ヒトノカズダケ

 ヒトノカズダケ・・・ 言葉があり、想いがあり、LIFESTYLEがあり、幸せがある。 日々よぎる思いを言葉にし、近くにいるようで遠い誰か、まだ知らない誰かとつながりを持てたらいいと思ってつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

絶好のチャンス


なんだろう?この胸の爽快感は。

快晴の空と河原の冷たく澄んだ風以外にも、この胸を晴らした訳がありそうだ。


今日は、恒例の山谷越年冬祭りの2日目。

親子丼を、300食炊き出した。


山谷は、私にとって初めての‘地域’と呼べる場所なのかもしれない。

あそこに行くと、すれ違う人みんなに声をかけたくなる。

ふだん暮らしているところや、ほかの場所では声をかけるなんておろか、近づくこともできない人たちと平気で笑い合い、触れ合っている。

名前すら覚えていないおっちゃんが、
「おぉ、元気か~?仕事してるのか?派遣じゃないよな?」
とか、
「(坊主のときを知っていて)髪が伸びたなぁ~、やっと女になった」
とか、
「ひさしぶりだなぁ。ちゃんと食べてるか?」
なんて、聞いてきてくれると、涙が出るほど嬉しくなって、自分でもびっくりするほどの笑顔で返す。

去年の夏に山谷の女性宿泊所の夜勤を辞めてからは、山谷には夏祭りと越年の年に2回しか足を運ばなくなった。

半年振りのおっちゃんたちとの励まし合い(いや、私のほうがたくさん励まされていた・・)で、山谷が私にとってほかの場所とは比べることもできない特別な場所だということを気づかされた気がした。


身心に不調を抱えていたり、金銭面、人間関係の問題をそれぞれ抱えながらも、集い、穏やかに笑い合って時間を過ごすことのできる彼らからは、人間の生きる強さを感じた。


このあいだ、國學院の差別とアイデンティティという講義に、以前働いていた精神障害者の作業所のメンバーが出張講演に来てくれた。

メンバーの1人は、出張講演の当日、妄想が出現したため仕事をすることができなかったと話した。

それなのに、なんでここにいられるんだろう と、私は首をかしげた。

彼は、あと1日で、休まずに1年仕事に通うことができたはずだったが、具合が悪くなってしまって、ショックで、本当は今日、来るのを迷ったと話した。

けれど、彼の通う作業所のスタッフは言ったそうだ。
「気分転換に行ってきたら?」

・・気分転換? 大勢の前で自分の辛い経験や今の自分自身を語ることが気分転換?

面食らってしまった。


彼は、授業の後こそっと、「この授業じゃなかったら来なかったですよ」と話した。
ここでだったら、無理をすることなく、今のありのままの自分を見つめ、話ができると思ったのだ。


誰だって、自分の認めたくない一面や、嫌いな部分がある。

なかなか向かい合えない自分が内に潜んでいる。

そのいちばん隠したい自分の内面を人の前で言葉として表現することの凄さに、再会の嬉しさとともに涙が溢れた。



この年末に思うこと。


働く権利を奪われた労働者は、不当な解雇には声を挙げるべきだと思う。

しかし、身心を削って必死にしがみつくほどの労働なのかどうか、問い直してみる機会として受けとめることはできないだろうか。


生きなおす絶好の機会。


1人の選択によってその人生は変わり、1人1人の選択によって社会は変わる。



私は、貧困そのものが、生を貧しくするとは思わない。

それは、山谷にしたってインドにしたって、同じことだ。

1人の生き方で、世界は変わる。

そう信じて、信じた道を生きる人が世界を変える。


生き方なんて、自分次第だ。


それを生涯、言い続けていきたい。




スポンサーサイト
  1. 2008/12/30(火) 01:09:01|
  2. kurehaの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

