ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いきるデコボコ道


先日、ミラで小さな新年会をやりました。
最終的に残ったのは、去年インドを旅した3人でした。

夜更け近くまで話していて、朝起きてからもまた昼近くまで話しつづけていました。

話の焦点は色々変われども、やはりこの時代に生きる私たちのことが基準になっていました。

その中で、「死にたいと思うこと」という話になりました。

なぜ、こんなにも自ら命を絶つ人、死にたいと思う人が多いのか。


私は今年のお正月、
することもなく、TVはつけていたものの、
悶々とただ一人で過ごしていたら、
余計なことばかり考えすぎて、本当に暗い気持ちになりました。

人は「一人で考える時間」が増えすぎてしまったのではないか。

もともとわかるわけもないことを考え、
答えの出ないことを考え、悩み、それによって苦しむ時間が増えたから、
悶々とし、辛くなってしまっているのではないか。

そういう話になった時に、
私がその時思った、「コンビニ弁当と手料理」の話を2人にしてみました。

今は食べるという行為をするときに、
コンビニに入ってお弁当を選んで、買って、食べ終わるまでに30分もかからない。
あとは弁当の空箱と使い終わった割りばしを捨てて、
ペットボトルのお茶を飲んで終わり。

でも、私の暮らす農園での生活は、
ご飯を食べるには、
お米を研いで、圧力鍋を火にかけて、
足りない食材は畑に行って収穫し、
それから土を落とすために丁寧に洗って、それぞれの野菜を料理して、
器に盛り付けて、テーブルを拭いてお箸やお皿を並べて、
ご飯と味噌汁をよそって、食べる。
食べたらまた食器を洗って片付ける。
その間に、お湯を沸かして、
最後にお茶を入れて飲む…というところまでする。
畑から帰ってきてお茶を飲み終わるまでに、2時間~3時間はかかる。

コンビニ弁当と手料理の間に、1時間半~2時間半の差がある。

これが、人が考えている時間の差だとしたら…。

人は、食べる=生きる という行為に割く時間を本来大切にしてきたのではないか。
その時間を最小限にして、生きるということ以外のことを考える時間が増えてしまったら…。

こんな話をしたら、kurehaが、
でもそれをみんなが望んだからこうなった。
と言った。

確かにそうだと思った。

コンビニは便利だし、みんなも料理をつくるのが大変だからこういう時代になった。
農業は大変だから、
第一次産業から第二次産業、第三次産業へシフトした。

考える時間が増えたことによって、
社会の矛盾、差別などの問題に向き合う時間ができて、
解決しようと努力していく結果にもつながったかもしれない。

考えることはいいことか、悪いことか…。

帰ってから、時間のある私は、たくさん考えた。

そしたら、「アスファルトの道とデコボコ道」が浮かんだ。

アスファルトで固められた道は、危険が少なく、
考え事をしていても、何にもつまずくことなく安全に歩くことができる。

かたや、農園の周りにはデコボコの坂道が多く、
真冬は土が凍って、雪や霜の水分で道のデコボコもいっそうひどくなり、
急な下り坂では転ばないように、下を見ながら一歩一歩必死に歩く。

転ばないようにする=危険の回避=いのちを守る ??

普段、アスファルトの道を歩いている時には、
ボーっと、死にたい…なんて考えている時もあるかもしれない。

でも、デコボコ道では、自然と、自分のいのちを守ろうとしている自分がいる。

自分のいのちを意識する瞬間。

無意識のうちに、生きようとしている瞬間。

そんな瞬間を、コンビニ弁当やアスファルトで整備された道は奪っているのではないだろうか。

人が望んでこうなった時代。

自分のいのちを守るための行為が、隠されている時代。


考える暇もないほど、ただ生きる行為をしていたいのか。

なぜ生きるのか、なぜ生まれてきたのか、これからどうしたいのかを、考えていたいのか。

どう生きていったらいいのだろう。

スポンサーサイト
  1. 2009/01/16(金) 01:46:58|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

謹賀新年

夕方

年があけて、2009年になりました。

みなさん、昨年は大変お世話になりました。
ありがとうございました。
お会いできなかった方々とも、ヒトノカズダケでつながっているような不思議な気持ちです。

今年もヒトノカズダケをよろしくお願いいたします。

新年早々、嬉しい悲鳴です。

昨年の12月29日付の朝日新聞と日本農業新聞(発売日を忘れてしまいましたが…)に、
私の働く日本有機農業研究会から秋に発行された、
『有機農業をはじめました!88人の実践』という本を紹介していただき、
仕事はじめの5日に事務局に行ったら、
本の注文の嵐。

昨日、今日と、約100冊を、お問い合わせいただいた全国の方々に発送しました。

全国紙ってやっぱりすごいですね。

有機農業に関する本をたくさん発行している会ですが、
書店での取り扱いはほとんどなく、
事務局から直接発送しています。

この本は、
全国でここ約10年ほどの間に有機農業をはじめた人たちにアンケートをとり、
そのアンケート回答が中心になっています。

とてもシンプルなようで、88人の有機農業をはじめた人たちの人生がつまっている、
希望あふれる本です。

私はこの本の制作に、深く関わらせていただきました。
本当に充実した仕事をさせていただいたと思っています。

この本が読んでみたい!という方がいらっしゃいましたら、
私か、日本有機農業研究会までご連絡ください。

表紙には、ヒトノカズダケに関わりの深い、ちょっとしたひみつも隠されています…。


さて、今年もプライベートではマイペースに、
ミラに集った仲間と一緒に、
有機野菜を料理して、食卓を囲んで味わって、映画を観ようと思います。

1月の映画は、
「ベルリン、僕らの革命」(2004年のドイツ映画)です。

「わたしたちはわたしたちのやり方で世界に訴えることができる」
と、教えてくれるような映画(kureha説)だそう。

主人公は現代ベルリンに生きる3人の若者たち。

金持ちばかりが優遇される現代社会へのレジスタンスとして、
盗みは一切働かないけれども、留守中の大邸宅に忍び込み、
帰宅した者たちを恐怖に陥れていく主人公たち…という話から、ストーリーが発展していきます。

世界を、自分自身から問い直す、もってこいの時代。
そして、この映画。

ぜひ、鑑賞後にはみんなで語り合いましょう。

以下、詳細です。

日にち:1月30日(金)

会場:ミラ(練馬区南大泉1-23-9)
   西武池袋線保谷駅から徒歩15分(保谷駅に着いたら連絡をくれれば迎えに行きます)
   JR中央・総武線吉祥寺駅からバス停4番乗り場より(どのバスでも可)乗車し、
   小関降車、徒歩10分

時間:ミラ開放14時~ 18時~料理・食事 20時半~映画上映(127分)

参加費:500円(ミラの入場料)+野菜・米代

映画鑑賞後は、泊まれる方は宿泊をおすすめします。

みんなでロウソクの火を囲んで、
夜更けまで語れたらと思います(映画の後はキャンドルナイトです)。

ではでは、参加してくださる方は、kurehaか私までご連絡ください。
よろしくお願いします。

今年一年が、少しでも笑顔の多い年になりますように。

  1. 2009/01/07(水) 00:24:10|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。