多大な心配をかけながらも思わぬ連休をいただき、ゆっくりとここに来るまでのことを振り返りつつあります。


先週末、茨城に越してから初めて、実家とミラに戻ってきました。

24時間の短い帰省でしたが、私が今暮らしている時の流れとほとんど変わらない、ゆるやかな空間の中に身を置くことができました。


ミラの「提携の有機野菜を料理して映画を観る会」もあっというまに7回目。

総勢96人(重複者あり)が、あの場で交わってきました。

主催者でありながら、massunも私も、何かをするわけではありません。

それでも、ひとりひとりが足を運んでくるわけを、少しずつ話し始めるあの瞬間がたまりません。

来てくれるひとりひとりが、つくる会。

ひとり欠けても、ひとり増えても、違った集まりになる。


ちいさな社会みたいですね。

for blog6



さて、ここからは、東京の混み合う電車の中で手帳に書きなぐったことを、少し書かせていただこうと思います。


脱け出すこと


すれ違いざまだけではなく、後ろからでも横路からでも人の姿が見えれば挨拶を交わす常陸大宮の暮らしに馴染んでしまったからか、以前はそらしていた視線を強く向けて、あわよくば挨拶をしようとしている自分が居て可笑しかった。

金曜の夜、満員電車の中、

「この人、映画館で働いてるんだ~」

「この人は今日コンサートに行って心があったかくなってるんだな」

と、何人もの携帯メールの画面が視界に入る。

その人の顔も見ずに、日常を垣間見る。

会話を交わしたわけでもなく、そこに私とその人のコミュニケーションは無い。


下手すれば1度に7,8人の人と触れ合って揺られる満員電車。

私は、この東京という人も街も表面的には小奇麗だけれど、内在している問題の根深さや構造から与えられるストレスから脱け出したかった。

もの心ついた頃からずっと。


何かが見えなくされている。

誰も本当に大切なことは言葉にしない。

人とのかかわり方を、経験からではなくマニュアル本で習得しようとする。


東京から脱け出すタイミングを見計らいながら、この2年ほど、蛹(サナギ)でいたような感じだが、その時間があったからこそ、

「大丈夫、やっていける。」
と、心落ち着かせて前を向いて思える。

色んな命に支えられていることを感じる。


なぜ私が精神科のソーシャルワーカーという生き方を選んだのか―

歩いてきた道を振り返りながら、しっかりと言葉にしておこうと思う。


そして、次から次へと山積みになっていく学びや、身につけなければいけないことの一つ一つを、じっくり身体にたたきつけて、今の自分からは想像できないような人間になっていく可能性を持ち続けたい。

そんな胸の高揚感を抱けたのも、あそこから、東京から脱け出して、不必要な社会からのストレスを感じなくてよくなったからだ。

生まれ故郷の未来を憂いながら、緑豊かな地で学び生きよう。


for blog4


と、思い高らかになりすぎた私に、

「おいおい、先は長いぜ、しっかり地に足つけてじっくりいこうよ」


と、この膝の傷が、

「平静」

を取り戻せと教えてくれているような気がします。





スポンサーサイト
  1. 2009/04/30(木) 17:02:40|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

季節を感じながら


こんにちは。
KUREHAです。

for blog


春という季節が、雨水によって日に日に鮮やかな緑色に染まっていきます。
みなさん、いかがお過ごしですか?

for blog8


私は、これまでになくたくさんの、ささやかでひっそりしていて、かつその一つ一つが輝きを帯びている出来事によって春をかみ締める日々です。

for blog2


このあいだ、メンバーと一緒に平茸の植菌をしました。

私の働く大子町も、日本の山間地帯の例外ではなく、見渡す限り、杉がぎっしり生えて手入れのゆき届いていない杉林の山々なのですが、病院の裏庭には雑木林があり、様々な木々が様々な形の葉を落としています。

平茸は、その雑木林から伐ってきたそねの木(地元ではそう呼んでいるそうです)に菌を植え付け、夏まではかぶせた藁の中でひそかにむくむくと育ちます。

そのほか、原木のしいたけも何年か前に植菌したものがあり、にょきにょき出てきて、たまに美味しそうなのをメンバーが採って、もって帰って食えと言ってくれます。

for blog9

山、川があって、たくさんの季節折々の自然あふれたところで生まれ育った人間は、生命力が強い!

と、実際に畜産や畑、田んぼの作業を早朝からやって出勤してくるスタッフや、木々や野草について詳しく、体力も都会の人間とは比べものにならないぐらいあるメンバーと接して、まず感じたことです。

for blog3


織座のお母さんから、自然と向き合う仕事ではどんなに辛くても忙しくても、ストレスは感じないということを聴いたのを思い出します。

for blog12


さて、これから自分にどんなことができるのか。

この20日間で、魅力的でパワーに溢れた、もしくはものすごいパワーを内に秘めている人に何人出会ったでしょうか。

ここにある豊かさ、魅力、それらが育ててくれる生きる力。

このすべてのいのちに敏感でいたい。

慣れてしまうことのないように。



余裕をもって日々を大切にできる今、やるべきことがたくさんあって浮き足立ってはいられません。

for blog5


地に足つけていきましょう。

for blog10




  1. 2009/04/18(土) 16:46:58|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「提携」の有機野菜と映画の会vol.7

ぼんぱん

3月7日のミラでの会は、
友人が焼いてくれた天然酵母のパンでサンドウィッチをつくり、
遠くグァテマラで有機栽培されたフェアトレードコーヒーをいただきました。

メニュー

お料理好きの人が多かったので、工夫されたお料理が並びました。
普段サンドウィッチをつくらない私は、
こんな具もパンにはさんで美味しいんだ!と、驚きと感動の連続でした。