これからどこへ


みなさん、年の瀬いかがお過ごしでしょうか。

私は、こたつでボーっと過ごす至福の時間を楽しみつつ、
心は毎度激しく動いております。

今年もたくさんの出会いがありました。

全ての出会いを、きちんと整理したいと思いながら、

その中のひとつの出会いを、今日は振り返りたいと思います。

11月3日~4日、1泊2日で、
新潟水俣病ツアーに参加しました。

そこで、終わっていなかった新潟水俣病の現地を知りました。

今日は水俣病について想うことを、話たいと思います。

四大公害問題のひとつ、新潟水俣病は、私の中では印象の薄いものでした。
しかし、やはり出会うと、深刻さがいっきに伝わってきました。

症状は同じように出ているのに、
補償金をもらえた人、もらえなかった人。

つまり、補償もなく、今なお苦しんでいる未認定患者の存在。

裁判をした人、黙っていた人。

メチル水銀を垂れ流していた旧昭和電工は、
名前を替えて現在も操業中。

そして、膨大な利益を得、事実を隠しつづけるその企業と、
企業を怨む者、企業に頼って生きる者。

狭い地域に隠された、たくさんの人間関係の歪みにショックをうけました。


そして、20年間も続く水俣フォーラムが、
今年は千葉で12月10日~28日まで開催中。

その中の、「水俣一揆 一生を問う人々」という映画を観に行ってきました。

熊本の水俣病患者たちが、水俣病を引き起こした株式会社チッソの島田社長に、
責任を求め、一生の補償をしてもらうよう訴える、実際の映像です。

水俣病になったことで、
離婚された人、家族を失った人、職を失った人、差別された人、
患者たちが、ひたすら島田社長に対して、
水俣病の被害を訴えます。
責任を問います。


新潟水俣病の現地を訪ね、
「水俣一揆 一生を問う人々」という映画を観て…。

私は知識不足で、本当に軽い気持ちで書いてはいけないと思いますが、
失礼を承知で、今の想いを書きたいと思います。

映画を観て、
人と人とのぶつかりあい、
憎しみほど、
疲れ、悲しいことはないと思いました。

そして、お金による解決は、結局そのお金が何に使われたかによっては、
良かったのかどうかが、わかりません。

新潟水俣病では、
補償金1500万円をもらった家族は、
そのお金で「水俣御殿」、つまり新築を建てたりしたと聞きました。
そして隣の未認定患者の家がうらやんだといった例もありました。

もちろん、不自由になった身体で、
生存権を主張することは必要です。

その時に、水俣病には、チッソという対象がありました。

しかし、現在を生きる私としては、
対象のはっきりしない病気や自殺で死んでいく人たちは、
それじゃあ一体どうしたらいいのかと…、考えてしまいます。
この保障なき時代を生きる私としては…。

ふたつの水俣病を、ほんの少しだけ見て私が感じたこと、

それは、お金で人はどこまで満足できるのかということ。
お金=欲 の根源ではないのかということ。

そして、個人的な欲は、憎しみを生み出し、
決して地球のためにはならないということ。
人間同士の信頼も築けないということ。

お金によって、
人間の欲が露呈するよりは…、

チッソや昭和電工のお金で、
「木を植えましょう」と私は言いたい。

極端ですが、

木でなくても、
水をきれいにしたり、汚した環境を元に戻す努力をする。

そして、生活スタイルを変えること。

国も、企業も、人も、
その生き方を変えていくこと。

人々の求めるものを、
自然と対話してから決めていくこと。

そして、お金では買えないものを通して、
人々が結ばれていくこと。

そう願いました。
できるのかな…、人類に、私に…。

最後に、
新潟水俣病患者たちは、1995年に国によって、昭和電工と和解させられました。

裁判や運動に疲れきっていた人々は、
悔しくも和解に応じました。

しかし…、最後まで一人だけ、和解に反対し続けた弁護士がいました。

彼は、私の目の前で、こう言いました。


「和解によって、人間の進歩はない!!」


公害問題を以後、絶対に繰り返さないために、
この裁判を立ち消えさせてはならないという想い。

しかし、世界で、日本で、四大公害問題に続く、より深刻な問題が多発する今…。

ほんの少しのお金で和解した、
人間、人類は、まだまだ進歩していないと、
その弁護士同様、非常に悔しく想わずにはいられません。

もちろん、企業、そして国の引き起こした公害問題を許すことはできず、
患者さんたち、そのご家族とともに、
闘っていきたいという想いを前提にします。

患者さんたちも、お金で解決できる問題ではないと、
感じていることは、映画を観て伝わってきました。

公害問題をきっかけに、
有機農業をはじめたという人々にも出会ったことがあります。

すべては無駄ではありませんが、
公害問題の反省を活かすことが出来ていないと、強く感じています。


…実はこの記事、何度も書き直していること、お気づきの方がいたらすごい!