「おいしいコーヒーの真実」という映画も、
普段飲んでいるコーヒーのこと、食べ物のことを、
みんなで振り返るためにはとても良い映画だったように思います。

さて、数時間後に長野に出発するため、
少し焦りぎみですが、今月のミラでの会の詳細を記してから、
旅立とうと思います。

日時:4月25日(土) 11時~18時
    (映画上映は食事を食べて、14時頃からを予定)

会場:ミラ(練馬区南大泉1-23-9)
   西武池袋線保谷駅から徒歩15分(保谷駅に着いたら連絡をくれれば迎えに行きます)
   JR中央・総武線吉祥寺駅からバス停4番乗り場より(どのバスでも可)乗車し、
   小関降車、徒歩10分

映画:『プルミエール 私たちの出産』
    製作 フランス(2007年)

イルカと一緒の水中出産を希望するメキシコのガビー。

1日120人以上の子供が生まれる、世界最大の産院で出産するベトナムの女性たち。

医療機関に一切頼らず、仲間に囲まれて自然分娩に臨むアメリカのヴァネッサ。

臨月でもステージに立つフランスのダンサー、サンディ。

貧困の中で命がけの出産に挑むインドのスニータ。

自分の母と同じく、昔ながらの介助出産を選んだ日本の由紀子。

真っ暗な夜の砂漠で出産する、ニジェールの遊牧民マニ…。


世界10カ国で、女性たちの出産前後をカメラに収めたドキュメンタリーだそうです。

私はまだ観たことがない映画なのですが、
とても観てみたかった映画のひとつです。

最近、妊娠・出産、こども、の話題にとても敏感になりました。

というのも、赤ちゃんは自分の一生を見てから、
この世に生を受ける。

というお話を聞いたから。

偶然知人に誘われて行った、
胎教セミナーでのお話でした。

自分がどんな母から生まれ、そしてどんな使命を持って生きるのか、
どういう風に死んでいくのか、
きちんと理解した上で生まれてくるそうです。

残念ながら、その「使命」は、大人になるにつれて忘れてしまう人も多いそうですが、
3歳ぐらいまでは覚えている子が多いそうです。

確かに…、うちの子は不思議なことを言うときがある…、
なんてお母さんも多く、経験のない私は驚きました。

私が最近、こどもに非常にひかれていたのは、
そういうことかもしれないな…と、考えさせられるお話でした。

子供を見ていると、
どうも頭が上がらないというか、
感動の連続なのです。

大人のごまかしや、都合なんて、
一切通用しない純粋な心を、私は求めているのかもしれません。


それからもうひとつ、
この映画を選んだ理由に、
こんなエピソードがあります。

去年、私の友人が妊娠し、
助産院で産むことを希望しました。

しかし、途中、彼女の体調が優れず、
心配したパートナーが、「病院で産んでくれ」と頼みます。

どうしても助産院で産みたい…!

しかし、家族や相手の両親にも反対されて、くじけそうになっていた彼女は、
パートナーと一緒に、今回の映画「プルミエール 私たちの出産」を、
遠く群馬まで、ほとんど最後の綱のごとく、観に行ったそうです。

映画を観終えたパートナーが一言、

「病院で産むのはやめよう!」

彼女の勝利でした。

結局、有機野菜を食べ、
適度な農作業を、臨月(妊娠10ヶ月のこと)になるまで続けた彼女は、
理想の体重をキープしたまま、初産にも関わらず、
分娩台に上がって、5分でツルンと、
元気な女の子を出産しました。

私にとっては、なんとも、愉快なお話でした。

ですから、
今回の映画はちょっと…、と言わず、
男性の方々もぜひ観にいらしてくださいね♪

ではでは、みなさんご連絡お待ちしています。

  1. 2009/04/04(土) 12:24:30|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご報告


4月になりました。

みなさん、いかがお過ごしですか。


私は、毎日、あたりまえにある自然の豊かさに感動しながら、その一つ一つが私自身のあたりまえにならないように、感動し続けられるようにいたいな と思いながら過ごしています。

東京の巨大団地の一角で、見渡せば都庁や東京タワーが眺められる11階の小さな部屋で、育った私にとって、

ふきのとうが道端に並んで生えていたり、

1時間に一本の電車の窓から畦道を歩く孔雀を発見したり、

四葉のクローバーを3つも見つけたり、

雑木林で落ち葉を拾ったり、

掘った土の中のピンクのミミズに見惚れたり、

その一瞬一瞬が、喜びに満ちているがゆえに、離したくない感動です。

daigo13.jpg


大子町は、河の水が満ち、大地に染み入っていくような気持ちにさせてくれます。

人もまるで川の中の生きもののように、繊細で澄んでいて、だからこそ現代社会の毒にやられて暗くて思い闇を胸に抱えもつのかもしれません。

たくさんの溢れ出る情報の中で、何を大切に生きたらかろうじてでもへこたれずに生きられるのか、彼らは知っているような気がします。


その知を自覚し、許し、受け止められれば、誰かを許し、受け止めることもできる。


でも、これってきっと想像以上に、根気の要る大変なことなんだろうと思います。


私が、出会いによる気づきに支えられているように、彼らと出会っていけたら・・・

という想いを抱きながら具体的に構想を始めてみたいと思います。

みなさん、色々アドバイスをください。



次回の有機野菜の料理と映画会inミラは、4月25日(土)を予定しています。

映画は、プルミエールといういろんな国の様々な出産のドキュメンタリーです。

詳細はmassunから。



話が、あっちこっちへと飛びますが、国家試験の結果、無事合格することができました。

日々を大切にしながら、精進していきたいと思っています。


setsu1.jpg


KUREHA


  1. 2009/04/01(水) 22:13:51|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。