書いて良かったのか、悩んでいます。

患者さんたちの立場からしたら、働けない身体にさせられて、
補助金は当然のことなのに、
私は、お金はいけないなんて、幼稚なことを言っているなと思います。

非常にデリケートな問題でした。


暑苦しく長い文章を最後まで読んでくれた方、
本当にありがとうございました。

私は明後日から織座農園です。

みなさん、良いお年をお迎えください。

  1. 2008/12/24(水) 01:04:02|
  2. まっすんの寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界と自分の在り方の見方Ⅰ

夏に観た「心の杖として鏡として」という映画が、今、UPLINKで上映されています。(私が書いた記事はこちらから)

「破片のきらめき -心の杖として鏡として-」というタイトルでの上映です。
八王子に在る精神科病院のアトリエに通う人々の日々を撮ったドキュメンタリー作品です。。



精神障害

心の病

精神病


そんな風に呼ばれるものを、私はなんと呼んでいいのか答えを出せずにいます。


驚くほど世界とそこに生きるものすべてに敏感な人間たちの抱えるもの

う~ん・・・



私がこの分野に興味を持ったのは、2つのきっかけがありました。


それは、またゆっくり書き足すとして、今回はこの「破片のきらめき-心の杖として鏡として-」という映画を観てほしいということ、これと一緒に近くのレンタル屋さんで「すべての些細な事柄」というフランス映画を借りてみてほしい。


できれば、「カッコーの巣の上で」も一緒に。



なんでこんなに焦ってお願いしているか。

なんだか、そんな衝動に駆られているからとでも言ったらいいでしょうか。



誰もが知っていていい人間の在り方であり、生き方であり、私であり、あなたであることが、こんなに隠され、あたりまえの枠の外に追いやられていることが、やっぱりおかしいと、


精神科急性期の閉鎖病棟で働きながら、なんだかおかしいけど、この掬いきれないもやもやをどう表現したらいいのかわからない


そのもやもやの一端が、マジョリティとマイノリティというものからも排除された隠された存在である彼らと出会うことで、世界が開けてくること、自分が開けてくること、今まで見てきたものがまったく違ったものに見えてくる・・・・・

そのことを伝えることによって、少しほどけてくるような気がするんです。


12月22日の17時50分から、國學院大學渋谷キャンパスの「差別とアイデンティティ」という楠原彰教授の講座に、私が働いていた作業所のメンバーが出張講演に来ます。

お時間の都合がつく方は、ぜひ彼らに会いに行ってみてください。



明日は、今年最後の映画上映と有機野菜の食事会で「生きる」を上映します。


なにか、みんなの胸に灯りをともしつづけられるような話をし合う場になればと思います。



  1. 2008/12/21(日) 02:15:36|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画上映と有機野菜の料理会vol.3


先月、24歳になりました。


今までにないほど、メールではなく、手紙や、直接お祝いをしてもらう場がたくさんあって、この人たちと巡り合えたことで、私は生まれてきた喜びを感じることができているんだなぁと実感しました。


ふだんは交わらずとも、不思議とその存在によって支えられている人がいる。


自分の中に在る言葉で話すことのできる人と会うと、とても安心します。
自分に帰ったような。

先週末、久しぶりに今の大学(10月末で無事卒業しました)の同期の方々と顔を合わせて、思いました。


書物や教科書やメディアから拾ってきた言葉で話をすると、どんなに長く会話をしても、話の内容を思い出すことができないことがあります。


なんというか、仕事や社会、家族や人間関係、生まれ育ったたところやすべての環境をとっぱらって(それらがその人の内に根付いて離れないならそれはそれ)、その人の身体ひとつで在る状態・・・

その人が素(そ)の人で在る状態 で空間を共有し、言葉を交わすことのできる場をつくっていきたいと思います。


今月の映画上映と有機野菜の料理会のお知らせです。


♪いのち短し 恋せよ乙女 ・・・

で始まるゴンドラの唄という曲を、ご存知でしょうか。(続きは最後へ)


今回は、思い切って黒澤明監督の「生きる」(1952)を上映することにしました。

ゴンドラの唄は、「生きる」の挿入歌で、その当時から今でもずっと歌い継がれている曲です。

詳細は以下のとおり
日程 12月21日(日)
時間 15時~映画上映 18時~料理・食事~各々の終電(泊まりも歓迎)まで
参加費 500円(ミラの入場料)+野菜・米代(人数で割ります)


「生きる」は56年も前に制作された映画ですが、人間の生と死の問題に真っすぐ向き合った普遍的な内容です。
黒澤監督の官僚批判映画の1つともいわれています。

主人公は、市役所の市民課長。

ある日、主婦グループが近所の汚水溜めによって子供が病気になる危険があるからどうにかしてほしいと陳情をしにきます。

主婦グループは、公園課、水道課、衛生課、予防課、防疫課、下水課、道路課、都市計画部、区画整理課と、あちこちにたらい回しにされ、結局どこも真剣に取り合おうとせず、市民課にたどり着いたのですが、主人公の渡辺課長は、顔を机に向けたまま、「市民課」と答え、主婦グループは憤慨して帰っていきます。

市民課の窓口には、下のような表記が掲げられています。

ここは、市民の皆様と市役所を直接に結びつける窓口です。
市政に対する皆様の不平、不満、注文、希望、
なんでも遠慮なくお申し出ください。


が、そこで働く職員達は誰もそのことを意に介していません。


しかし、そんな渡辺課長が、末期がんで余命4ヶ月という宣告を受けます。

自分の死期を悟って初めて“生きる”とは何かを掴んでいく物語です。


さて、渡辺課長は、なにを創ることによって、生き、死を迎えるのでしょうか。


ぜひ、観にいらしてください。


今、国家試験の勉強をしていて、死を予期した人がたどる5つの心理的過程は、次のとおりだと教科書で習いました。

1.否認
2.怒り
3.取引
4.抑うつ
5.受容


人は、ほんとうにこの5つの心理を経て、死んでゆくのでしょうか。

それは、その局面にならなければわかりません。


では、こんなに苦しい心理を経験するほどの生を、わたしたちは、生きているのでしょうか。


それは、今すぐにでも、考え、向き合うことのできることなのではないでしょうか。



・・紅き唇 あせぬ間に 
熱き血潮の冷えぬ間に 明日の月日はないものを 
いのち短し 恋せよ乙女 黒髪の色 あせぬ間に
心のほのお 消えぬ間に 今日はふたたび来ぬものを♪






  1. 2008/12/10(水) 00:08:07|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふりかえり +m

こんばんは。
KUREHAです。

11月22日に開いた映画上映と有機野菜の料理会vol.2に足を運んで、一緒に場を創ってくれた方々、ありがとうございました。

予想以上に人が集まり(ぜんぶで15人もの人が来てくれました!)、
お茶だけ飲んで帰る人、
まとまりのない状況にしか遭わず終電にダッシュする人、
夜明け近くまで話をする人、
朝まで居たのにほとんど寝ていた人などなど、

みんな忙しい中、よく集まったと感心してしまいました。


映画は、孤高のアウトサイダーアーティスト、ヘンリー・ダーガーの世界最長の小説と絵についてのドキュメントだったのですが、作品の中の少女や兵隊、動物たちが動いていることに、
(本人が亡くなった後に創られた映画なので)「本人は納得するのかな?」
「こんなんじゃない!とか言うかもね」
なんて、意見も。

でも、おもしろいっ!と感じる人が多かったようで、資料として日本や、ヨーロッパの数々のアール・ブリュット(アウトサイダー)アーティストの画集や、作品が紹介されている本を食い入るように眺め、ああだこうだと話をしました。


発想というものは、自由であるからこそ、おもしろく、果てしない可能性を秘めている。


アール・ブリュットに興味をもつということは、自由でありたいという欲求の表れなのかもしれません。



そして、ここからは個人的な今回の感想に入りたいと思います。


といっても、この日は少し疲れていて、話したいことや聞いてみたいことを交わす前に眠りに入ってしまったので、この日が終わってから考えたことを・・。


この集まりの3日後、反省会という名目で池袋のたまにはTSUKIでもながめましょというオーガニックバーに行ったとき、織座農園のお母さんも一緒に居て、こんな話をしてくれました。


ここ最近、鹿やいのししの被害が本当にひどくて、野菜の美味しいところを満遍なく、少しずつかじっていく。
鹿よけネットを必死の思いでかけるけど、なぎ倒されてしまう。


それでも、そこに自然があるから、それはストレスにはならないの



おぉー・・・そうか、ストレスって不自然なものとのかかわりから生まれるものなんだな。

と、とても単純に思ってしまいました。


人が、自分自身の中の自然と、周りの自然の力だけで生きていけなくさせるものが、○○主義とか、△△教とか、そこから派生して形成されてきた経済とか社会とかであったとき、
わたしたちはどこに返ったらいいんだろう。


織座のお母さんの言葉は、生きているなと感じました。

織座のお母さんをはじめ、その場所には、そのバーのオーナーはじめ、理想を現実に、目に見えるものにすることによって、そこから新たに生まれる思いもかけない出会いをいくつもいくつも経験している大人たちが居ました。

今、目の前にあるものだけが現実じゃないし、あたりまえじゃないことを、忘れずに、現実とどうかかわっていくか自分を見つめなおしてみようと、改めて思い、そんなことをみんなと語れたらなぁ・・と思っています。


そんな話をするきっかけになりそうな映画を一つ紹介して終わりたいと思います。


「いのちの作法」

昭和30年代、豪雪・貧困・多病多死の三重苦を乗り越えて、全国に先駆けて老人医療費の無償化乳児死亡率ゼロを達成した岩手県西和賀町(旧沢内村)の地域に生きることを模索しつづけている町民を、半年に渡って撮った映画。

西和賀町(旧沢内村)は、合併した現在も、いのちを大切にするという「生命尊重の理念」を町是に掲げる、日本では稀有な品格と哲学を持った町といわれています。

当時の深沢村長は、

「住民の生命を守るために、私の生命をかけよう」

と宣言したそう。




そんな生命を生きられたら・・・。



まずは、映画を観たいと思います。




~ふりかえり massun編~

この文章は誰か読んでくれるのでしょうか。笑

織座農園に行っていたので、書くのが遅れてしまいましたが、
ひっそりと書きたいと思います。

ちなみに、

織座農園では、
気温がマイナス7℃以下になり、
野菜も土も凍ってしまいました。

闘うのは野生動物だけではなく、寒波もでした。

しかし、ストレスのない競争もあるのだと思います。

鹿と人間、どちらが先に野菜を食べるか。
寒波より早く、野菜を収穫する。

鹿に食べられてしまったこと、
野菜が凍ってしまったことに、がっかりもしますが、
ストレスは感じません。

自然の前に、人間は、なんてちっぽけなことか。

先月の集まりのふりかえりをします。

先月も、
料理を全くしてこなかったT君がとても美味しい炒め物をつくってくれたり、
深夜をまわった頃に、ロウソクをつけてくれる人がいて、それが恒例になりそうで、
ロウソクの灯が、またすごく良くて…、色んな人がその灯に導かれて話し出す…。

普段家では眠れないのに、ミラに来ると、ぐっすり眠れるという人。

という、みんなが色んな可能性をミラにたくさん持ち込んでくれて、
本当に驚きと感謝の連続です。

私自身のために、必要な時間になっています。

本当に、来てくれる皆さんのおかげです。

今月も、初めてのお客さんが勇気をふりしぼって来てくれます。

最初は緊張して、場違いかも…なんて思っても、
みんなで食卓を囲んでご飯を食べると、
前から知っていたような気がしてしまう…という感想が多いのは、
なぜでしょう。

すごい力です。
食べるってことを、もう一度見直していきたいです。

21日も楽しみです。




  1. 2008/12/06(土) 19:18:51|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。